検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. ウブロ 現行スマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2022年版】

ウブロ 現行スマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2022年版】

NEWS

2022.02.14

いま日本で手に入るスマートウォッチ主要ブランドの主要モデルを紹介していく本連載。

今回は『ウブロ(HUBLOT)』のスマートウォッチを紹介します。

【あわせて読みたい】その他のスマートウォッチの主要ブランドのガイド記事はこちら!

ウブロ(HUBLOT)とは

スイスの高級時計メーカーで、異素材を組み合わせた立体的なケースが時計界に衝撃を与えた超高級ブランド。

今もっとも世界のセレブリティーに愛されている時計ブランドのひとつです。

スポーツ選手や芸能人に人気の高いゴージャスでスポーティな腕時計として有名で、サッカーに関わりの深いブランドでもあります。

2018 FIFAワールドカップ™ロシア大会では、サッカー向けに高級スマートウォッチを開発した初のスイス時計ブランドとなりました。

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループのブランドとしても知られています。

ウブロの手掛けるスマートウォッチとは

「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFA ワールドカップ ロシア™」

ウブロが初のスマートウォッチを発表したのは2018年。

FIFAからの依頼により、サッカーのレフェリー用に開発された「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFA ワールドカップ ロシア™」というモデルでした。

「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFA ワールドカップ ロシア™」

その2年後に発売されたのが、「ビッグ・バン e」。

ウブロのアイコン的モデル「ビッグ・バン」のデザインアイコンとなっているベセルのビス打ちが省略されているものの、フォルムはまさに「ビッグ・バン」。

そして42個もの部品を組み合わせた、立体感のある複合ケースも健在です。

Wear OS by Googleを搭載しており、スマートウォッチとしても非常に高性能で、本体価格 55万円~という価格でも話題を呼びました。

その後はこの「ビッグ・バン e」をベースに日本限定モデルなどが複数登場しているので、下記ではその主要モデルを紹介します。

同じLVMHグループのルイ・ヴィトンやタグ・ホイヤーにもスマートウォッチあり!

なお同じくハイエンドなスマートウォッチを発売しているブランドとしては、同じLVMHグループのルイ・ヴィトンやタグ・ホイヤーなどが挙げられます。

どちらのスマートウォッチもやはりラグジュアリーで美しいので、気になる方はぜひ下記の記事を合わせてチェックを。

【あわせて読みたい】

タグ・ホイヤー 現行スマートウォッチ主要モデル&選び方ガイド【2022年版】

ルイ・ヴィトン 現行スマートウォッチ主要モデル&選び方ガイド【2022年版】

ウブロの現行主要モデルはコチラ!

ビッグ・バン e チタニウム

本体価格 550,000円 税込価格 605,000円

公式サイトで詳細を見る

ビッグ・バン e ブラックセラミック


本体価格 620,000 円  税込価格 682,000 円

公式サイトで詳細を見る

搭載するプロセッサは「Qualcomm® Snapdragon Wear™ 3100」。スクリーンは解像度390×390ピクセル、327dpiのAMOLEDで、WearOSを搭載する他ブランドの同時期のモデルと同じもの。

WearOSを搭載しているので、もちろん「Google Play」から好きなアプリケーションをダウンロードでき、音声アシスタント「Googleアシスタント」も使用可能です。

『ビッグ・バンE』ならではのウォッチフェイスとして、伝統的なムーンフェイズ付きのパーペチュアルカレンダーや、地球儀をデザインソースにしたGMT表示などが用意されています。

庶民感覚ではスマートウォッチに60万円はかなりお高いですが、とは言っても『ウブロ』は『ウブロ』。

外装は贅を尽くした出来ですし、特別な人達には2桁で買える『ウブロ』は随分お買い得に思えるのかもしれません。

ビッグ・バン e プレミアリーグ

550,000円(本体価格)、605,000円(税込価格)

公式サイトで詳細を見る

世界限定200本のモデル。

「ビッグ・バン e」をベースに多彩な機能を搭載し、プレミアリーグの試合を一層楽しむことができる特別な機能あり。

プレミアリーグの試合時には、キックオフタイム(開始15分前)、ゴール、ペナルティ、選手交代、イエローカードやレッドカード、アディショナルタイムを知らせるアニメーションを通知。また、チームメンバ―やVAR判定も表示可能です。

一つの試合が終了すると、次の試合へのカウントダウンを開始。同時に2つの試合が開催される場合には、スクリーンをタップするだけでそれぞれの試合切り替えることが可能です。

ダイアルとストラップにプレミアリーグのアイコンカラーであるパープルカラーを採用しています。

ビッグ・バン e UEFA EURO 2020™

本体価格 620,000 円  税込価格 682,000 円

公式サイトで詳細を見る

こちらも「ビッグ・バン e」をベースにした世界で1,000本の限定モデル。Wear OS by Google™を搭載しています。

ベゼルは当初開催が予定されていた12カ国の国旗を使用。

ユーロ限定モデルということで、試合とリアルタイムで連動するサッカー専用アプリで計時、ハーフタイム、アディショナルタイム、試合終了に加え、審判が出したカード、選手交代、ペナルティ、ゴールなどの情報を通知する機能あり。

また、チームのラインナップ、プレーヤーのランキング、フィールドでのポジション等の情報が見られるオプション機能もあります。

ビッグ・バン e ホワイトセラミック

本体価格 620,000円(税込価格 682,000円)

公式サイトで詳細を見る

2021年10月発売の「ビッグ・バン e」初の日本限定モデル。

マイクロブラスト加工&ポリッシュ仕上げのホワイトセラミックケースに、ホワイトラバーストラップを組み合わせたクリーンで洗練された印象が特徴。そこにウブロの代名詞であるブラックをバランス良く配しています。

こちらもWear OS by Google™を搭載しており、他の「ビッグ・バン e」モデルと同様のスマートウォッチとしての性能を持っています。

メールやテキスト・電話の着信もスマートフォンを取り出すことなく一目で確認することができ、Googleアシスタント機能を使用すれば情報の検索も可能です。

あわせて読みたい

そのほか日本国内で販売中のスマートウォッチ主要ブランド20以上のガイド記事はこちら!

ビジネスシーンにオススメのスマートウォッチ13選&その活用法を紹介!

AndroidユーザーにおすすめのWearOSスマートウォッチ10選

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  2. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  3. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  10. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

NEW CONTENTS

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  4. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  5. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  6. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  7. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  8. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  9. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

  10. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

TAG

タグをさらに表示