検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. Apple Watch を割引価格で買える「整備済製品」とは?

Apple Watch を割引価格で買える「整備済製品」とは?

REVIEW

2020.06.01

AppleWatch

Apple Store公式サイトでひっそりと販売され、ときには最新のApple Watchも15%オフなどの割引価格で購入できる「整備済製品」。整備済製品とは一体どんな商品なのでしょうか。そして、『Apple Watch』の整備済製品ははたして買いなのでしょうか?

『Apple』の整備済製品って何?

『Apple』製品の整備済製品とは、初期不良等で返品された製品を『Apple』自身が再整備し、定価より安く提供するもの。

厳密に言えば一度誰かの手に渡った中古なのですが、再整備済製品は初期の返品に限るため、使用感はゼロと考えても問題ありません。

『Apple』の公式サイトでも、整備済製品は再整備ののち新品と同じように扱われ、全項目で徹底した検査を行った「新品同様」品と明記しています。『Apple』製品は、定価販売が基本。「新品同様」なのに定価よりも最大15%も安く買えるのは、非常にお得と言えます。

保証も新品同様の扱い

この整備済製品、保証も1年つきますし、Appleケアに入り保証を延長することもできます。まさに「新品」の扱いなのです。実際著者もこの保証にお世話になった経験があります。

10数年前、整備品で購入したポリカーボネイト時代の「MacBook」が半年で起動しなくなり、「Apple Store」に持ち込んだところ、当然のように無料で修理してくれました。

整備リストにはロジックボードの交換に加え、まったく異常を感じていなかったDVDドライブも交換したと明記されていました。検査でエラーでも出たのでしょうか。これが『Apple』の神対応かと感動した記憶があります。

さらにこの整備済「MacBook」、保証が切れたあと、何度かキートップを壊してしまいましたが、その度に無料で交換してもらっています。整備品だからといって『Apple』の中で差別意識はまったくないようです。MacBook
上の写真が保証で無料修理した整備品の「MacBook」。「Apple Store」でキートップも何度か無償交換してもらいました。最後の交換となった時は、黒の「enter」キーの在庫がなく、「白でよければ・・・」と申し訳なさそうにしていたスタッフの顔が今も忘れられません。こちらこそ、アルミMac全盛時代に古いポリカMacを持ち込んですみませんでした。

整備品「Apple Watch」は買いなのか

さて、いよいよ整備品の提供が始まった「Apple Watch」ですが、買いかと言われれば、絶対に「買い」です。

おそらく、6月22日の世界開発者会議(WWDC 2020)にて、新しい「Apple Watch 6」と新しい「WatchOS」が発表になるはず。しかし、「Apple Watch 6」は、健康に関する機能をアップさせたマイナーチェンジと予想されるため、「Apple Watch 5」をこの時期に買っても、多くの人は後悔はしないはずです。

しかも、定価より15%も安く買えたとなればなおさらです。

毎日チェックしていれば意外と買える


今回、アルミニウム、ステンレス等、売れ筋の「Apple Watch 5」の整備品が登場しましたが、現在、すべてが売り切れの状態です。

この整備品、とにかくお得で狙っている人が多いため、今後もすぐに売り切れとなる可能性が高いと見込まれます。

とは言え、あきらめる必要はありません。整備品はかなりの頻度で追加されるため、毎日3度ほど時間をずらしてチェックすれば、意外とあっさり購入できてしまうこともあるのです。

でも、買いたいモデルをあらかじめ決めておくのは重要です。運良く在庫が復活した時に当たっても、吟味しているうちに売り切れになる場合があるからです。

『Apple』の整備済製品購入ページは、公式ホームページの目立たないところにあるため、あまり一般には知られていませんが、ヘビーな『Apple』ファンにはよく利用されています。この機会に最新の「Apple Watch」を体験してみるのはいかがでしょうか。

Apple
「整備済製品購入ページ」は『Apple』公式サイトのトップページを一番下までスクロールしたところにひっそりと存在します(上写真の赤枠部)。

Apple Store「AppleWatch」整備済製品購入ページ

https://www.apple.com/jp/shop/refurbished/watch

 

【関連記事】

Apple Watch Series 5は2万9800円~! 『ビックロ ビックカメラ新宿東口店』でApple Watchの旧モデルがセール中(5月16日時点)

Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. ケース不要派も大満足! 重さ6gの超極薄iPhoneケース「フロストエア」、付けても見た目はiPhoneそのままの美しさ

  4. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  5. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  6. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  7. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  8. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 2021年10月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

NEW CONTENTS

  1. 3000円台とコスパ抜群! ペットカメラ「Tapo C200」使用レビュー

  2. 第2回蔦屋家電+ 大賞にMEMSスピーカー搭載「Faunaオーディオグラス」が入賞

  3. 「BE@RBRICK×CASETiFY」のiPhoneケースやテックアクセサリーが発売。コレクター必見の創立10周年モデル!

  4. 「第2回 蔦屋家電+ 大賞」でトップ10に入賞! キャッシュレス時代のiPhoneケース「Wrapup」に注目

  5. iPhoneケースで人気のROOT、多機能ネック/ショルダーストラップ「UTILITY WEBBING」に新色を登場

  6. Uberの撤退から読み解く、Apple Watchアプリの難点とは?

  7. Xiaomiスマートウォッチが格安で買えるサイトを発見! オススメ3モデルを紹介

  8. Amazonが日本初となる入国者向けロッカーを羽田空港に設置。隔離要請者もAmazonで注文した商品を受取可能に

  9. iPhone 13の超広角カメラで猫を撮ってみた。接写でも全身が写りダイナミックな写真が撮れる!

  10. GOLDEN CONCEPTのポップアップストアが「大丸心斎橋店 本館1階」にオープン。世界最速でApple Watch Series 7対応ケースの先行販売mo

TAG

タグをさらに表示