検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. Suica・iD・QUICPay 色々あるけど何が違う?スマートウォッチのキャッシュレスのギモン、全部答えます

Suica・iD・QUICPay 色々あるけど何が違う?スマートウォッチのキャッシュレスのギモン、全部答えます

REVIEW

2021.03.01

色々ありすぎてわからないスマートウォッチで使えるキャッシュレス

Suica・iD・QUICPay など、とにかくたくさんのブランドが踊るキャシュレス決済。多すぎてわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はスマートウォッチで使えるキャッシュレス決済ブランドを整理していきます。

詳細を説明する前に、大枠を整理しておきましょう。まずはキャッシュレス決済には2つの決済方法があることを押さえておくことが重要です。それは①タッチ決済と②QRコード決済。

①はデバイスを読み取り機器にかざすことで決済が完了します。②はQRコードをデバイスに表示し、お店側に読み取ってもらうもの。事前にチャージするプリペイドでお店側の読み取り機器の負担も少ないため、個人店舗等でも導入が進み、ここ数年で一番対応店舗が増えた決済方法と言ってもいいでしょう。

さて、この②のQRコード決済はApple WatchでPayPayが使えるのみなので理解しやすいのですが、問題は①のタッチ決済。①は、A.鉄道系 B.クレジットカード系と大きく2つに分けることができ、さらにB.クレジットカード系は「iD」「QUICPay」「Visaのタッチ決済」の3つに分けられ、対応店舗を競い合っているのです。以上の大枠を頭に入れたら、いよいよ各ブランドの詳細に進んでいきましょう。

決済方法①タッチ決済


いわゆるタッチ決済と言われる支払い方法は、かざすだけで通信できる通信規格「NFC」を使用したもの。スマートウォッチやスマホでも使用が可能な交通系ICカード(SuicaやPASMO)や電子マネー(iD、QUICPay、Edyなど)はこのタイプ。

■A.交通系電子マネーSuica、PASMO 

日本の電子マネーの代名詞と言えるのが、JR東日本の発行する「Suica」や、関東を中心とした鉄道・バス事業者が手掛ける「PASMO」などのICカード乗車券の電子マネー。事前にチャージが必要なプリペイド式です。両者を含む交通系電子マネーが利用できる加盟店数は94万件。鉄道から大手コンビニ、飲食店まで幅広いお店で使えるのが魅力といえます。またQRコード決済のような画面操作も不要で、決済方法はタッチするだけ。会計のスピーディさも魅力です。
スマートウォッチではApple WatchとGarmin、ソニーのwenaがSuicaに対応。PASMOについても2020年10月からApple Payへの対応を開始し、Apple Watchでの使用が可能になりました。

■B.クレジットカード系電子マネー
クレジットカードと連携した電子マネー各種も、スマートウォッチでは使用可能。主要な電子マネー3種を紹介しましょう。
●iD
NTTドコモが運営する電子決済プラットフォーム。Apple Watchで使用が可能で、iDに対応したクレジットカードを取り込むと、すぐに使用が可能になります。大手コンビニや自動販売機など幅広い場所で使用が可能で、チャージ不要の後払い式を選べるのも手軽でうれしいですね。Apple Watch以外のスマートウォッチではソニーのwenaもiDに対応しています。
●QUICPay
170社以上のクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードに対応した電子マネー。こちらもApple Watchとソニーのwenaが対応しており、対応カードを取り込むと使用が可能になります。コンビニやレストラン、タクシーやレジャーなど、全国121万ヵ所以上の場所で利用が可能で、iDと同様に使用可能な場所の多さが魅力のひとつです。
●Visaのタッチ決済
Visaカードの加盟店で、タッチ決済の対応マークがある店舗で利用が可能。Garmin、Fitbitの一部スマートウォッチがこの決済方式に対応しています。iDやQUICPayと比較すると使用可能な店舗は少なめですが、大手コンビニのセブン‐イレブン、ローソン、ミニストップのほか、飲食店やデパート等で対応する店舗も増えています。

決済方法② QRコード決済


PayPayの100億円還元キャンペーンで一気に注目度が高まった決済方式。スマホのアプリでQRコードやバーコードを提示して決済する方法が主流です。PayPayのほかLINE Pay、メルペイ、楽天ペイなど大手各社がサービスを展開しています。
●PayPay
QRコード決済の代名詞的存在で、Apple Watchで使用可能(スキャン決済は未対応)。加盟店数は260万カ所超と圧倒的な数で、大手コンビニ、スーパー、飲食チェーン店の多くで使用が可能なほか、個人経営の飲食店や美容院などでも使える店舗が目立つのが特徴。「Suicaは使えないけどPayPayは使える」という店も多いので、入れておいて損はありません。

●関連記事
○○Payって何?どこが便利?スマートウォッチのキャッシュレス機能を一から解説する

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 【2021年春夏 最新版】

  3. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド15選【2021 最新版】

  4. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  5. Instagramでブームの兆候のApple Watchのクリアバンドが凄くオシャレ! 着用者のインスタ投稿とおすすめ商品を紹介

  6. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  7. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  8. Apple Watchのタフケース20選。アウトドアやキャンプで大活躍!【2021年 最新版】

  9. Apple Watchのおすすめスポーツバンド15選【2021年春夏版】安くてオシャレな製品が多数!

  10. 夏らしいカラーで腕元を爽やかに! この夏にオススメのApple Watchバンドのベスト11を紹介。1本333円のモデルも!!

NEW CONTENTS

  1. iPod風、iMac風にゲームボーイ風も! レトロで超カワイイApple Watchの充電スタンド

  2. 指向性スピーカー搭載!HUAWEIの最先端テクノロジーとハイエンドファッションを融合させたスマートグラスが登場

  3. はじめてならこれ!『Garmin』軽量コンパクト&安価なランニング用スマートウォッチ「ForeAthlete 55」発表!

  4. SKAGENの最新ハイブリッドスマートウォッチが当たる!SKAGEN×SWLプレゼントキャンペーン開始!

  5. Instagramでブームの兆候のApple Watchのクリアバンドが凄くオシャレ! 着用者のインスタ投稿とおすすめ商品を紹介

  6. 運動量やストレスでも数値が変化! スマートウォッチで「安静時心拍数」を計測すれば、心身の健康状態が見えてくる

  7. 夏らしいカラーで腕元を爽やかに! この夏にオススメのApple Watchバンドのベスト11を紹介。1本333円のモデルも!!

  8. Appleが市場シェア1/3を達成! Wear OSは大苦戦もSamsungと統合で巻き返し? スマートウォッチ世界市場の最新レポート

  9. スマートウォッチのキャッシュレス決済はコロナ対策にも役立つ!「新しい生活様式」で厚労省も電子決済を推奨

  10. 東京ヤクルトスワローズが「Fitbit Day」を本日開催。スティックバルーンやフライヤーの配布(クーポン付き)も

TAG

タグをさらに表示