検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. アメリカ女子スキー界のレジェンドやオリンピック出場者が指輪型トラッカー「Oura Ring」を愛するわけ

アメリカ女子スキー界のレジェンドやオリンピック出場者が指輪型トラッカー「Oura Ring」を愛するわけ

NEWS

2022.02.15

冬季オリンピック北京2022がたけなわですが、アメリカ国内では3大テレビネットワークの1つであるNBCが独占放映権を持っています。

そのNBCのオリンピック関連番組に連日コメンテーターとして登場しているのが元女子アルペンスキー選手のリンゼイ・ボン。

彼女の指にはいつも指輪型フィットネストラッカーのOura Ringが光っています。

【あわせて読みたい】NBA選手も使用の指輪型フィットネストラッカー「Oura Ring」、新バージョン登場さらに機能充実 

アメリカの冬季オリンピックを象徴する史上最高のスキー選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

L I N D S E Y • V O N N(@lindseyvonn)がシェアした投稿

ボンの現役時代は数多くの栄光に満ちていました。冬季オリンピックには合計で4回出場し、スキーだけではなく、アメリカチームを象徴するような存在ですらあったのです。

バンクーバー・オリンピックでのダウンヒル種目で金メダルを獲得したほか、オリンピックで3つのメダルとワールドカップで女子スキー歴代最多の82勝を挙げました。2019年2月にスウェーデンで行われた世界大会で銅メダルを獲得した後、現役引退を発表しました。

現在でも冬季オリンピックと言えば、ボンの名前を連想するアメリカ人は多いようで、引退から3年近くも経っているにもかかわらず、「なぜリンゼイ・ボンは北京オリンピックに出場しないのか?」という記事が大手紙のUSA Todayに掲載(*1)されたほどです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

L I N D S E Y • V O N N(@lindseyvonn)がシェアした投稿

ボンは引退後もワークアウトを続けている姿を自身のインスタグラムで公開しています。上の写真はその1つ。ここでもボンの指にはOura Ringらしきものが見えます。

ボンはNBAのスターであるクリス・ポール選手、そしてつい先日ロサンゼルス・ラムズをスーパーボウル優勝に導いたオデル・ベッカム・ジュニア選手といったアメリカのスポーツ界におけるビッグネームと肩を並べて、Ouraのアンバサダーに名を連ねているのです。

Oura社公式ウェブサイトで公開されているインタビュー記事(*2)でボンはOura Ringを奨める理由を下のように語っています(筆者の翻訳)。

「私はできるだけ多くの人にOura Ringをお奨めしています。なぜならこのリングが提供する情報は限りなく貴重なもので、人々の日常生活と健康を向上させてくれると信じるからです。これは本当に素晴らしいツールで、しかも誰にでも簡単に手に入れることができます。それはきっとあなたの毎日をサポートしてくれるはずです」

他にもいるOura Ringを使用する冬季オリンピック選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

yung hails💋⭐️(@haileylangland)がシェアした投稿

ボンの影響かどうかは分かりませんが、北京オリンピックにアメリカ選手団の中には他にもOura Ringを使用する女性選手がいるようです。

女子スノーボードのヘイリー・ラングランド選手は21歳。2月14日現在、女子ビッグエアーの決勝に進んだ唯一のアメリカ人選手です。彼女は体力回復のために睡眠を重視しており、Oura Ringに興味があると発言(*3)しています。

女子スピードスケートのブリタニー・ボウ選手もラングランド選手同様、睡眠と心拍数の管理のためにOura Ringを使用していると発言(*4)しています。

日々激しいトレーニングを続けるアスリートにとって、いかに疲労回復するかは重大な関心事です。そのためには睡眠と心拍数のデータは極めて重要な情報です。Oura Ringに限らず、フィットネスセンターのスポーツ界における需要は今後ますます高まっていくのではないでしょうか。

*1. Where is she now? Why Lindsey Vonn won’t be competing at Beijing Olympics next month
https://www.usatoday.com/story/sports/olympics/2022/01/11/winter-olympics-lindsey-vonn-talks-challenges-of-retirement-skiing/9168451002/ 
*2.Oura Q&A With Olympic Champion & Entrepreneur Lindsey Vonn – The Pulse Blog
https://ouraring.com/blog/oura-lindsey-vonn/
*3. My Bedtime Routine: Snowboarder Hailey Langland on Her ‘Holy Grail’ of Winter Skincare
https://www.self.com/story/hailey-langland-sleeping-with-2022-winter-olympics
*4. Speed Skater Brittany Bowe on the High-Tech Sleep Solutions She Swears By
https://www.self.com/story/brittany-bowe-sleeping-with-olympics

source:Accurate Health Information Accessible to Everyone

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookは https://www.facebook.com/WriterKakutani

あわせて読みたい


女性に限定した学術研究は全体の3%! アスリートのジェンダーギャップ解消に向け、米国企業が研究機関を設立


トライアスロンで一番消費カロリーが多いのは? Fitbit Charge 5着用で水泳1.5km、自転車40km、ラン10kmの検証を実施

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. オシャレ度NO.1のApple Watch文字盤「アーティスト」の魅力

  2. 夏でも快適で見た目も涼やかな本革Apple WatchバンドがROOXから発売

  3. Belkin、Apple Watch3製品を同時にワイヤレス充電が可能なモデルの改良版を発売

  4. 日中に35℃を超える猛暑日、ランニングするなら何時から?

  5. Apple Watchがキラキラ煌めくWEARPLANETのラインストーンカバー発売

  6. 熱中症情報をスマホやApple Watchに通知する「Yahoo!防災速報」アプリが便利!

  7. iPhoneで開きすぎたSafariのタブを一括削除する方法

  8. iPhoneからApple Watchの場所を探す方法&紛失モードの設定法を解説!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 「残布を活用したApple Watchバンド」のクラファンが開始。近大生とのコラボ企画

TAG

タグをさらに表示