検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watch UltraはGarminの牙城を崩せるのか

Apple Watch UltraはGarminの牙城を崩せるのか

NEWS

2022.09.19

Appleが発表したApple Watch Series 8、Apple Watch SE、そしてApple Watch Ultraのうち、ウルトラランナーやトライアスリートなどの耐久系アスリートから熱い注目を集めているのが、3つめのApple Watch Ultraです。

たった数日の間に、数多くのランニング関連サイトが、Apple Watch UltraはGarmin FenixやEpixの代わりになるのか、あるいはより優れているのか、という切り口の記事を公開しています。

このことはあるいは奇妙に聞こえるかもしれません。Apple Watchシリーズと言えば、最大のシェアを誇るスマートウォッチであり、一般的な知名度ではGarminよりはるかに高いはずだからです。

しかし、耐久系アスリートと呼ばれるニッチな人たちの間では、今まではGarminやCOROSの人気が圧倒的でした。大げさに表現するならば、Apple Watchは彼らから見向きもされていなかったのです。

バッテリー駆動時間

Apple Watch Ultraは1回の充電で36時間使用可能なバッテリーを搭載し、新しい省電力設定では60時間使用可能であるとのこと。これはフルマラソン以上の距離と時間をかけることも多い耐久系アスリートにとっては大きな朗報です。

例えば、一口にウルトラマラソンと言っても様々な距離のレースがありますが、その代表的なものは100キロ、あるいは100マイル(160キロ)です。短い方の100キロでも、速い人は10時間を切りますが、「普通の」ウルトラランナーは12~16時間くらいかけてゴールします。つまり最低でも半日以上はバッテリーが持たないウォッチは役に立たなかったのです。

今までのApple WatchシリーズはGPSを使用すると数時間くらいしかバッテリーが持ちませんでした。この1点だけにおいても、Apple Watchシリーズはウルトラマラソンやトライアスロンには向かなかったのですが、Apple Watch Ultraはその課題をクリアしているようです。

もっとも、競合するGarmin Fenix 7のバッテリー駆動時間はGPSを使用しても約60時間ということですから、Apple Watch Ultraはこの分野の性能面ではまだGarminより遅れをとっているようです。

高精度2周波GPS

耐久系アスリートはスマートウォッチのデザインの良し悪しや、あるいは買い物や通信に便利な機能にはあまり興味を示しません。そもそも買い物をする商店などはどこにもない辺鄙な場所や電波すら届かない山の中を走るような局面も多いのです。

しかし、GPSの精度には異常なほどこだわる人が多いことも耐久系アスリートの特長のひとつです。彼らはあくまでも正確な位置、標高、移動距離などの情報を求めます。

Apple Watch Ultra はシリーズで初めて高精度2周波GPSに対応しているとのことです。これは高層ビルの間や森の中などGPSによる位置把握が難しい場所でも正確に位置を記録できる機能のことで、耐久系アスリートにとっては非常に大きな意味を持ちます。

高精度2周波GPS はGarminやCOROSなどではすでに採用されています。この点でも、Apple Watch Ultraはようやく競合製品に追いついたと言えるでしょう。

Apple Watch Ultraは高価格製品ではない

Apple Watch Ultraの価格は約12万円と発表されました。他のシリーズ製品と比べて、非常に高いと感じる人は多いでしょう。

しかし、この点では実はApple Watch UltraはGarminやCOROSの競合製品より優位に立っています。これら耐久系アスリートご用達ウォッチには12万円よりさらに高価なモデルは珍しくないのです。

Apple Watch UltraはGarminやCOROSより性能は互角かやや劣るが、価格面では同等かやや安い。あくまでも耐久系アスリートの視点からは、そのような結論を述べる記事が多いようです。

もっとも耐久系アスリートにも競技を離れたときはただの1個人という側面もあります。Apple Watchが持つスポーツ関連以外の豊富な機能が、あるいはアピールするかもしれません。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookは https://www.facebook.com/WriterKakutani

 

あわせて読みたい


Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

Apple Watch Series 8の進化ポイントを徹底解説!


Apple Watch Ultraの魅力と通常Series 8との違い18点を徹底解説!

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示