検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 薄型軽量で大人気のBandシリーズ最新作「HUAWEI Band 9」が新発売(8,580円)

薄型軽量で大人気のBandシリーズ最新作「HUAWEI Band 9」が新発売(8,580円)

NEWS

2024.04.24

ファーウェイ・ジャパンは、進化した睡眠モニタリングと一日中快適な着け心地を実現したスマートウォッチ『HUAWEI Band 9』を、4月25日(木)より発売します。

カラーバリエーションは、フルオロエラストマーベルトのブラック・ピンク・イエロー・ホワイト(ECサイト限定販売)、ナイロンベルトのブルー(家電量販店限定販売)の計5色です。

フルオロエラストマーベルトモデルは市場想定価格8,580円(税込)、ナイロンベルトモデルは9,680円(税込)です。

また、同時に専用の交換ベルト(フルオロエラストマーのブラック・ピンク・イエロー・ホワイト、ナイロンのブルー)を各市場想定価格1,650円(税込)にて発売します。

『HUAWEI Band 9』は、抑えめの価格帯とコンパクトなデザインながらその多機能な点で好評いただいた「HUAWEI Band」シリーズを、さらにバージョンアップさせた新製品です。

前モデル『HUAWEI Band 8』でシリコンやTPUを採用していたベルト素材は、このたびフルオロエラストマーを採用することで、より快適な装着感や耐久性を実現しました。

また、前モデルと比べて各健康モニタリング※1が進化し、特に睡眠モニタリングは、独自のアルゴリズムHUAWEI TruSleep™ が3.0から4.0にアップグレードしたことで、より詳細なデータを精度高く採ることができます。

さらにディスプレイの自動輝度調整機能が新搭載され、周囲の明るさを検知して、自動的に快適な明るさに調整してくれます。

ほかにも血中酸素レベル、心拍数、ストレスレベルの24時間モニタリング※2や、より使いやすくなった生理周期管理などの健康管理機能が満載です。

豊富なワークアウトモード、多種多様な文字盤、各種アシスタント機能を搭載し、急速充電に対応し通常使用※3で14日間持続するロングバッテリーにより充電の煩わしさが軽減されます。

健康的な毎日を管理できる『HUAWEI Band 9』は買い替えされる方はもちろん、初めてスマートウォッチを使用する方にもおすすめの1台です※4。Bluetooth連携するスマートフォンはもちろんAndroid 8.0、iOS 13.0以降に対応しています。

『HUAWEI Band 9』の主な特長

 

一日中快適な着け心地

ハード面、ソフト面での研究開発に力を入れるファーウェイは、視認性と操作性の高い大画面ディスプレイを、約8.99mmで約14g(ベルトを含まず)※5という、超薄型・超軽量で実現しています。

着けていることを忘れるような装着感で、睡眠中もスポーツ中も快適に過ごすことができます。

また新搭載されたディスプレイの自動輝度調整機能により、暗い寝室や屋外のスポーツ時など周囲の明るさを環境光センサーが検知し、自動でディスプレイを快適な明るさを調整します。

さらには、このたびベルトの素材として高性能なフルオロエラストマーを採用。ソフトな手触りと高い耐久性、耐汗性が特徴で、ずっと着けていてもより快適になりました。

 

進化した高精度の睡眠モニタリング※1

最新のHUAWEI TruSleepTM 4.0という当社独自アルゴリズムを搭載。

入眠と目が覚めた回数の識別精度が向上し、より高精度の睡眠モニタリングデータを提供できるようになりました。また睡眠時の心拍数・血中酸素レベル・呼吸数などのデータが追加され、ウォッチ画面から確認できるデータも増加しました。

さらにこのたび専門機関の協力を得て、毎日のアドバイスがより具体的、専門的になりました。これまでハイエンドモデルのみ搭載されていた睡眠中呼吸乱れ検知機能も追加されました。

スマートフォン専用アプリ「HUAWEI Health」から詳細な睡眠データを見ることができ、いびきなどの睡眠時の音を録音・記録して睡眠分析に活かすこともできます。

さらにこのアプリからヒーリングミュージックや睡眠を促す環境音を流すこともできるようになりました。

 

手首のスマートパートナーがあなたの健康を見守ります※1

睡眠モニタリングのほかにも、血中酸素モニタリング、心拍数モニタリング、ストレスモニタリング、生理周期トラッキングなど健康管理に役立つ機能を搭載しています。

HUAWEI Healthアプリは、Android 8.0以降、iOS 13.0以降に対応しており※6、総合的な健康モニタリングデータを一目で確認できます。

アプリ内の「トレンド」という項目から過去30日間や数週間における平均の歩数や運動量、活動カロリー、睡眠時間、安静時心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルなどを一目で確認できるようになりました。

[心拍数モニタリング]

HUAWEI TruSeen™ 5.5モニタリング技術により、スポーツ中など激しい動きの中でも、測定精度が増すなど進化しました。また、ワークアウト中に心拍数の範囲を確認できたり心拍数の上限のアラートを設定することも可能で、トレーニングをより効果的に行えます。

[血中酸素モニタリング]

血中酸素レベルを24時間※2モニタリングし、変化を記録します。血中酸素レベルが一定よりも下がった状態ではアラートを発する機能もあります。

[ストレスモニタリング]

HUAWEI TruRelax™ 技術に基づいたストレスモニタリング機能を搭載。呼吸トレーニングによりストレス軽減を行い、体調を整えることに役立ちます。座りっぱなしの状態が続くと、リマインダーでやさしくお知らせする機能も。

[生理周期トラッキング]

前モデルよりもより見やすい画面に進化しました。生理周期のカレンダーを簡単に管理できます。生理日が近づいてきたら、タイムリーにお知らせします。

[Health Clovers(リマインダー)機能]

自分に合った健康プランを選び、歩数や深呼吸などのタスクをこなし、クリアするたびに通知が届き、モチベーションの向上へとつながる機能を搭載。サプリなどのリマインダーとしても便利です。

[刷新された活動リング機能]

前モデルから、活動リング機能のアルゴリズムが刷新されました。消費カロリー、エクササイズ時間、スタンド数(1時間に少なくとも1分間立ち上がった時間の数)を記録し、毎日の生活をより健康的に送れるよう科学的に管理します。また、自分で設定する目標に基づいて、様々な活動リマインドを送ってくれます。

 

プロフェッショナルなスポーツモニタリング技術と100種類のワークアウトモード

11種類のプロワークアウトモードでは、ランニング、ウォーキング、プールなどに対応し、詳細なデータが取得できます。ウォーキングとランニングのワークアウトは、自動識別します。

特にプールでの水泳は、新開発の9軸センサーと画期的なアルゴリズムにより、さらに高精度に状態を識別できるようになり、心拍数、ストローク数やラップ数などをリアルタイムでモニタリングします。

スポーツモニタリングは独自のHUAWEI TruSportTM技術に基づいており、詳細かつ高精度なデータを採ることができます。

 

多様な文字盤で毎日を楽しく

個性豊かな文字盤を10000種類以上※7ご用意。AOD(Always On Display)文字盤の常時点灯機能を搭載しているので、時計と同じようにいつでも時間が確認できます。

AOD文字盤の種類も前モデルより増加しました。そのほかお気に入りの写真をスマートフォンから転送して待ち受けにすれば、いつも手元で気分を盛り上げてくれます。

また、よく使うアプリを自分でカスタマイズして1枚の画面にまとめることが可能です。例えば健康データを1枚にまとめることで、簡単に一覧を見ることができます。

 

日常生活をもっと便利に

着信やLINEやSMSメッセージの確認、クイック返信※8天気情報、音楽再生コントロール、遠くから写真撮影ができるリモートシャッター機能※9、アラーム(振動)、タイマーなど様々な便利機能をスマートウォッチから行うことができます。

また、通常使用※3では約14日間使えるので、出張や旅行の際も安心です。

充電速度も速く、約45分で充電が完了し、5分充電すれば2日間程度使えます※3。

※1:本製品は一般的なウェルネス・フィットネス目的の製品であり、医療機器として設計されたものではなく、病気などの診断、治療、予防の目的には使用できません。

※2:「24時間モニタリング」とは一定期間毎に計測を継続的に行うことを意味しています。

※3:データはファーウェイラボによります。製品の個体差、使用方法、環境によって異なる場合があります。通常使用とは、スマートウォッチをスマートフォンとペアリングし、心拍数モニタリングを有効化、毎週30分間ワークアウト、メッセージ通知を有効化(1日平均50メッセージ、電話6回、アラーム3回)、1日に200回画面点灯をした場合です。

※4:スマートウォッチのご利用には、連携可能なスマートフォン・タブレット等にHUAWEI Healthアプリのインストールを行うことが必要です。

※5:製品サイズ、製品重量、関連仕様は、製品個体により若干異なる場合があります。実際の製品に準拠します。

※6:HUAWEI Healthアプリ画面の見え方は、OSやバージョンによって異なります。

※7:HUAWEI Healthアプリの文字盤ストアから文字盤をダウンロードできます。一部の文字盤は有料です。

※8:クイック返信はAndroid 8.0 以降のデバイスのみ対応。

※9: リモー トシャッターはiOS 13.0 以降のデバイスのみ対応。

 

『HUAWEI Band 9』の主な仕様

製品の詳しい情報は

『HUAWEI Band 9』 製品ページ

https://consumer.huawei.com/jp/wearables/band9/

『HUAWEI Band 9』取り扱い店

下記の販売店などで販売します。

家電量販店(50音順):

■イオンリテール株式会社

■株式会社エディオン

■株式会社ケーズホールディングス

■上新電機株式会社

■株式会社ノジマ

■株式会社ビックカメラ

■株式会社ヤマダデンキ

■株式会社ヨドバシカメラ

ECサイト(50音順):

■アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)

■HUAWEI 公式サイト

■HUAWEI 公式Yahoo!店

■HUAWEI 公式楽天市場店

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示