検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Garminのペダル型パワーメーター『Rally XC』シリーズを1月14日に発売。サイクリスト待望のオフロードバイク専用モデル 

Garminのペダル型パワーメーター『Rally XC』シリーズを1月14日に発売。サイクリスト待望のオフロードバイク専用モデル 

NEWS

2022.01.12

ガーミンジャパンはペダル型パワーメーター『Rally(ラリー)』シリーズより、オフロードバイク専用モデル『Rally XC(ラリー エックスシー)200/100』を2022年1月14日(金)に発売します。

『Rally』シリーズは、自転車走行時の様々なデータ計測を行えるペダル型パワーメーターで、その最大の特徴は、計測精度。自動車、船舶、航空機など様々な分野のプロやトップアスリートに向けて高精度GPS機器やウェアラブルデバイスを展開するGarminの技術力を活かし、±1.0%という測定精度を実現しています。

そしてこのたび発売する『Rally XC』は、Garmin初となるオフロードライダー専用に設計された製品。

測定精度、耐久性共に、レース、トレーニング双方を想定した極限環境でのテストをクリアし、優れた精度と安定性を獲得しています。

多くのMTBサイクリストが愛用するSHIMANO SPDのクリートに対応。さらに、グラベルバイク、クロスバイク、シクロクロスバイクと多彩なカテゴリーに対応し、精密な計測データを提供します。また、Rally RK/Rally RSペダルボディキット(別売)を使用すればロードバイクへの使用も可能です。

また『Rally』シリーズは、Garminのスマートウォッチやサイクリングコンピューター『Edge』と、互換性のあるスマートフォンを通じて計測データをその場で確認できます。また、スマートフォンアプリ「Garmin Connect」と同期することで、トレーニングのプランニングや分析も可能です。計測データは、Strava、TrainingPeaks、TrainerRoadからもより詳細な分析や共有ができます。

主な特徴

■簡単着脱で複数バイク間での使用が可能

ペダルレンチで規定トルク通り締め付けるだけで、より簡単に取付けが可能です。バイク間での付け替えも手軽に行えます。

■SHIMANO SPDクリート対応

オフロード用に設計されたSHIMANO SPDクリートと相性が良いペダル設計。グラベルバイク、クロスバイク、さらにはシクロクロスバイクと、多彩なカテゴリーにも対応。また普通のペダルのようなデザイン性と、厳選した素材を使用し優れた耐久性も実現しています。

■安定性と耐久性に優れたバッテリーカバー

通電部分の形状を花びら型のバネにすることで、電池の形状変化に対応。通電部のフレッチングを大幅に軽減し、メンテナンス不要で長期間使用できます。

■サイクリングダイナミクス

デュアルセンサーによりシッティング/ダンシングの合計パワー、ケイデンス、左右バランス、トルク効率、パワーフェーズ、プラットフォームセンターオフセットなどのペダリング解析が可能です。

■Garminデバイスと連携してパワーデータの分析が可能

Garminのデバイスを使って計測データをその場で確認できます。さらにスマートフォンアプリ「Garmin Connect」や、Strava、TrainingPeaks、TrainerRoadなどのサードパーティ プラットフォームとデータを同期することで、ポストライド分析や、データ共有、マッピング、ルーティングプランニングなどを行うことが可能。Tacx Trainingアプリと、TrainerRoadなどに接続して、屋内でトレーニングできます※。

「Garmin Connect」でファームウェアのアップデートも容易に行えます。

※互換性のあるスマートフォンとのペアリングが必要です。

■<XC200> 左右独立計測が可能なペダル型パワーメーター

デュアルセンシング(2つのセンサーで計測すること)で、シッティング/ダンシングの合計パワー、ケイデンス、左右のバランス、PCO(Platform Center Offset)やPP(Power Phase)を測定できます。

■<XC100> シングルセンシングのペダル型パワーメーター

合計パワー及びケイデンスを測定できます。

※アクセサリーの「アップグレードペダル(税抜72,000円、税込79,200円)」でデュアルセンサーへのアップグレードができ、サイクリングダイナミクスなど全機能が使用可能になります。

【製品概要】

製品名:Rally XC200、Rally XC100(SHIMANO SPDクリート対応)

価格 :XC200 138,000円(税抜)、151,800円(税込)

XC100 82,800円(税抜)、91,080円(税込)

発売日:2022年1月14日(金) ※予約開始1月7日(金)

<製品仕様>

・重量      :XC200 440g、XC100 451g

・バッテリータイプ:LR44/SR44(x4) or CR1/3N(x2)

・稼働時間    :約120時間

・耐荷重量    :105kg

・測定精度    :±1.0%

・対応クリート  :SHIMANO SPD

・Qファクター   :53mm(55mm)

・スタックハイト :13.5mm

・無線通信    :ANT+(R)、Bluetooth(R)

製品の詳細は下記URLよりご確認ください。

https://www.garmin.co.jp/products/intosports/rally-xc200/

https://www.garmin.co.jp/products/intosports/rally-xc100/

あわせて読みたい


Garminスマートウォッチ 現行主要モデル&選び方ガイド


GarminのSuica対応モデルまとめ! 多様な機能を持ったモデルが勢揃い

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  10. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

NEW CONTENTS

  1. GarminタフネスアウトドアGPSウォッチのハイブリッドモデル『Instinct Crossover』シリーズが発売。見た目はクラシックでも機能は最先端!

  2. 「Ouraリング」を実店舗で購入!ソフトバンクショップで「Oura Ring Gen3 Horizon」を発売開始

  3. CASETiFYとWILDSIDE YOHJI YAMAMOTOとの初コラボレートアイテムとしてApple Watchバンドなどが登場

  4. ミラノ発レザーブランド「BONAVENTURA」から使い心地を追求したApple Watchレザーバンドが登場。Apple Watchをワンランク上のラグジュアリーアイテムに。

  5. Apple Watch Ultraにも対応した表面硬度9Hの強化ガラス採用保護ケースがオウルテックより発売

  6. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  7. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  8. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  9. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  10. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

TAG

タグをさらに表示