検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Galaxy Watch 5使用レビュー。Apple Watchとガチで比較対象になる唯一のスマートウォッチを見つけた!

Galaxy Watch 5使用レビュー。Apple Watchとガチで比較対象になる唯一のスマートウォッチを見つけた!

NEWS

2022.10.05

世界2位の市場シェア。SamsungのGalaxy Watch

スマートウォッチといえば皆さんはどのブランドを思い浮かべるでしょうか。

多くの人はやっぱりアップルウォッチを思い浮かべますよね。というか、アップルウォッチ以外に何があるのか知らない方も多いかもしれません。

確かに世界シェアも数年にわたってアップルウォッチがトップシェアを占めているのですが、それでは第二位は、、、それがSamsungのGalaxy Watchなのです。(2021年度、Counterpoint Researchによる)

「2位じゃダメなんでしょうか?」と発言して炎上してしまった政治家さんもいたような気がしますが、数あるスマートウォッチブランドの中で確固たる地位を占めているのがGalaxy Watchです。

2022年9月に日本発売された最新機種であるGalaxy Watch 5をスマートウォッチライフ編集部で入手しましたので、今回はそのレビューをお届けします。

過去の記事

アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

Galaxy Watch 4が好評のサムスン&Wear OS陣営がApple Watchを急追! スマートウォッチ世界市場の最新レポート

開封から見た目チェック

Galaxy Watch 5のスペックとしては下記のようになります。

日本での支払い決済機能に対応することが待たれますが、それ以外には特に欠点らしい欠点もなく、何でもできるスマートウォッチというところでしょうか。

まずは外箱。
すっきりとした縦長の外箱はなんとなくApple Watchへの対抗心が感じられます。

ふたを開けるとドカーンとGalaxy Watch 5が鎮座しています。

中身を取り出してみると、スマートウォッチ本体と専用充電ケーブル、日本語の説明書が入っています。

ここら辺は他ブランドのスマートウォッチとほぼ一緒と言っていいでしょう。

取り出してみると、薄型ですっきりとしたスマートウォッチです。
ケースはアルミ製でマットな質感。
物理ボタンが2つついています。(実際にはこのボタンにも体組成データを検出するセンサーがついています)

ガラスはサファイアクリスタルガラスで、硬度が高く前作のGalaxy Watch 4と比べても剛性が格段にアップしているとのこと。

四六時中腕にはめてガシガシ使うスマートウォッチですから、やっぱり頑丈な方がいいですよね。

保護フイルムを貼るのはちょっと画面が見づらかったりしますから。

ベルトとの結合部分は腕の丸みに合わせて湾曲しています。
ここらへんの細かいこだわりが人気の高さの秘訣なのかもしれません。

裏面を見ると、種類の違うセンサーがいくつもついています。
後述しますが、Galaxy Watch 5は身体ログを取る機能がとても多種多様で、その技術を支えているのがこの裏面のセンサーです。

ベルトはしっとりとしたシリコンラバーベルトで風合いも良くフィット感があります。
「20mm」と記載されていますが、20mmのワンタッチベルトがあればサードパーティー製の革ベルトやスレンレスベルトをつけることもできます。

こんなふうにパカッと外れます。
ただ、やっぱり純正のベルトはケース形状に沿って端部が弓状になっていますので、これ以上にしっくりくるベルトもなかなか見つからないのかなと思います。

ベルトは適度な強度を持っていて、しっかりとした質感があります。

バックル部分はプラスチック製。
なんか、ここだけ少し安っぽさを感じるのは私だけでしょうか。
まあ、軽くていいと思いますが。。

充電ケーブルを装着するとこんな感じになります。
この充電は高速充電に対応していて、30分あれば0%から45%までバッテリーを回復できるようです。

バッテリー容量は410mAhと前作に比べて20%ほど大容量になっています。
ただし、実はGalaxy Watch 5もアップルウォッチと同様、バッテリーの持ちが唯一のネックとなっています。
(少なくとも1週間ほど使用した筆者も、最大の懸念点はバッテリー持ちだと感じました)

もっとも、アップルウォッチと比較すれば、おそらく1.5倍くらいは電池が持ちますので、その意味ではアップルウォッチに勝っているということになるでしょうか。

そして、もう一つ驚いたのは、充電ケーブルの端子が「タイプC」だったことです。

これからは、端子はタイプCが当たり前になっていくのだとは思いますが、他のメーカーの充電器は知る限りすべてタイプAなので、ちょっと面食らいました。
タイプC用の充電アダプターを買いに走ってしまいました。。

インストールと文字盤表示

iPhoneでは使えないので注意!

それでは早速インストール。

いつものiPhoneのAppStoreからスマートウォッチアプリをインストールして、、、とトライしましたが、どうもお目当ての「Galaxy Wearable」が見つかりません。

検索して出てきた「Samsung Galaxy Watch」をインストールして、ペアリングしようとしましたが、どうやらGalaxy Watch 3までにしか対応していません。

なんと、そういえばこのGalaxy Watch 5はAndroid専用のスマートウォッチなのでした。

アップルウォッチがiPhoneにしか対応しておらず、Androidスマートフォンユーザーがどんなに使いたくてもアップルウォッチが使えないように、Galaxy WatchもiPnoneユーザーは使用することができず、Androidユーザーのみのスマートウォッチなのです。
う〜ん、さすがGoogleと手を組んでWear OS陣営を牽引するSamsung。アップルの軍門には絶対に降らないぞという気概が見えます。

そこで、セカンドスマホとして持っているAndroidに「Galaxy Wearable」をインストールします。

なお、「S Health」というアプリもインストールしなくてはいけません。

このアプリをインストールしなくても、Galaxy Watch 5を使用することはできるのですが、せっかくログした情報をスマホで見るには「S Health」が必須なのです。

「Galaxy Wearable」はGalaxy Watch 5に機能を追加したり、表示項目を選んだりするアプリ。

対して「S Health」はGalaxy Watch 5からの情報をキャッチして過去の情報などを見るためのアプリです。

一度設定をしてしまえば「Galaxy Wearable」を使うよりも「S Health」を見ることの方が格段に多くなります。

ウォッチフェイス

Galaxy Watch 5ではたくさんのウォッチフェイスを使用することができます。

ただ、特筆すべきはそれらのウォッチフェイスの色などを自由にカスタマイズできたり、それぞれのウォッチフェイスについている機能(コンプリケーション)を自由に設定できるところでしょう。

例えば下のウォッチフェイスではコンプリケーション(そのエリアをクリックするとすぐにその機能が立ち上がったり、一目で現在の状況がわかる項目です)を自在に変更できます。
しかも、ウォッチフェイスのデザインを邪魔せず、機能性とデザイン性がバランスよく一体化しています。

そのほかにも、多種多様なウォッチフェイスがあり、「Galaxy Wearable」からどんどんダウンロードできます。

ここら辺はWear OSがベースになっている強みなのでしょう。

個人的には、丸型のスマートウォッチなので、アナログ針のウォッチフェイスの方がしっくりきます。
ビジネスでもアウトドアでも、TPOに合わせてさまざまなウォッチフェイスを用意しておくといいのではないでしょうか。

タイル

よく確認したい項目を「タイル」として、スマートウォッチに登録しておくことができます。

デフォルトでは、一日の活動、エクササイズ、体組成データ、睡眠、天気、スケジュール、心拍数、ストレスが登録されています。

このタイルには、例えば女性の周期の表示やステップ数、血中酸素レベルなど、自分が定期的に確認したい項目を追加しておくといいでしょう。

実際の使用(エクササイズ、睡眠、体組成計)

走ってみた

見た目だけでなく、実際の使用感も試してみます。

まずはランニングで、心拍系のセンサーやGPSの正確さなんかをみてみようと思います。

タイルからエクササイズの画面にして、そこに登録してある「ランニング」を選びます。

この状態の時にGPSを探して1〜2分待たされるスマートウォッチも多いのですが、このGalaxy Watch 5ではその必要もなくすぐにスタートできました。

1kmごとにラップタイムを自動で通知してくれたり、信号待ちしていると2〜3秒で一時停止してくれます。

いつものコースで距離も大体わかっているのですが、ほぼ正確に距離を出してくれました。

びっくりしたのが、「ランニングの高度な指標」ということで、ランニングの左右の足の偏りだったり、ランニングのフォームに関してなどの判定をしてくれたことです。
GarminやPolarなどのランニング専門のスマートウォッチでもここまで出してくれるモデルはほとんど記憶にありません。
もちろんアップルウォッチのランニングアプリでも、こういった判定のあるアプリは見たことがありません。

また、どうやって割り出しているのか、「どれだけ汗をかいたのか」も表示してくれました。

気温や湿度と運動強度から割り出しているのでしょうから、個人個人に合わせた数値が出ているわけではないと思いますが、それでも「どのくらいの水分を補給しなければならないか」がわかるのでとても便利です。

「S Health」の画面ではもっと詳しく確認できます。

コースの確認から、どのエリア、どの時間帯でスピードが出ていたのかなどが一目でわかります。

また、スマートウォッチでも確認できた「高度な指標」や「発汗量」なども振り返ることができます。

私は「接地時間」「滞空時間」「上下動」に無駄が多いらしく、しっかりとしたフォームになればきっともっと楽に走れるのでしょう。。

睡眠だけでなくいびきの検知も

運動ログだけでなく、睡眠ログも取ってみます。

覚醒・レム睡眠・浅い睡眠・深い睡眠の4つのステージに分けての判定は、信頼できるデータだと思いました。

睡眠に関してはFitbitのスマートウォッチが最も信頼のおける製品だと思っているのですが、記載内容はFitbitにも引けを取らないような詳しさだと感じます。

そして、とても画期的だと感じたのが「いびきの検出」です。

いびきをかいている時間帯を把握し、そのいびきの録音を取ってくれてます。

無呼吸症候群のような方も、自分がどれくらい息が止まっているのかを簡単に確認できます。

私も録音データを聞きましたが少し恐ろしくなりました。。

腕につける体組成計

Galaxy Watchの独自機能はまだあります。

それが体組成データの検出でしょう。

身長はあらかじめ登録してある数値を活かし、体重はできれば体組成データを取る直前に測って(もちろん平均体重で問題ないと思いますが)データを取ります。

取得することができるのは骨格筋(筋肉量)、体脂肪量、体脂肪%、BMI、水分量、基礎代謝量です。

あくまで補助的に使うものですが、毎日の体調変化にも気づけますし、トレーニングをしている方なら、数字がモチベーションに変わることでしょう。

こんなデータがスマートウォッチで取れるなんて、本当に便利ですね。

計測の仕方はスマートウォッチでもチュートリアルがありますが、物理ボタンに中指と薬指を押し当てると測定が開始します。

左手のスマートウォッチの裏面に触れているセンサーと、右手の中指と薬指のセンサーを電極の両端として測り、30秒もかからずに測定できます。

まとめ

いままでたくさんのスマートウォッチを試用してきましたが、一番アップルウォッチに近いのがこのGalaxy Watch 5だと感じました。

機能の豊富さもそうですし、玉に傷なのが「バッテリーの持ちが悪い」というところも同じです。

また、アプリを追加インストールできることも、他のスマートウォッチにはない利点です。

スマートウォッチ界の巨人であるアップルウォッチに対して、一つの機能や特徴を活かして差別化していく方向もありますが、このGalaxy Watch 5はアップルウォッチに真正面から勝負を挑んでいるように感じます。しかもなかなかいい勝負をしていて、アップルウォッチに勝るとも劣らない、本当に貴重なスマートウォッチだと感じました。

iPhoneユーザーでも、このGalaxy Watch 5を使いたい!という人はたくさんいると思います。
どうかSamsungさん意固地にならず、iPhoneユーザーでも使用できるようにしてほしいなと感じました。

Galaxy Watch 5 44mm

価格:48,800円(税込)

Amazonで詳しく見る

●ライター 杉本陽介
スポーツ好きアラフィフ男子。常にスマートウォッチを両腕に着け、1日12,000歩を目標にしている。

<あわせて読みたい


Samsungが最新スマートウォッチ「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」を発表


Galaxy Watch4使用レビュー。「Apple Watchより便利な機能」が多数ある新Wear OS搭載のスマートウォッチ!

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watch Ultraとの相性は最強! NOMADのチタニウムバンド使用レビュー

  10. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

NEW CONTENTS

  1. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  2. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  3. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  4. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  5. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  6. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  7. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

  8. iPhone 14、Apple Watch、iPad Pro、Galaxy S22など人気製品の関連ガジェットを最大50%OFFで販売。「PITAKAブラックフライデー2022」

  9. Galaxyの年内最大セール「Amazon ブラックフライデー」11月25日(金)より7日間限定開催!

  10. adidas RunningとAmazfitがスポーツを応援するキャンペーン「WORK OUT TO WIN Challenge」を実施!

TAG

タグをさらに表示