検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. コスパ最高のWear OSスマートウォッチ「TicWatch」って何だ?

コスパ最高のWear OSスマートウォッチ「TicWatch」って何だ?

NEWS

2019.11.29

 Androidのスマホはもちろん、iPhoneともペアリングできるWearOS by Google搭載のスマートウォッチ。Google製のOSだけに、当然GmailやGoogleカレンダーなどのサービスとも相性抜群。GoogleヘビーユーザーならAppleWatchよりも使い勝手がいいかもしれません。また、「好きなアプリをスマートウォッチ上でインストールして操作できる」「ウォッチフェイスを自由に変えられる」といったApple Watchにはない魅力も多数。複数のメーカーからウォッチ本体を選べるのもメリットの一つです。

 WearOS搭載のスマートウォッチは、『カシオ』といったデジタル時計の有名どころから、『ディーゼル』『アルマーニ』などのファッションブランド、『タグ・ホイヤー』、『モンブラン』といった高級ラグジュアリーブランドまで様々なブランドの製品が販売中。なかでも“コスパ最高のWear OSスマートウォッチ・ブランド”との呼び声が高いのが『TicWatch』です。今回の記事では、そのブランドや製品の特徴を紹介していきます。

Googleも出資する中国企業が手掛けるブランド

Wear OS TicWatch
 『TicWatch』を製造している『Mobvoi』は北京に本拠を置く中国スタートアップ企業。GoogleやVolkswagen Groupも出資をしており、音声認識、自然言語理解、垂直検索などの分野にコア・テクノロジーを持つAIテクノロジー企業です。創業者兼CEOのリー・ジーフェイ(Zhifei Li)氏は、Google本社で機械翻訳の開発に従事した経歴も持っています。
 自社製品としては、スマートウォッチの『TicWatch』シリーズのほか、スマート・スピーカーの『TicHome Mini』、ワイヤレスイヤホンの『TicPods Free』なども販売。会社のミッションは「あらゆる人に手頃な価格で高品質なスマートデバイスを提供すること」。価格の手頃さも重視しているわけです。
 『Mobvoi』は最先端の技術を用いて、コスパの高い最先端の製品を作り、今後の中国経済を牽引する存在なのです。

4系統のシリーズがある

Wear OS TicWatch
 最新のスマートウォッチに「TicWatch S2」「TicWatch E2」「TicWatch C2」「TicWatch Pro」などの商品名が並ぶ『TicWatch』。「それぞれのモデルで一体何が違うの?」と思うかも知れませんが、S、EなどのアルファベットはSport(S)、Essential(E)、Classic(C)などの頭文字。「2」は第二世代を表す数字です。
 ザックリとしたイメージとしては、Sは「スポーツ向けのモデル」Eは「必要な機能が一通り揃い、価格も手頃なエントリーモデル」Cは「クラシカルな見た目・雰囲気のモデル」Proは「高性能なモデル」と考えていいでしょう。

全モデル1~2万円台でコスパが抜群

Wear OS TicWatch
 エントリーモデルと言える「TicWatch E2」の価格は19,349円で、最も多機能・高性能な「TicWatch Pro」も29,499円。TicWatchは、この価格の安さが大きな魅力です。そして、必要な機能もしっかり揃っています。

1万円台の「TicWatch E2」でもこの性能!

Wear OS TicWatch
たとえば19,3499円の「TicWatch E2」の主な特徴は以下のようなもの。

・メモリーは512MB、内蔵ストレージは4GB
・iOSとAndroidに対応。スマートフォンの各種アプリの通知も受け取れる。
・2日間連続で駆動するバッテリー容量
・Googe Playで数千種類のスマートウォッチ向けアプリやウォッチフェイス、Googe Assistantが利用可能
・マイクを内蔵
・24時間駆動の心拍数モニターを搭載
・GPS内蔵。歩数の計測や、ランニングなどのワークアウト認識も自動で実行
・水泳にも対応する防水5ATMで、プールでの水泳も計測
・睡眠追跡も今後のソフトウェアのアップデートで対応予定

「スマートウォッチでこんなことをしたい!」と思う機能は、一通り揃っている……といえる充実ぶりです。

TicWatch E2

出典:Amazon.co.jp

TicWatch E2
カラー:ブラック
価格:19,349円
TicWatch E2 製品情報はこちら

Amazonで詳細を見る

「TicWatch S2」はMIL規格対応

TicWatch S2
価格がやや上の「TicWatch S2」は「E2」と同様の性能を一通り備えたうえに、米国防省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に対応したタフネスモデル。MIL-STD-810Gには塩水耐久の項目もあるので、海でのアクティビティでも活躍してくれます。

出典:Amazon.co.jp

TicWatch S2
カラー:ブラック
価格:22,605円
TicWatch S2 製品情報はこちら

Amazonで詳細を見る

「TicWatch Pro」は1回の充電で2~30日間連続使用可能

TicWatch Pro
一方の「TicWatch Pro」は、1回の充電で2~30日間連続使用可能なバッテリーの持ちの良さが特徴。スピーカーとマイクの両方が内蔵されているので、Googleアシスタントで知りたいことを音声入力すれば音声で答えてくれます。IP68の防水・防塵設計で、タフに使用することもできます。

TicWatch Pro

出典:Amazon.co.jp

TicWatch Pro
カラー:ブラック
価格:29,899円
TicWatch Pro 製品情報はこちら

Amazonで詳細を見る

Wear OSスマートウォッチの1本目に「TicWatch」は最適

「スマートウォッチに興味があるけど、スマホがAndroidだから何を買おうか迷っている」「Apple Watch以外の製品でスマートウォッチの使い心地を試してみたい」「価格は手頃だけど機能がしっかり揃っているスマートウォッチが欲しい」なんていう人に、TicWatchの製品は最適! 自分のスタイルに合った1本からぜひ使い始めてみてください。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. 見分けがつかないと話題! 『Xiaomi Mi Smart Band 4』とドンキの1980円スマートウォッチを徹底比較~外観編~

  2. Apple Watchケースは「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド」のどれにすべき?

  3. 1980円~という驚きの安さ!ドンキで7種の新作スマートウォッチが発売

  4. なぜ? Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由

  5. Twitterでよく表示される「体温測定スマートウォッチ」の広告、怪しすぎるので調べてみた

  6. Apple Watchシリーズ5のケース、結局40mmと44mmのどっちがいいの?

  7. Apple Watchで使える電子マネー。 SUICAもQUICPayもiDもApplePayで簡単に使う方法を紹介

  8. 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK! 最もスムーズな「Apple WatchのSuicaでの改札通過法」を動画で紹介

  9. スマートウォッチ業界にも格安旋風を巻き起こすドン・キホーテ。デジアナ融合のスマートウォッチにも注目!

  10. 「AppleWatch」より欲しい「Wear OS」スマートウォッチおすすめ10選

NEW CONTENTS

  1. iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数! Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方

  2. 歩数をポイント化してメッセージやいいねを送れる! 歩けば歩くほど出会えるウォーキングマッチングアプリ『POPO-KATSU』

  3. 写真で紹介! Apple Watchのケース×バンドのオシャレな組合せ

  4. SO、ELLI ARAKAWA、CMYKが参加! SUUNTOユーザーに向けた音楽プレイリスト”Suunto 7 Sounds”を配信

  5. 手のひらサイズでハイパワーな3ポート高速充電器『TUNEMAX 66W GaN』、クラウドファンディングがスタート!

  6. 食事記録不要のダイエットアプリ『JouleLife(ジュールライフ)』がAndroid版アプリ提供開始。スマートウォッチ連携で運動支援も

  7. 緊急事態宣言の解除後は「歩数」「体重」「体脂肪率」に変化が!「コロナ流行下における生活習慣の変化」最新調査結果を紹介

  8. 体の「熱ごもり」を検知してアラートで通知! 3ヶ月使い切りの「熱中症対策ウォッチ」に注目

  9. 最安で月額1500円! 最新のSeries 5のレンタルも。「購入前に試したい」という人向けのApple Watchレンタルサービス5選

  10. 説明書よりわかりやすく徹底解説!ハイブリッドスマートウォッチGARMIN「vivomove3」の初期設定方法2(アプリの設定)

TAG

タグをさらに表示