検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 『シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略』を読んでみた。なぜXiaomiのスマートウォッチは日本でも売れたのかが分かる1冊!

『シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略』を読んでみた。なぜXiaomiのスマートウォッチは日本でも売れたのかが分かる1冊!

NEWS

2021.12.26

2020年第4四半期のスマートフォン出荷台数において、世界で3位にランクインしているXiaomi(Xiaomi)。

スマートウォッチの分野でも「低価格・高品質」の製品の先駆け的な存在で、コスパの高いスマートウォッチは非常に高い人気を誇っています。

なおXiaomiは創業当初、露骨にAppleを意識したマーケティング手法を取っていたことから「中国のApple」と称され、創業者の雷軍も「中国のジョブズ」と称されたことのある人物です。

Xiaomiというブランドの何がどうスゴいのかを知るために、今回は2015に発売された『シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略』という本を読んでみました。

スマートウォッチの話は出てきませんが、Xiaomiという企業の真髄が分かる内容だったので、印象的な部分を引用しながら紹介してみます。

『シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略』


著者:陳 潤  翻訳:永井 麻生子  出版社:PHP研究所 ¥1980

Amazonで詳細を見る

まずは簡単にあらすじ紹介

Google、Apple、Facebook、Amazonを超え、わずか創業5年で売り上げ1兆円を達成した謎のIT企業のビジネスモデルと戦略。

本書は、「超低価格+高スペック+洗練されたデザイン」のスマホをもとに市場を席巻し、今最も注目されているIT企業シャオミのすべてを、「チーム」「プロダクト」「イノベーション」など9つの観点から分析した一冊だ。

リアル店舗は「持たない」、自社工場は「持たない」、役職は「つくらない」、ハードウェアでは「稼がない」、KPIは「いらない」
などの常識破りなビジネスモデルと経営戦略を、シャオミの創設以来のプロセス、そして創設者である雷軍の20年の経験をもとに徹底的に解説する。

目次

第1章 チーム シャオミの中核的価値
第2章 プロダクト 商品こそがメディアである
第3章 イノベーション 神は細部に宿る
第4章 バリューチェーン 何も持たない者が最も速く走ることができる
第5章 ビジネスモデル シャオミ=Apple+Google+Amazon
第6章 マネジメント フラット&フリー
第7章 マーケティング 商品を売るな。参加感を売れ。
第8章 エクスペリエンス 「使用感」こそが、競争力の源泉である
第9章 オリジナリティ ライバルは自分を磨く石だ

創業者はジョブズ顔負けの名言製造機

本書を読んでまず気づいたのは、創業者の雷軍(レイ・ジュン)氏はスティーブ・ジョブズ顔負けの名言製造機であること。

ちなみに雷軍氏は、ジョブズ流経営を徹底的に研究して、ジョブズ流プレゼンもまるごと模倣。発表会での喋り方、間の取りかた、歩き方、黒シャツにブルージーンズのような服装まで、ジョブズを徹底的にマネしたそうです。

以下、本書で心に残った名言を紹介しましょう。

・風を受けるところに立てば、豚だって空を飛べる

・イノベーションの真髄は「創造する」ことにあり、決して「新しい」ことにあるのではない。世界を変えるような発明やイノベーションはすべて、「段階的な改良」から生まれた。

・スマホをパソコンとみなすこと

・集中は極めて重要だ。1種類のスマホを世に出すからこそ、難しい。もし自信が持てなければ100種類になるし、自信があれば1種類でもいい。

(以上、『シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略』より)

どうでしょう?「なるほど!」と膝を打ちたくなる言葉が多く、Xiaomiが急成長を遂げられた秘訣が、これらの言葉にもよく現れていると思います。

ちなみに、商品数を絞ることで企業を成長させる「集中」の哲学は、Appleを率いたスティーブ・ジョブズにも見られるもの。

またスティーブ・ジョブズも「優れた芸術家はマネる。偉大な芸術家は盗む」という言葉を残しており、模倣を通して大きなイノベーションを成し遂げてきた人物です。

やはり雷軍氏の経営哲学はスティーブ・ジョブズの強い影響下にあることが、こうした言葉からも伺えるわけです。

「クレイジーな価格設定」を目指す商品戦略

また本書には、ユーザーに驚きの声を上げさせるために「クレイジーな価格設定」を目指す、「コストから売価を決める」というスマートフォンの商品戦略も書かれていますが、この戦略はXiaomiがのスマートウォッチにも通ずるものがあると感じました。

Xiaomiのバンド型のスマートウォッチ「Mi Band」シリーズは、5000円前後の価格にも関わらず、スマートウォッチの基礎機能が網羅的に・かつハイレベルに搭載されていて、日本でもその圧倒的なコスパが評判を呼んだシリーズだったからです。

また本書には、「不満とはニーズであり、ビジネスチャンスである」「不満が大きいほど、大きな市場が眠っている」という言葉もありましたが、Xiaomiのスマートウォッチは、安いだけで使い勝手がメチャクチャ悪かった格安スマートウォッチユーザーの不満を見事に付いたものだった……という印象もありました。

そして日本には、Xiaomiのスマートウォッチやスマートフォンの熱い支持者も生まれており、ファンの存在を通じてXiaomiの存在感は日増しに大きくなっている印象です。

ただ、最近のスマートウォッチ市場を見ていて気がかりなのは、Xiaomi以外の中韓のブランド(OPPO、HUAWEIなど)も、Xiaomi顔負けの「クレイジーな価格設定」の製品を出していて、人気を大きく伸ばしているということ。

徹底的な模倣を通じてイノベーションを成し遂げていく戦略は、急成長を遂げるには有効である一方で、追随者にもさらに模倣されてしまう……というリスクがあるのだな、とスマートウォッチ市場を見ていて感じるのでした。

あわせて読みたい

Xiaomi Mi Smart Band5試用レビュー。コスパ最高で女性編集部員も大満足!

Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

Xiaomiスマートウォッチ 現行モデルと選び方の完全ガイド【2021年最新版】

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  7. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  8. 『ねこあつめ』が実はApple Watchに対応している件。腕元で見るだけで癒やされる!

  9. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  10. セリアの「ジェルクリーナー」の掃除力がスゴすぎた件!

NEW CONTENTS

  1. G-SHOCK「GSW-H1000」が「JIDAデザインミュージアムセレクションVol.23」を受賞

  2. 手のひらサイズで65W高出力! USB-C×2&USB-Aの合計3ポート搭載の急速充電器「CD244」が今なら2,924円!

  3. 世界最小クラスの紛失防止タグ・MAMORIO、アプリの大幅刷新により、万が一置き忘れ時にも便利な機能が追加!

  4. URBAN ARMOR GEARがApple Watch Series 7用ケース「SCOUT」を新発売

  5. URBAN ARMOR GEARのApple Watch用バンド「DOT」シリーズに色鮮やかな新色が追加

  6. レオパレス21、スマートロックを業界最大規模の44万戸に導入。部屋探し時は客単独での内見も可能に!

  7. iPhone標準搭載の「探す」アプリで使える 探し物追跡タグ『SKYTAG』に注目!

  8. USB-C×3搭載でMacBookの急速充電にも対応! UGREENの100W・4ポート充電器が超便利だった

  9. まるで木製の腕時計! 天然木のApple Watchバンドは見た目も付け心地も最高だった!!

  10. 「BCN AWARD」で今年もJBLが第1位を受賞!ワイヤレススピーカー国内マーケットシェア4年連続でNo.1を獲得─ 豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンも実施 ─

TAG

タグをさらに表示