検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 『CITIZEN』スマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2021年版】

『CITIZEN』スマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2021年版】

NEWS

2021.03.02

日本で今手に入るスマートウォッチブランドの全モデルを紹介していく本企画。今回は『CITIZEN(シチズン)』を紹介します。

『CITIZEN(シチズン)』とは

数々の世界初を成し遂げた日本の名門
1918年に創業し130カ国以上でビジネスを展開手掛ける日本が誇る時計界の巨人『CITIZEN』。高い技術力で時計の歴史に名を刻んでおり、世界に先駆けて光発電技術「エコ・ドライブ」を開発したりと、”世界初”の発明は数しれず。老舗にも関わらず、そのイノベーティブな姿勢は不変です。

Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)


腕時計の機能を自分好みに拡張できるスマートウォッチ
発売前にクラウドファンディング「GREEN FUNDING」に出品。IoTプラットフォームサービス「Riiiver」と連携し、好きな機能を設定できるという斬新な機能性、そしてデザイン力の高さから、1億円以上もの資金調達した新感覚ウォッチ。

搭載スペック

※下記の搭載スペックは編集部調べのデータになります

各機能の詳細や、どの機能を重視すべきかについては、下記の関連記事をご一読ください。

【関連記事】スマートウォッチの20の主要機能を徹底解説。自分に最適なモデルを探す商品選びの基準に!

BZ7015-03E

Amazonで詳細を見る
プログラムインストールして思い思いの機能を実装
腕時計のボタンをトリガーにして、メールを送ったり野球の結果をみたりといろいろなアクションが行えるアイデア時計。「Piece」と呼ばれるプログラムは、Iotプラットフォーム「Riiiver」を通じて自由に公開できるほか、他の人が公開した無数のプログラムから気に入ったものを自分の時計にセットできます。加速度センサー搭載で歩数や消費カロリーも計測可能です。エコ・ドライブ光発電対応で充電も不要。ケース径44.3mm。5気圧防水。

BZ7016-01X

Amazonで詳細を見る

BZ7014-06L

Amazonで詳細を見る

BZ7005-74E

Amazonで詳細を見る
2019年秋に発売された最初の「Eco-Drive Riiiver」は、幾何学的な造形にメッシュストラップをまとったモダンなデザイン。

BZ7007-61E

BZ7000-60L

Amazonで詳細を見る

BZ7005-74X

Amazonで詳細を見る

BZ7007-01E
2020年1月に発売されたシリコンストラップバージョン。スポーティでエネルギッシュな印象をプラスしました。

Amazonで詳細を見る

BZ7005-07F

Amazonで詳細を見る

BZ7005-07E

Amazonで詳細を見る

関連記事

ビジネスシーンにオススメのスマートウォッチ13選&その活用法を紹介!

見た目はアナログ時計のハイブリッドスマートウォッチ7選!!

「だったらApple Watch買うよね」という顧客の声にどう向き合うか――多機能・低価格なスマートウォッチに侵食される時計業界の現状を現役販売員が解説

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示