検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. G-SHOCK初の心拍計、GPS機能搭載モデル! スマホ連携の通知機能も備えた「GBD-H1000」発売決定

G-SHOCK初の心拍計、GPS機能搭載モデル! スマホ連携の通知機能も備えた「GBD-H1000」発売決定

NEWS

2020.02.26

※(4月22日追記)新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、製品の発売予定が当初の記事に記載の4月24日→5月下旬に変更になりました。記事中の日程も修正しております。

ファッション性と機能性を兼ね備えたタフネスウォッチとして、幅広いファンを持つカシオのG-SHOCK。その新製品として、G-SHOCK初の心拍計・GPS機能搭載モデルとなる『GBD-H1000』が5月下旬に発売されます! スマートフォンの着信やSNSの通知機能まで搭載と、スマートウォッチのベーシックな機能を多く備えた大注目の本製品。その魅力をここでは紹介します。

GPS搭載で歩数・消費カロリー計測や、移動軌跡の地図表示も可能

『GBD-H1000』は、血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定できる「光学式センサー」、方位・気圧/高度・温度を計測する「トリプルセンサー」、歩数や移動距離を計測する「加速度センサー」等に加え、位置情報を取得するGPS機能を搭載。歩数や移動距離を計測してくれるだけでなく、連携した専用アプリ上では、消費カロリーや移動軌跡の地図表示も可能です。

スマートフォンへの着信やSNSの通知も受け取れる!

そして嬉しいのは、スマートウォッチのベーシックな機能である通知機能が搭載されていること。Bluetooth®接続しているスマートフォンの電話・メール・SNS着信を通知してくれて、メール等は文章も閲覧が可能です。GPS等を使用せず、歩数計測や通知機能に特化した「時刻モード」の場合はバッテリーは約12ヵ月持続と、日常使いでもバッチリなG-SHOCKです。

高度なデータ活用で、 ワークアウトをより効率的に

『GBD-H1000』は、ワークアウトをより効率的に行うための機能を複数搭載。最新のフィットネスデータ解析で定評のあるFIRSTBEAT社のアルゴリズムを使用し、精度の高いデータ分析によってトレーニング効果も最大化してくれます。主な機能は以下のようなものです。

●心拍計測/心拍ゾーン表示
現在の心拍数のほか、運動強度が5段階でわかる心拍ゾーンを表示。アクティビティ中のペース管理や、持久力アップなどのトレーニングに役立ちます。

●VO2max計測
心拍数や走行速度などの計測値から、体重1kgあたり1分間に体内に取り込むことのできる酸素の最大摂取量(ml/kg/min)を算出。心肺能力の基準として、ランニングなどの持久力強化の指標となります。

●スマートフォンの専用アプリケーション
トレーニングプランの作成から、トレーニング 履歴、成果の確認まで、アプリ上で簡単にトレーニングの管理が可能です。

ワークアウトに求められる強さをカタチに


またタフネスウォッチのG-SHOCKらしく、『GBD-H1000』は各種センサーを搭載しつつも20気圧防水を実現。複雑な凹凸形状でガラスやボタンへの直接衝撃を防ぐ耐衝撃構造も備えています。外装面では、高精細・高コントラストで見やすいMIP液晶、運動中にボタンを見ないでも操作がしやすいベゼル形状、滑り止めを施した大型ボタン、手の甲への干渉を配慮してカーブがかかったバックカバーやソフトウレタンバンドなどが特徴です。『GBD-H1000』のメーカー希望小売価格は55,000円(税込)。カラーは上写真のレッドほか、ブラック×ホワイト、オールブラック、ブラック×レッドの4種です。5月下旬の発売が待ち遠しいですね……!

●公式サイトの商品詳細はコチラ!
GBD-H1000 – 製品情報 – G-SHOCK – CASIO
https://g-shock.jp/products/g-squad/gbd-h1000/

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. ドンキで販売のスマートウォッチ新ブランド「Horloger」シリーズ誕生!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  10. ドンキの高級スマートウォッチ「Horloger」試用レビュー。血圧測定もできる!?

NEW CONTENTS

  1. 快適性と軽さ重視! 普段遣いにオススメのApple Watchバンド10選

  2. Apple Watchでボウリングの消費カロリーを計測してみた……が精度に疑問符

  3. Caseology、Sony Xperia 1 IV 用ケース「ヴォールト」を発売

  4. 大好評のAppleWatch用防水ケース「BARI GUARD 3」に新色ホワイト登場!!

  5. spigenがイタリアンレザー使用のプレミアムケース「エンツォ」販売開始

  6. サイにフィットネストラッカー装着で飼育法を改良へ! ディズニーの動物テーマパークの試み

  7. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  8. Apple Watchで「不規則な心拍」の通知→検査でも異常アリ! 「Apple Watchスゲー」の声

  9. Garminスマートウォッチ 現行主要モデル&選び方ガイド【2022年版 】

  10. Anker MagGoシリーズのマグネット式モバイルバッテリーに10000mAhの大容量モデルが登場!

TAG

タグをさらに表示