検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Fitbitの新作「Charge4」はGPS搭載、防水仕様でますます便利に!

Fitbitの新作「Charge4」はGPS搭載、防水仕様でますます便利に!

NEWS

2020.04.01

手頃なサイズとプライスで、最も人気が高い『Fitbit』である「Charge」シリーズに最新作「Charge4」が発表。GPSやSpotifyコントロールを導入した「Charge4」の発売は2020年4月14日、プライスは2万1980円(税込)、すでにウェブでは予約が開始されています。

GPSの搭載は「Charge」シリーズ最高の進化

「Charge」シリーズと言えば、シンプルでスタイリッシュなルックスかつ、小型で軽量ということもあり、毎日着けるアクティブトラッカーとしては最適の存在でした。その特徴は、最新作「Charge4」でもその魅力はそのままで、縦型の美しいフォルムは健在です。でも中身は驚くほどの進化を遂げました。
前作「Charge3」の不満点はなんと言ってもGPSが搭載されなかったこと。位置情報をとりたければ、リンクしたスマホを持ち歩かねばいけませんでした。近所にランニングやウォーキングに出るだけなのに、かさばるケータイをポケットに入れるのは正直なところ苦痛でした。でも、GPSを搭載している「Charge4」は大丈夫、時計だけ身につけてランニングに出かければいいんです。
GPSを搭載したことで、リアルタイムで歩行スピードと距離を追跡する新機能に加え、20種類以上のゴールベースのエクササイズモデルが利用できます。また、ハイキング、ランニングなどの屋外アクティビティのための新しい屋外ワークアウトモードを含め、GPSを使う7つのエクササイズモードを搭載。GPSベースのワークアウトを終えた後は、ケータイアプリ内のGPSベースのヒートマップ6と同期すれば、辿ったルートに沿って心拍数ゾーンごとのワークアウト強度を確認でき、さまざまな地形においてどのようなパフォーマンスを示したかが分かるんです。

新たにGPSを搭載したことにより、スマホアプリでマップと同期することにより、辿ったルートに沿って心拍数ゾーンごとのワークアウト強度を確認できる。

日常使いにますます便利になったモデルチェンジ

「Charge4」は最長7日のバッテリーライフを誇ります。これは毎日充電しなければならないスマウォが多い中、非常にうれしいポイント。使い勝手もよく、応答感度の高いタッチスクリーンやスマートな誘導ボタンは、前モデルを引き継いでいます。そして新作ではSPOTIFYコントロール機能も実装。腕元で音楽の出力、再生、シャッフル、およびスキップが可能になりました。また、50m防水なので、水泳のデータを計測できるほか、シャワーも着けたままでOKです。当然ながら、『Fitbit』がリードする睡眠分析機能をはじめ、SmartTrack®自動エクササイズトラッキング、カーディオフィットネスレベルとスコア、上った階数、1 時間ごとに表示される運動リマインダー、女性の健康トラッキング機能、食事、水、体重の記録機能も備え、健康管理に関する機能は全部入り。「Charge4」は毎日着けるアクティブトラッカーとして非常に魅力的な1本となりそうです。

シンプルなルックスは、トレーニングウエア以外にもマッチ、「Charge」シリーズの大きなストロングポイントとなっている
。「Charge 4」の価格は2万1980円(税込)で、ブラック、ローズウッド、およびストームブルー/ブラックを用意。「Charge 4 Special Edition」は25,990円(税込)で、専用のグラナイト/ブラックの織バンド、およびワークアウトやスポーティーなルックスのために容易に交換可能な従来のブラックバンドが付属している。

●Fitbit Charge 4公式サイト
https://www.fitbit.com/jp/charge4

【関連記事】
Fitbit スマートウォッチ 完全ブランドガイド【2021年版】

全モデル使って分かった! 健康No.1スマートウォッチ『Fitbit』おすすめランキング

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示