検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. iPhone 13の超広角カメラで猫を撮ってみた。接写でも全身が写りダイナミックな写真が撮れる!

iPhone 13の超広角カメラで猫を撮ってみた。接写でも全身が写りダイナミックな写真が撮れる!

NEWS

2022.01.13

昨年9月に発売のiPhone 13は広角カメラ、超広角カメラを搭載する「デュアル12MPカメラシステム」を搭載しています。

iPhone 10から乗り換えた筆者には、iPhone 11シリーズ以降に搭載されている超広角カメラ新鮮でした(今更ですみません)。

こちらがiPhone13のデュアルカメラ。Proモデルはさらに望遠カメラも搭載されている

なお、超広角といっても「どのくらいの広角なのか」という点がイメージが湧かない人も多いでしょう。

まず視野角でいうと超広角カメラは120度。

これは「目の前の120度の範囲をカメラで写せる」という意味で、「かなり角度が広いな」とイメージが湧くでしょう。

またカメラを使っている人には「35mm換算で何ミリか」を言うとわかりやすいかもしれません。

iPhoneの広角カメラは35mm判換算で26mm相当といわれており、超広角カメラはその0.5倍の13mm相当とされています。

これも「スゴイな」と感じる数字です。

ちなみに絞り値はƒ/2.4と非常に明るいです。

ゴタクはこのくらいにして、筆者の猫を撮影した写真で、その超広角レンズがどのようなものなのか確認してみましょう。

超広角カメラで撮影した猫の写真はコチラ!

部屋が隅々まで写っちゃう

超広角カメラで家の猫を撮影してまず気づいたのは、「やっぱりキレイだな!」というフツーの感想は置いておくとして、「猫を撮っているつもりでも、部屋の色んな場所が写るな!」ということです。

視野が広いわけですから、当たり前といえば当たり前ですね。

上記は実家の布団の上で寝ている猫の写真ですが、部屋の端っこのほうにいる猫を撮影したつもりが、六畳の部屋の奥のほうまでバッチリ写ってしまっています。

「撮る場所を気をつけないと、写しちゃいけないものまで写っちゃうな」と思いました。

ほかにも色々と撮影したのですが、超広角レンズだと部屋が汚いのがバレてしまうの載せられない写真が多いです……。

画面の端にあるものが広がったりすぼまったりする

これも広角レンズだから当然なのですが、画面の端にあるものは形が歪みます

上記はキャットタワーの頂上にいる猫を撮影した写真ですが、手前側に写った猫の顔は広がるので、耳がキツネのように伸びてしまっています(逆に遠い床側はすぼまって見えます)。

これは遠近感のあるダイナミックな写真が撮れる超広角レンズならではの効果。

普段とは違う角度から猫を撮れるので、これはこれで楽しいです。

すごく近くからでも全身を撮れる

普通のスマホのカメラで猫を接写をすると、近寄った顔付近しか写りませんが、iPhoneの超広角カメラで撮影をすると、かなり近寄っても猫の全身が写ります。

これも今までは撮影ができなかった場所で、いままでは撮影できなかった写真が撮れるので、新鮮に感じる人は多いでしょう。

なお近寄って撮って全身を入れると、やはり猫の身体は角度によって一部が広がったりすぼまったりします。

角度によっては『キャプテン翼』のキャラクターのような脚長猫に写すこともできるのも楽しいです!

なお、こうした超広角レンズは、iPhone以外のスマートフォンでも採用されているカメラがあります。

普段ペットの写真をよく撮っている人は、超広角レンズのあるスマホに買い替えたら、写真を撮るのが楽しくなると思いますよ!

あわせて読みたい

ケース不要派も大満足! 重さ6gの超極薄iPhoneケース「フロストエア」、付けても見た目はiPhoneそのままの美しさ

ROOT CO.のiPhone 13対応ケース使用レビュー。タウンユースでもオシャレな耐衝撃ケース! 


iPhoneケースの人気ブランド最新モデル8選。オシャレさも機能性も大評判! iPhone13対応モデルを中心に紹介

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. iPhoneで計測できる「歩行非対称性」とは?何%なら正常?

  6. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  7. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  10. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

NEW CONTENTS

  1. Apple Watchを着けてカリフォルニア州花の花見&サイクリング

  2. ランナーに圧倒的な支持を受けるGarminからランニング用スマートウォッチの最上位モデル『Forerunner 965』が発売に

  3. AppleWatch専用の急速充電器&モバイルバッテリーが登場。『SMARTCOBY DUAL』「Makuake」にてプロジェクトスタート

  4. スリムで軽量なボディでラウンド型の最新スマートウォッチ「Amazfit GTR Mini」が新発売

  5. ナビットの1000人アンケートでわかった スマートウォッチのリアルな利用状況

  6. エレコムから発売された4つの異なる素材のApple Watchバンド。あなたの好みはどのタイプ?

  7. ケースごと着替えて印象をガラッと変える。新発売スマートウォッチ『HUAWEI WATCH GT Cyber』。

  8. Apple Watchをエレガントに楽しみたいなら2重巻のレザーバンドはいかが?EPONASからドゥーブルレザーバンドが登場。

  9. 春の季節にぴったり。ポラールのGPSプレミアムランニングウォッチPolar Pacer Proに新色ゴールド・シャンパン登場!

  10. Apple、Samsungなど大手のウェアラブル出荷量が軒並み減少! 2022年第4四半期のデータを読み解く

TAG

タグをさらに表示