検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. TicWatchスマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2021年版】

TicWatchスマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2021年版】

NEWS

2021.03.24

日本で今手に入るスマートウォッチブランドの全モデルを紹介していく本企画。今回は『TicWatch(ティックウォッチ)』を紹介します。

TicWatch(ティックウォッチ)とは

Wear OS TicWatch最先端の技術力を持ち数々の有名企業も出資
同ブランドを展開するMobvoiは北京に本拠を置く企業で、GoogleやVolkswagen Groupも出資する有名企業です。ワイヤレスイヤホンも手掛けており、どの製品も価格が手頃でコストパフォーマンスに優れていることで人気を博しています。

“コスパ最高のWear OSスマートウォッチ・ブランド”との呼び声が高いブランドであり、最近は独自OSの格安モデルも多数リリースしています。

4系統のシリーズ+独自OSの格安モデルがある

Wear OS TicWatch
スマートウォッチに「TicWatch S2」「TicWatch E2」「TicWatch C2」「TicWatch Pro」などの商品名が並ぶ『TicWatch』。「それぞれのモデルで一体何が違うの?」と思うかも知れませんが、S、EなどのアルファベットはSport(S)、Essential(E)、Classic(C)などの頭文字。「2」は第二世代を表す数字です。

ザックリとしたイメージとしては、

・Sは「スポーツ向けのモデル」

・Eは「必要な機能が一通り揃い、価格も手頃なエントリーモデル」

・Cは「クラシカルな見た目・雰囲気のモデル」

・Proは「高性能なモデル」

と考えていいでしょう。また上記のシリーズのモデルはWear OSを搭載しており、非常に多機能です。

一方で最近は「TicKasa Vibrant 」「TicWatch GTX」などの独自OSの格安モデルもリリースするようになりました。

こうしたモデル名と価格をもとに、自分に合ったモデルを選ぶといいでしょう!

また、先にAmazonの商品ページをチェックしたい人は下記からどうぞ!

AmazonでのTicWatch製品の販売・セール情報

※閲覧時点での価格の変更や品切れ等はご了承ください。

TicWatchの現行主要モデルはコチラ!

TicWatch Pro


最新モデルではWear OSも搭載するハイエンドライン
プレミアムな素材を使用し、ハイレベルな機能を搭載したTicWatch のフラッグシップシリーズ。最近リリースのモデルはWear OS搭載で、機能もさらに豊富でパワフルになりました。

TicWatch Pro3 GPS(ティックウォッチ プロ3 GPS)
Black

Amazonで詳細を見る

Wear OS搭載で健康・運動機能がハイレベル
大容量バッテリーと2層ディスプレイ採用で、バッテリーが45日間持続のモードも。GPSや気圧計内蔵、血中酸素飽和度の測定など機能は非常にハイレベルです。ケース幅47mm、IP68防水。
搭載スペック

※下記の搭載スペックは編集部調べのデータになります

各機能の詳細や、どの機能を重視すべきかについては、下記の関連記事をご一読ください。

【関連記事】スマートウォッチの20の主要機能を徹底解説。自分に最適なモデルを探す商品選びの基準に!

【発売時の詳細なニュース記事】

MovboiがWear OS搭載の最新スマートウォッチ『TicWatch Pro 3 GPS』を発売!楽天・Yahooでも取扱開始

TicWatch C2(ティックウォッチC2)とは


複数のデザインアワードに輝くプレミアムなデザイン
女性も使いやすい配色とデザインが特徴。ステンレススチールの時計ケースと本革のストラップで、iFデザインアワード2019とレッドドットデザインアワード2019を受賞しました。

TicWatch C2+(ティックウォッチC2+)
Black

スタイリッシュなWear OS搭載モデル
WearOSならではの追加アプリにも対応し、ウォッチフェイスも数千種類あり。ストラップはレザーも付属。ケース幅42.8mm、IP68防水。カラーはブラックとシルバーの2色。
搭載スペック

Amazonで詳細を見る

試用レビューはこちら!

TicWatch S2

米国防省制定MIL規格に対応したタフネスシリーズ
米軍用グレードの耐久性を備え、多様なアウトドアアクティビティに適した機能を持つシリーズ。3つの衛星測位方式搭載のGPSを内蔵しており、防水性能の高い点も特徴の一つです。

TicWatch S2(ティックウォッチ S2)
Black

サーフィンからスカイダイビングまで使用可能
高い耐久性と堅牢性を備えた軍用グレード設計。WearOS 搭載、GPS内蔵で、山から海まで様々なアクティビティで活躍します。50m防水で水泳の運動も詳細に記録。ケース幅46.6mm。バッテリーは通常使用時48時間。カラーは2色でMidnightとGlacier。
搭載スペック

Amazonで詳細を見る

TicWatch E3

基礎機能をしっかり備えた「E」シリーズの最新モデル。

デザインの洗練度もCPU等のスペックも大幅強化され、使い勝手は非常によくなった。

もちろんWear OS搭載で音声入力アシスタントなども使えます。

ケース幅は44mm、防水性はIP68、通常使用時のバッテリーの持ち時間は36時間、カラーはブラック。

搭載スペック

Amazonで詳細を見る

TicWatch E2

Black

WearOSを搭載したハイコスパモデル!ちょうどよい価格と機能のエッセンシャルシリーズ

WearOS 搭載ながら2万円を切る価格で、スポーツや健康に関わる機能もギュッと凝縮。ランニングやサイクリング等の運動から24時間の心拍数まで幅広くモニタリングできます。

音声入力にも対応。独自のアプリケーションにより、運動ログもスピード、距離、消費カロリーなどを正確に追跡可能です。50m防水、ケース幅46.9mm。バッテリーは通常使用時48時間。
搭載スペック

Amazonで詳細を見る

TicWatch GTH

水泳でも使えるスポーツ機能の豊富さと、バッテリーの長さが魅力のモデルで、価格は1万円以下。セールになることも多いモデルです。

下記スペック表のとおりスマートウォッチとしての基本的な機能は一通り揃っているので、スマートウォッチの入門には最適なモデルの一つです!

ケース幅は43.2mm、50m防水、通常使用時のバッテリーの持ち時間は長くて10日間、カラーはブラック。
搭載スペック

Amazonで詳細を見る

TicWatch GTX

10日間のバッテリーライフを持ちスマホの音楽の再生・停止等の操作も可能なモデル。

GPSは搭載していませんがオールラウンドな機能が揃っており、価格も1万円以下と非常にお手頃です。

下記のレビューの通り、画面が大きく操作がしやすい、タッチスクリーンの反応がいい、充電の持ちがいいことなどが魅力と言えます。

ケース幅は43.7mm、IP68防水、通常使用時のバッテリーの持ち時間は長くて10日間、カラーはブラック。

搭載スペック

Amazonで詳細を見る

試用レビューはこちら!

TicKasa Vibrant


Amazonで詳細を見る

独自OSのエントリーモデルで流通価格は5000円程度ながら、なんとGPSまで搭載。5ATM防水、バッテリーは通常使用時7日間

どのブランドの高性能スマートウォッチと比較しても引けを取らない基礎機能を持っており、下記の使用レビューのとおり睡眠追跡などはかなり正確でした。

見た目の雰囲気もApple WatchのNIKEモデルに似ており、スポーツを中心にオールラウンドに使えるスマートウォッチといえます。

搭載スペック

 

試用レビューはこちら!

 

関連記事

MovboiがWear OS搭載の最新スマートウォッチ『TicWatch Pro 3 GPS』を発売!楽天・Yahooでも取扱開始

Androidユーザーにオススメ! Wear OS搭載スマートウォッチの魅力を徹底解説

登山地図「ヤマレコ」が「Wear OS 」スマートウォッチに対応!電波の届かない山の中でも使えます!!

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  7. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. Apple Watchがキラキラ煌めくWEARPLANETのラインストーンカバー発売

  2. 熱中症情報をスマホやApple Watchに通知する「Yahoo!防災速報」アプリが便利!

  3. iPhoneで開きすぎたSafariのタブを一括削除する方法

  4. iPhoneからApple Watchの場所を探す方法&紛失モードの設定法を解説!

  5. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  6. 「残布を活用したApple Watchバンド」のクラファンが開始。近大生とのコラボ企画

  7. Apple WatchのSuicaの利用履歴を確認する方法

  8. 自動開閉で爽やかな朝日で起床! SwitchBotカーテン使用レビュー

  9. 歩くだけでApple Watchの「ムーブ」1000kcal超えは超大変! 実践レポート

  10. クラシックスタイルなFOSSILの新作スマートウォッチ「GEN 6 HYBRID」が発表

TAG

タグをさらに表示