検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 「Visaのタッチ決済」使用開始までの手順を解説!Fitbitでキャッシュレス決済が可能に

「Visaのタッチ決済」使用開始までの手順を解説!Fitbitでキャッシュレス決済が可能に

NEWS

2020.12.09

Fitbitのスマートウォッチやトラッカーを端末にタッチするだけで決済が可能なサービスで、世界中の42を超える国・地域で使われているFitbit Pay。

日本でも2020年7月から対応が開始しており、Visaのタッチ決済対応店舗での使用が可能となっています。

そこで今回の記事では、Fitbitのキャッシュレス決済の使用開始までの手順を説明します。

①ソニー銀行のVisaデビットカードを作る


まず最初のハードルが一番高いのですが、日本でFitbitのキャッシュレス決済(Visaのタッチ決済)を行うには、提携している銀行のVisaデビットカードが必要。

2020年12月3日現在、Fitbitが対応しているのは「ソニー銀行」のみです。ソニー銀行のVisaデビットカードを持っていない人は、口座開設とカードの発行を行いましょう。

なお上記動画の解説にもあるように、口座開設とカードの発行は1週間程度で終えられます。申し込みさえしてしまえば、そこまで手間はかかりません! 詳細と申込みは下記からどうぞ。

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)|MONEYKit – ソニー銀行
https://moneykit.net/visitor/sbw/

②スマートフォンの「Fitbit」アプリで設定を開始

カードの作成を終えたら、スマートフォンの「Fitbit」アプリで設定を開始します。アプリを開いた後、ペアリングしているスマートウォッチを選ぶと「ウォレット」の項目があります。ここからVisaデビットカードとの連携が可能です。今回は最新機種のFitbit Senseで設定してみます。

③PINコードの設定

まずFitbitのキャッシュレス決済では、支払いを行う際にPINコードの入力が必要。仮にスマートウォッチを紛失してしまっても、このPINコードがあるので他人に勝手に決済をされてしまう心配がない……というわけです。

④Visaデビットカードを追加

カード番号と有効期限、セキュリティコードを入力します。そして利用規約に同意。特に難しいことはありません。

 

⑤設定完了!

これでもう設定は完了!非常に簡単ですね。

決済方法は非常に簡単


そして決済方法も非常に簡単。Fitbit Senseの場合は、サイドボタンを2回続けてタップすると、上の写真のようなウォレットの画像が表示されるので、それで決済端末にタッチするだけ。店員さんには「Visaのタッチ決済で!」と伝えましょう。

コンビニではセブンイレブンやローソンで使用が可能!


現在、Visaのタッチ決済はコンビニだとセブン-イレブンやローソン、ミニストップなどで使用可能。そのほかスーパーのイオンや、カフェのタリーズコーヒー、ドトール、ファーストフードのマクドナルドなど、このVisaのタッチ決済が使えるお店は想像以上に多いです。ちなみに上の画像は「すき家」で実際に決済をしてみたときのものです。

対応店舗の一覧は下記からご確認ください。国内における対応店舗は急速に普及拡大しているので、今後はより便利に使えるようになりそうです!

Visaのタッチ決済
https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/featured-technologies/contactless.html

雑誌版の記事でも使用レポートを掲載中!

12月7日発売の日本初のスマートウォッチ専門誌『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)でもFitbitのスマートウォッチを使用したキャッシュレス決済の記事を掲載中。記事の中にはApple Pay等との比較も行っています。興味のある方はぜひご覧ください!

【関連記事】
スマートウォッチのキャッシュレス決済はコロナ対策にも役立つ!「新しい生活様式」で厚労省も電子決済を推奨

Suica・iD・QUICPay 色々あるけど何が違う?スマートウォッチのキャッシュレスのギモン、全部答えます

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示