検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. コスパ最高のWear OSスマートウォッチ「TicWatch」って何だ?

コスパ最高のWear OSスマートウォッチ「TicWatch」って何だ?

NEWS

2019.11.29

Androidのスマホはもちろん、iPhoneともペアリングできるWearOS by Google搭載のスマートウォッチ。Google製のOSだけに、当然GmailやGoogleカレンダーなどのサービスとも相性抜群。GoogleヘビーユーザーならAppleWatchよりも使い勝手がいいかもしれません。また、「好きなアプリをスマートウォッチ上でインストールして操作できる」「ウォッチフェイスを自由に変えられる」といったApple Watchにはない魅力も多数。複数のメーカーからウォッチ本体を選べるのもメリットの一つです。

WearOS搭載のスマートウォッチは、『カシオ』といったデジタル時計の有名どころから、『ディーゼル』『アルマーニ』などのファッションブランド、『タグ・ホイヤー』、『モンブラン』といった高級ラグジュアリーブランドまで様々なブランドの製品が販売中。なかでも“コスパ最高のWear OSスマートウォッチ・ブランド”との呼び声が高いのが『TicWatch』です。今回の記事では、そのブランドや製品の特徴を紹介していきます。

Amazonでセール中のTicWatchスマートウォッチの情報は下記からどうぞ!

Amazonでセール中のTicWatch製品の紹介記事はコチラ!

※Amazon製品の紹介記事では価格の変更や売切の可能性もございます。予めご了承ください。

Googleも出資する中国企業が手掛けるブランド

Wear OS TicWatch
『TicWatch』を製造している『Mobvoi』は北京に本拠を置く中国スタートアップ企業。GoogleやVolkswagen Groupも出資をしており、音声認識、自然言語理解、垂直検索などの分野にコア・テクノロジーを持つAIテクノロジー企業です。創業者兼CEOのリー・ジーフェイ(Zhifei Li)氏は、Google本社で機械翻訳の開発に従事した経歴も持っています。

自社製品としては、スマートウォッチの『TicWatch』シリーズのほか、スマート・スピーカーの『TicHome Mini』、ワイヤレスイヤホンの『TicPods Free』なども販売。会社のミッションは「あらゆる人に手頃な価格で高品質なスマートデバイスを提供すること」。価格の手頃さも重視しているわけです。

『Mobvoi』は最先端の技術を用いて、コスパの高い最先端の製品を作り、今後の中国経済を牽引する存在なのです。

4系統のシリーズがある

Wear OS TicWatch
最新のスマートウォッチに「TicWatch S2」「TicWatch E2」「TicWatch C2」「TicWatch Pro」などの商品名が並ぶ『TicWatch』。「それぞれのモデルで一体何が違うの?」と思うかも知れませんが、S、EなどのアルファベットはSport(S)、Essential(E)、Classic(C)などの頭文字。「2」は第二世代を表す数字です。
ザックリとしたイメージとしては、Sは「スポーツ向けのモデル」Eは「必要な機能が一通り揃い、価格も手頃なエントリーモデル」Cは「クラシカルな見た目・雰囲気のモデル」Proは「高性能なモデル」と考えていいでしょう。

全モデル1~2万円台でコスパが抜群

Wear OS TicWatch
エントリーモデルと言える「TicWatch E2」の価格は19,349円で、最も多機能・高性能な「TicWatch Pro」も29,499円。TicWatchは、この価格の安さが大きな魅力です。そして、必要な機能もしっかり揃っています。

1万円台の「TicWatch E2」でもこの性能!

Wear OS TicWatch
たとえば19,3499円の「TicWatch E2」の主な特徴は以下のようなもの。

・メモリーは512MB、内蔵ストレージは4GB
・iOSとAndroidに対応。スマートフォンの各種アプリの通知も受け取れる。
・2日間連続で駆動するバッテリー容量
・Googe Playで数千種類のスマートウォッチ向けアプリやウォッチフェイス、Googe Assistantが利用可能
・マイクを内蔵
・24時間駆動の心拍数モニターを搭載
・GPS内蔵。歩数の計測や、ランニングなどのワークアウト認識も自動で実行
・水泳にも対応する防水5ATMで、プールでの水泳も計測
・睡眠追跡も今後のソフトウェアのアップデートで対応予定

「スマートウォッチでこんなことをしたい!」と思う機能は、一通り揃っている……といえる充実ぶりです。

TicWatch E2

出典:Amazon.co.jp

TicWatch E2
カラー:ブラック
価格:19,349円
TicWatch E2 製品情報はこちら

Amazonで詳細を見る

「TicWatch S2」はMIL規格対応

TicWatch S2
価格がやや上の「TicWatch S2」は「E2」と同様の性能を一通り備えたうえに、米国防省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に対応したタフネスモデル。MIL-STD-810Gには塩水耐久の項目もあるので、海でのアクティビティでも活躍してくれます。

出典:Amazon.co.jp

TicWatch S2
カラー:ブラック
価格:22,605円
TicWatch S2 製品情報はこちら

Amazonで詳細を見る

「TicWatch Pro」は1回の充電で2~30日間連続使用可能

TicWatch Pro
一方の「TicWatch Pro」は、1回の充電で2~30日間連続使用可能なバッテリーの持ちの良さが特徴。スピーカーとマイクの両方が内蔵されているので、Googleアシスタントで知りたいことを音声入力すれば音声で答えてくれます。IP68の防水・防塵設計で、タフに使用することもできます。

TicWatch Pro

出典:Amazon.co.jp

TicWatch Pro
カラー:ブラック
価格:29,899円
TicWatch Pro 製品情報はこちら

Amazonで詳細を見る

Wear OSスマートウォッチの1本目に「TicWatch」は最適

「スマートウォッチに興味があるけど、スマホがAndroidだから何を買おうか迷っている」「Apple Watch以外の製品でスマートウォッチの使い心地を試してみたい」「価格は手頃だけど機能がしっかり揃っているスマートウォッチが欲しい」なんていう人に、TicWatchの製品は最適! 自分のスタイルに合った1本からぜひ使い始めてみてください。

 

【関連記事】
TicWatchスマートウォッチ 完全ブランドガイド【2021年版】

『TicWatch GTX』試用レビュー。1万円以下で充実の機能を揃えるTicWatchシリーズの弟分

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示