検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Fitbit Charge 5に「今日のエナジースコア」と心電図アプリが追加。心電図アプリは日本未対応

Fitbit Charge 5に「今日のエナジースコア」と心電図アプリが追加。心電図アプリは日本未対応

NEWS

2021.11.12

8月に販売開始されたばかりのFitbit Chargeシリーズの最新モデル「Fitbit Charge5」に2つの新たな健康関連機能が追加されました。

1つは心電図(ECG)を作成して記録する「Fitbit ECGアプリ」。

もう1つは運動に適した状態かを判定できる「今日のエナジースコア」です。

なお、Fitbit公式ウェブサイト(*1)によると、現時点(2021年11月10日)では「Fitbit ECGアプリ」が使用可能な地域に日本はまだ含まれていません。

日本語のユーザーマニュアルは既に用意されているようですので、早期の対応を期待したいところです。

*1. https://www.fitbit.com/global/us/technology/ecg  

【製品のレビュー記事はこちら!】Fitbit Charge5使用レビュー。バンド型モデルではNO.1の使い心地と多機能さ!

Fitbit ECGアプリ

ECGアプリで心拍のリズムを読み取るため、ユーザーはアプリを開き、Charge 5の両側にあるパネルに指を置き、30秒間待ちます。

アプリは心電図(ECG)データを作成するだけではなく、不整脈の一種である心房細動(AFib)の兆候がないかを分析します。

同様の機能はApple Watch にもありますが、心拍リズムが不規則でも、それが必ずしも心房細動に繋がるとは限らないことが、ある研究(*2)で分かっています。

*2. Arrhythmias Other Than Atrial Fibrillation in Those With an Irregular Pulse Detected With a Smartwatch
https://www.ahajournals.org/doi/pdf/10.1161/CIRCEP.121.010063

心房細動かどうかの診断を下せるのはあくまでも医師だけですが、ECGアプリは心拍リズムが不規則になっているかどうかのデータを提供してくれます。

今日のエナジースコア

Fitbitによって把握された様々なデータ(運動、心拍数、睡眠)を統合して評価し、ユーザーがその日どれだけの強度でワークアウトをするべきかを推奨するのが「今日のエナジースコア」です。

ちなみにこの機能は英語では「Daily Readiness Score」と呼ばれています。

直訳すると「日々の準備ができていることを示すスコア」となるでしょうか。Readinessという単語が日本語に訳しにくいため、Fitbitの公式ウェブサイトでは「エナジー」という言葉を選択したようです。

いずれにしても、このスコアが高いほど、ユーザーはより「きつい」ワークアウトをする準備ができていることを意味します。

逆にこのスコアが低い時は、思い切ってトレーニングを休むか、あるいは回復を助ける程度の軽いものにするべきだと判断できます。

なお、「今日のエナジースコア」を利用するには Fitbit Premium のメンバーシップが必要ですが、今Fitbit Charge 5 を購入すると、6か月分の会費が無料で提供されるとのことです(通常は月640円、年単位では6400円)。

Premium 会員なら、Charge 5以外でも、Sense、Versa 3、Versa 2、Luxe、Inspire 2のFitbit製品で「今日のエナジースコア」が利用できます。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookは https://www.facebook.com/WriterKakutani

あわせて読みたい

Fitbit Charge5使用レビュー。バンド型モデルではNO.1の使い心地と多機能さ!

Fitbitの主要モデル&選び方を完全ガイド【2021年 最新版】

Fitbitの最上位スマートウォッチ「Fitbit Sense」着用レビュー。業界随一の日常使用の便利さ!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示