検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 大麻は睡眠の質を向上させるか?フィットネストラッカーのデータを解析した米国の調査結果

大麻は睡眠の質を向上させるか?フィットネストラッカーのデータを解析した米国の調査結果

NEWS

2022.05.14

米国で人気急上昇中のフィットネストラッカーであるWHOOPはユーザーからのデータを基に解析した様々な興味深い調査レポートを公式ホームページで公開し続けています。

4月20日付の記事(*1)は「大麻が睡眠、安静時心拍数、そして心拍変動に与える影響」(筆者訳)という刺激的なものでした。

あわせて読みたい

ディスプレイも時計機能もナシで本体は無料。サブスク型のフィットネス・トラッカー『WHOOP4』がアメリカで注目を浴びるワケ

全米で18州、人口の約44%には大麻は合法

誤解のないように説明しますと、2022年現在、米国内の18州で大麻の娯楽用摂取が合法化されています。それに加えて、首都ワシントンがあるコロンビア特別区とグアム準州でも合法化されています。『US News』の記事(*2)によると、2020年の国勢調査で3億2950万人とされた総人口のうち、約44%にあたる1億4500万人が大麻を合法的に使用できる州か地域に住んでいるのだそうです。

大麻が日本では厳しく禁じられていることは承知していますし、そのことの是非について論じようとは思いません。ただ、WHOOPの調査が反社会的というわけではない(少なくとも米国内では)ということだけは述べておきます。

主観とは大きく異なった客観的データ

WHOOPがこの調査を行う数年前、コロラド大学ボルダー校の研究グループが大麻と運動の関係についての調査を発表したことがありました(*3)。

この研究では娯楽用の大麻が合法化された5つの州から600人以上の男女を対象に様々な聞き取り調査を行いました。回答者の80%以上の人がエクササイズの前後に大麻を摂取していました。エクササイズがより楽しくなったと回答したのはそのうちの70%、回復が早まると回答したのが78%、モチベーションが上がったと回答したのは52%、ということでした。主観的には、大麻はまるで魔法のクスリのように、人々の健康に寄与しているはずでした。

WHOOPが今回行った調査は、主観を排し、ユーザーから提供されたデータの解析のみを行ったものです。大麻を日常的に使用するユーザーの睡眠、安静時心拍数、心拍変動などのデータが、大麻を使用する日としない日で、どう変化するかについてを比較したものです。以下にその要点を列挙します。

●大麻を日常的に使用する(直近90日間で10回以上)ユーザーは男性が10.8%、女性は9%
●最も使用率が高いのは30-39歳の男性(12.7%)
●最も使用率が高い曜日は土曜日(47.6%)、最も低い曜日は月曜日(40%未満)
●大麻を使用した日の平均睡眠時間は使用しない日より0.4分のみ多い
●睡眠の質とパターンは大麻を使用した日は約1%低下する
●安静時心拍数の平均は大麻を使用した日(60bpm)と使用しない日(59bpm)でほぼ同じだが、使用しない日の数値はやや望ましい
●心拍反動の平均は大麻を使用した日(56.7 ms)と使用しない日(59.5 ms)で、ほぼ同じだが、使用しない日の数値はやや望ましい

WHOOPは結論として、「大麻を使用しても翌日の回復度にほとんど変化は生じない」としています。むしろ、「安静時心拍数と心拍変動の数値評価は大麻を使用するとやや悪化する」とも述べています。手っ取り早く言えば、大麻を吸っても、よく眠れるわけではないし、疲れが取れるわけでもないようです。

大麻解禁を主張するグループにとっては「不都合な真実」かもしれません。はっきりと有害であることが証明されているタバコやアルコールに比べると、大麻はまだマシな方だと言えるのではないかと、私自身は考えます。

もっとも、WHOOPのユーザーは一般的な標準からすると健康に関心の深い、活動的な人たちの集まりです。WHOOPはサブスクリプション形式で、月額20~30ドルと決して安いモノではありませんので、経済的にもある程度の余裕がある層だとも推測できます。

そもそも大麻の解禁は娯楽ではなく医療目的から始まりました。メンタルヘルスの改善などのもっと切実な理由で大麻を必要としている人々については、この調査結果から読み取ることはできません。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookはhttps://www.facebook.com/WriterKakutani

*1. Impact of Marijuana on Sleep, Resting Heart Rate & HRV
 https://www.whoop.com/thelocker/impact-of-marijuana-sleep-resting-heart-rate-hrv/
*2. States Where Recreational Marijuana Is Legal
 https://www.usnews.com/news/best-states/slideshows/where-is-pot-legal
*3. The New Runner’s High? Examining Relationships Between Cannabis Use and Exercise Behavior in States With Legalized Cannabis
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpubh.2019.00099/full

あわせて読みたい


アップル社がApple Payのロシア国内大手決済カードを介した利用を停止


テクノロジーを悪用するストーカー犯罪。女性の車にApple Watchを取り付けた男性が逮捕

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. オシャレ度NO.1のApple Watch文字盤「アーティスト」の魅力

  2. 夏でも快適で見た目も涼やかな本革Apple WatchバンドがROOXから発売

  3. Belkin、Apple Watch3製品を同時にワイヤレス充電が可能なモデルの改良版を発売

  4. 日中に35℃を超える猛暑日、ランニングするなら何時から?

  5. Apple Watchがキラキラ煌めくWEARPLANETのラインストーンカバー発売

  6. 熱中症情報をスマホやApple Watchに通知する「Yahoo!防災速報」アプリが便利!

  7. iPhoneで開きすぎたSafariのタブを一括削除する方法

  8. iPhoneからApple Watchの場所を探す方法&紛失モードの設定法を解説!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 「残布を活用したApple Watchバンド」のクラファンが開始。近大生とのコラボ企画

TAG

タグをさらに表示