検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 【Twitterでプレゼントキャンペーン中】スマートウォッチ「GoBe2」は摂取カロリーまで計測できる!

【Twitterでプレゼントキャンペーン中】スマートウォッチ「GoBe2」は摂取カロリーまで計測できる!

NEWS

2020.03.09

2020年3月6日(金)~2020年3月25日(水)まで『スマートウォッチライフ』公式Twitterで実施中の、プレゼントキャンペーン第一弾。景品のGoBe2(ゴービーツー)は、なんと摂取カロリーまで計測できてしまう驚きのスマートウォッチです。この記事では、その特徴と魅力を紹介していきます!

プレゼント応募方法はこちら! 必要なのはアカウントのフォロー&リツイートのみです。
https://twitter.com/SmartWatchLife1/status/1235739984285462528

カロリー“摂取量”まで自動で計測できる超レアな時計


 一般的なスマートウォッチには、加速度センサー等で着用者の移動や運動を測定し、消費カロリーを計測してくれる機能が付いています。Gobe2のスゴいところは、なんと摂取カロリーまで計測してくれること。内蔵した6つのセンサーが皮膚を介し低周波信号を送り、細胞内のグルコース量を読み取ることで、自動的に摂取カロリー&消費カロリーを記録できるんです! 連携するスマートフォンのアプリのグラフ上では、食事から15分~20分程度で摂取カロリーが反映。さらに三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の摂取量まで分かってしまうという、本当に魔法のようなスマートウォッチです。
 なお上記の動画は、大食い動画で人気のYouTuber・木下ゆうかさんがGobe2を着用してチゲ鍋を食べまくった動画。しっかりと摂取カロリーが記録されているのが分かります!

睡眠や運動を記録するスマートウォッチの基本機能も◎


 「Gobe2」は歩数、心拍数、睡眠時間、体内の水分量、ストレスレベルも計測。加速度センサーなどによってランニング等のアクティビティーも記録してくれます。また睡眠時間とレム睡眠、ノンレム睡眠の状況も計測が可能。目覚まし機能では、セットした時間の30分以内で一番眠りが浅い時間に作動するため、目覚めもスッキリします!

摂取カロリーの結果、けっこう正確です


 摂取カロリーも計測できるスマートウォッチ……と聞くと、「でも正確な数値は出ないんじゃないの?」と思う方が大半でしょう。編集部でも過去に実験をしてみましたが、結果は「おおむね正確な数値が出る」というもの。200キロカロリーのカロリーメイトゼリーを摂取したところ、グラフ上では201キロカロリーとほぼドンピシャな数字が出たこともありますし、こってりしたラーメンなどを食べたときにはグラフはグーンと上昇しました。オフィシャルの情報では「100~800カロリーの食品について85%の精度で、自動的にカロリー摂取量を測定、記録できる」との説明で、概ねその程度の精度はあると考えてオーケーです!

摂取カロリーの可視化で、ダイエットを強力に後押し!


 飲食店やコンビニでメニュー・商品に記載されたカロリーを手入力したほうが、もちろん数字は正確でしょう。ですが、「腕につけているだけ」で摂取カロリーが記録できちゃう手軽さはGobe2のほうが圧倒的に上。ダイエットが成功しない人の大半はそもそも食べ過ぎで、「摂取カロリー>消費カロリー」の状態になっている……と言われていますが、Gobe2はその状態をわかりやすく可視化してくれるわけです!
 なおGobe2のアプリではダイエットのプランも選択可能。摂取&消費カロリーの記録とともに、あなたのダイエットを手助けしてくれるはずです!ご興味のある方は、プレゼント応募だけでなく、ぜひ購入も検討を!

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示