検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Fitbitの新作「Charge4」はGPS搭載、防水仕様でますます便利に!

Fitbitの新作「Charge4」はGPS搭載、防水仕様でますます便利に!

NEWS

2020.04.01

手頃なサイズとプライスで、最も人気が高い『Fitbit』である「Charge」シリーズに最新作「Charge4」が発表。GPSやSpotifyコントロールを導入した「Charge4」の発売は2020年4月14日、プライスは2万1980円(税込)、すでにウェブでは予約が開始されています。

GPSの搭載は「Charge」シリーズ最高の進化

「Charge」シリーズと言えば、シンプルでスタイリッシュなルックスかつ、小型で軽量ということもあり、毎日着けるアクティブトラッカーとしては最適の存在でした。その特徴は、最新作「Charge4」でもその魅力はそのままで、縦型の美しいフォルムは健在です。でも中身は驚くほどの進化を遂げました。
前作「Charge3」の不満点はなんと言ってもGPSが搭載されなかったこと。位置情報をとりたければ、リンクしたスマホを持ち歩かねばいけませんでした。近所にランニングやウォーキングに出るだけなのに、かさばるケータイをポケットに入れるのは正直なところ苦痛でした。でも、GPSを搭載している「Charge4」は大丈夫、時計だけ身につけてランニングに出かければいいんです。
GPSを搭載したことで、リアルタイムで歩行スピードと距離を追跡する新機能に加え、20種類以上のゴールベースのエクササイズモデルが利用できます。また、ハイキング、ランニングなどの屋外アクティビティのための新しい屋外ワークアウトモードを含め、GPSを使う7つのエクササイズモードを搭載。GPSベースのワークアウトを終えた後は、ケータイアプリ内のGPSベースのヒートマップ6と同期すれば、辿ったルートに沿って心拍数ゾーンごとのワークアウト強度を確認でき、さまざまな地形においてどのようなパフォーマンスを示したかが分かるんです。

新たにGPSを搭載したことにより、スマホアプリでマップと同期することにより、辿ったルートに沿って心拍数ゾーンごとのワークアウト強度を確認できる。

日常使いにますます便利になったモデルチェンジ

「Charge4」は最長7日のバッテリーライフを誇ります。これは毎日充電しなければならないスマウォが多い中、非常にうれしいポイント。使い勝手もよく、応答感度の高いタッチスクリーンやスマートな誘導ボタンは、前モデルを引き継いでいます。そして新作ではSPOTIFYコントロール機能も実装。腕元で音楽の出力、再生、シャッフル、およびスキップが可能になりました。また、50m防水なので、水泳のデータを計測できるほか、シャワーも着けたままでOKです。当然ながら、『Fitbit』がリードする睡眠分析機能をはじめ、SmartTrack®自動エクササイズトラッキング、カーディオフィットネスレベルとスコア、上った階数、1 時間ごとに表示される運動リマインダー、女性の健康トラッキング機能、食事、水、体重の記録機能も備え、健康管理に関する機能は全部入り。「Charge4」は毎日着けるアクティブトラッカーとして非常に魅力的な1本となりそうです。

シンプルなルックスは、トレーニングウエア以外にもマッチ、「Charge」シリーズの大きなストロングポイントとなっている
。「Charge 4」の価格は2万1980円(税込)で、ブラック、ローズウッド、およびストームブルー/ブラックを用意。「Charge 4 Special Edition」は25,990円(税込)で、専用のグラナイト/ブラックの織バンド、およびワークアウトやスポーティーなルックスのために容易に交換可能な従来のブラックバンドが付属している。

●Fitbit Charge 4公式サイト
https://www.fitbit.com/jp/charge4

【関連記事】
Fitbit スマートウォッチ 完全ブランドガイド【2021年版】

全モデル使って分かった! 健康No.1スマートウォッチ『Fitbit』おすすめランキング

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  2. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  3. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

  4. Garminから初心者向けフィットネスGPSウォッチ最新モデル『Venu Sq 2』『Venu Sq 2 Music』が新登場

  5. iPhone/AirPods/Apple Watchを3台同時充電! 3in1タイプのマグネット内蔵ワイヤレス充電器をエレコムが新発売

  6. Apple Watchは水泳練習の良きパートナーになれる。水泳で徹底使用レポート

  7. Amazfit、最新スマートバンド「Amazfit Band 7」を発表

  8. NOMADの薄型AppleWatchスポーツバンドから新色スノーホワイトが登場

  9. 買う前に読んで! Apple Watch Ultraを普段遣いした人への注意点6選

  10. あれ、Series 7とほぼ一緒!? Apple Watch Series8[速報]使用レビュー【動画あり】

TAG

タグをさらに表示