検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. ちょうどいい大きさの「Xiaomi Smart Band 7 Pro」。”スマートバンドは小さ過ぎ”て”スマートウォッチは主張が強すぎる”という人にぴったりのサイズ感

ちょうどいい大きさの「Xiaomi Smart Band 7 Pro」。”スマートバンドは小さ過ぎ”て”スマートウォッチは主張が強すぎる”という人にぴったりのサイズ感

NEWS

2022.11.05

絶妙なサイズ感の「Xiaomi Smart Band 7 Pro」

今やスマートウォッチ界を牽引する世界的企業となったシャオミ(Xiaomi)。
ハイエンド機とも肩を並べられるスペックを持つ「Xiaomi Watch S1」や「Xiaomi Watch S1 Active」も人気ですが、何といっても驚異的なハイパフォーマンスで人気な「Xiaomi Smart Band 7」(¥6,990(税込))はAmazonスマートウォッチコレクションの特設ページでも販売本数は堂々の第一位となっています。

Amazon Smartwatch Collectionページ

そのシャオミが2022年10月に満を持して日本での発売を開始したモデルが「Xiaomi Smart Band 7 Pro」です。

この「XiaoMi Smart Band 7 Pro」の特徴は何といってもその「大型の長方形ディスプレイ」でしょう。

バンドタイプのスマートウォッチは小さすぎ、ウォッチタイプのスマートウォッチは大きすぎる、という人は結構多いのではないかと思います。そんな方にはぴったりのサイズ感になっているのではないでしょうか。

スペックもその「ちょうど良さ」がぎっしり詰まっていて、GPS内蔵、SPO2の常時計測、ディスプレイの常時表示が搭載されています。

価格は税込14,800円とこれまたちょうどいい!

そんな「絶妙にちょうどいい」Xiaomi Smart Band 7 Proをスマートウォッチライフ編集部にて入手しましたので使用レビューをお届けします。

関連記事

大人気のXiaomi(シャオミ)の最新作Smart Band 7 Proが発売。大型スクリーンでスマートバンド7からさらに進化した「Pro版」。

開封と外観チェック

早速パッケージからチェックしていきます。
Xiaomi Smart Band 7 Pro本体と同じように縦長で薄いパッケージ。
しっかりと高級感も伝わってきます。

パッケージの中身はスマートバンド本体、専用充電ケーブル、説明書です。

早速本体の大きさチェックですが、とてもスリムですっきりしたフォルムです。
1.64インチの有機EL(AMOLED)ディスプレイで、画面占有率は70%。
解像度は280×456ピクセルで326ppiと、このクラスの製品とは思えない高解像度です。
ガラスも微妙に曲面になっています。

ベゼルの部分は少し光沢のあるメタリックでガラス部分との境目が美しく加工されています。
厚さは11mmとかなりのスリムさで本体重量は20g。
「着けていることを忘れてしまうような軽さ」と表現して全く遜色ないです。

物理ボタンは付いておらず、スピーカー用の穴が空いています。
個人的には物理ボタンがあるモデルの方が好みなのですが、あくまで「スマートバンド」の括りなので、シャオミもここは割り切っているのでしょう。

裏側はセンサーが3つ。
ベルト接合部分が腕の形状に合わせてデザインされていて、センサーが腕から外れてしまうことを防いでいます。

充電ケーブルはしっかりとマグネットで固定されます。

バッテリーの持続時間は、通常使用のモードで12日間。常時表示や24時間の身体ログ計測をするなど、ヘビーな使い方をしても6日間は持つ設計です。
アップルウォッチのように毎日充電する必要はありません。

ベルトはワンタッチで外れます。
別売りストラップもたくさんのカラーが用意されており、レザータッチのシリコンストラップも発売されています。

バックル部分は強化プラスチック製で、ここにも軽さへのこだわりを感じます。
とてもスポーティーで外れにくい構造になっています。

インストールと基本ディスプレイ

それでは「Xiaomi Smart Band 7 Pro」をインストールしていきます。

まずはスマートウォッチ本体で言語選択をすると、スマートフォンアプリ「Mi Fitness」インストールのQRコードが表示されます。

Mi Fitnessの「デバイス」からデバイスの追加を選択するとスマートウォッチとのペアリングが始まります。

画面に従っていくと、あっという間にペアリング完了。
すぐに使い始めることができます。

Mi Fitnessに「Xiaomi Smart Band 7 Pro」が追加されると、チュートリアルが表示されます。
これを読まなくても、画面の操作は簡単でしょう。

ただ、ホームボタンとなる物理ボタンが付いていないので、画面を遷移させていくのに少し慣れが必要かもしれません。

左右へのスワイプでウィジェットの確認。下にスワイプするとメッセージの通知、上にスワイプすると各種アプリの選択画面になります。

一発でホーム画面に戻ることができず、ここがわずかにマイナスポイントかなと感じました。

ウォッチフェイス

「Xiaomi Smart Band 7 Pro」の長方形のディスプレイに合ったウォッチフェイスがたくさん用意されています。
縦長のディスプレイなので、アナログを2つ重ねたものが特徴的です。

個人的には、四角いタイプのスマートウォッチにはデジタル表示の方がしっくりきます。
画面も大きく、たくさんの情報が入るモジュラー型のディスプレイもたくさん用意されています。

変わったところだと、Modigliani(モジリアーニ)デザインのものなんかも用意されています。

ウォッチフェイスを追加したい場合は、Mi Fitnessの「デバイス」から「オンライン」を選び、「バンドディスプレイ」を追加していきます。
「ローカル」がすでにインストール済みのもの、「オンライン」からたくさんの追加ディスプレイを選んでいきます。
たくさん用意されているので、好みのものがきっと見つかるでしょう。

ウィジェット画面

時計表示のホーム画面から左にスワイプしていくとウィジェット画面を確認できます。

スマートフォンアプリを見ずに睡眠や運動記録を見ることができますし、天気予報をさっと確認することもできます。

必要なウィジェットと不必要なウィジェットをMi Fitnessアプリで追加/削除することもできます。

(「デバイス」から「ウィジェット」を選び、追加/削除していきます)

血中酸素濃度や心拍数、ストレスをリアルタイムで計測することもできます。

実際の使用感

数日使っての使用感もレポートしてきます。

睡眠計測

当然と言えば当然ですが、睡眠もしっかり計測してくれます。
入眠時間、起床時間とも正確だと感じます。

ただ、他のハイエンド機種では「覚醒」「レム睡眠」「浅い睡眠」「深い睡眠」の4段階ですが、この「Xiaomi Smart Band 7 Pro」では3段階です。
これで十分と言えば十分だと思いますが。

平均心拍数も計測していますが、こちらについては少し高めに出たなと感じています。
反対の腕には別のスマートウォッチをはめていましたが、そちらでの睡眠時の平均心拍数は50くらいでした。
4日ほど同様の開きがありましたので、「こっちの方は心拍数が高めにでるのかな」という印象です。

エクササイズ

GPSも内蔵されていて、エクササイズ目的での使用のために購入する方も多いのではないかと思います。

数日使ってみて、その期待に十分に応えてくれる製品だなという印象を持ちました。

ちょっと外を歩いていると、ウォーキングを自動計測してくれます。
ここで「ウォーキング」をタップするとGPSと連動して運動ログを取ってくれます。

左上にGPSのマークが表示され、その横に1本か2本のアンテナが立ち、GPSの強さを表示してくれるようです。
運動中の「経過時間」「速度」「心拍数」の表示も大画面で見やすく、また、自動での輝度調整もあるので昼間でもはっきりとディスプレイを確認できます。

ログを取った結果はウォッチ上でも確認できますし、スマートフォンでも詳しく見ることができます。

GPSの精度もかなり正確でした。

スポーツジムでランニングマシンに乗って計測したのが下記の情報です。
ランニングマシンなのでケイデンスはほぼ一定のはずですが、時々やけに低くなっているのが気になるところですが、基本的にはほぼ正確だと言えると思います。

ランニングマシンだとGPSで距離を割り出せないので、腕の振り方だけで距離を割り出します。
どのスマートウォッチを使ってもなかなか正確には距離が出てこないのですが、「Xiaomi Smart Band 7 Pro」には距離調整ができる機能がついていますので、大幅にずれてしまった時には距離調整するといいでしょう。

その他、「仲間との競争」や「強度別のランニングコーチ機能」なども搭載されていて、スポーツにはかなり力の入った商品になっています。

まとめ

しばらく使ってみて、これといった欠点の見つからない秀逸なスマートウォッチ(スマートバンド)だなという印象を持ちました。
14,800円という金額を考えれば、これ以上は望めないという機能が搭載されていると思います。

ただ、なんといってもこの機種の魅力はデザイン性でしょう。
ちょうどいい大きさのディスプレイサイズで、薄さ軽さも理想的。高級感のある曲面ディスプレイを手に取ってみると、これが廉価版スマートウォッチだとは思えないでしょう。

素晴らしいデザイン性とちょうどいい機能が搭載されたXiaomi Smart Band 7 Proは、入門機としてもヘビーユースの方用としてもとても魅力的な製品でした。

商品仕様

サイズ:44.7mm × 28.8mm × 11mm *高さ、幅、厚さの寸法はストラップや突出部を除く
重量: 20.5g(ストラップなし)
バンドストラップサイズ: 130mm~205mm
素材: 熱可塑性ポリウレタン
ディスプレイ:1.64インチ有機EL(AMOLED)タッチディスプレイ
解像度: 280×456ピクセル、326 PPI
輝度: 最大500nit(調節可)
強化ガラス、指紋防止加工 | 2.5D マイクロ曲面ガラス
充電時間: 約60分間(磁気充電)
標準的な使用時間:12日間以上
容量:235mAh
防水性能:5ATM
アプリ:Mi Fitness Bluetooth 5.2 BLE
OS:Android 6.0 以降、iOS 12 以降

●公式サイト

https://www.amazon.co.jp/dp/B0BG4SKZHJ

●ライター 杉本陽介
スポーツ好きアラフィフ男子。常にスマートウォッチを両腕に着け、1日12,000歩を目標にしている。

関連記事

Xiaomi Smart Band 7使用レビュー。突き抜けたコスパの最新スマートウォッチ!

Xiaomi Watch S1 Active使用レビュー。Xiaomiのフラッグシップ機を徹底採点!【4000字】

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watch Ultraとの相性は最強! NOMADのチタニウムバンド使用レビュー

  10. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

NEW CONTENTS

  1. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  2. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  3. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  4. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  5. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  6. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  7. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

  8. iPhone 14、Apple Watch、iPad Pro、Galaxy S22など人気製品の関連ガジェットを最大50%OFFで販売。「PITAKAブラックフライデー2022」

  9. Galaxyの年内最大セール「Amazon ブラックフライデー」11月25日(金)より7日間限定開催!

  10. adidas RunningとAmazfitがスポーツを応援するキャンペーン「WORK OUT TO WIN Challenge」を実施!

TAG

タグをさらに表示