検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. スマートウォッチの先端健康機能がすごい!時計があなたの専属コーチに

スマートウォッチの先端健康機能がすごい!時計があなたの専属コーチに

NEWS

2021.03.04

健康のためにエクササイズを習慣とする人が増えてきました。ほとんどのスマートウォッチは、さまざまなエクササイズに対応しており、運動ログをスマートフォンに残すことが可能です。ただ一部のモデルでは、その先を行く先進的な取り組みを行っているブランドがあります。ここではエクササイズにさらなるクオリティを求める人に向けた機能をご紹介します。

スマートウォッチがコーチになる Apple、Garmin、Fitbitの先進的な取り組み

今、トレンドとなりつつあるのが、映像と音声によるバーチャルコーチ。とくに『Fitbit』は文字盤に動くバーチャルコーチを登場させた先達と言える存在。スマートウォッチが映像と振動でやさしくリードしてくれます。

最近人気が高まっている『Garmin』はさまざまなワークアウト動画を用意。アプリから視聴することができ、もちろんエクササイズ時の心拍を始めとするデータをモニタリング、自動で記録してくれます。

そして、2020年9月に発表されたのが、「Apple Fitness +」。ヨガや自転車など、10種類のワークアウトを揃えるサブスクリプションで、Apple TVなどのAppleデバイスで動画を再生すると、自動的にApple Watchのワークアウトが起動します。また、「Apple Fitness +」では、「Time to Walk」と呼ばれる、ウォーキング時に聴くためのコンテンツも配信中です。まずはアメリカやカナダ、イギリスなど、英語圏を中心にスタートしており日本での展開も非常に楽しみです。

Apple Fitness +

英語圏でサービスを開始した「Apple Fitness+」。Apple Watchのデータを取り込んで、iPhone、iPad、Apple TVの画面でユーザーが現在のデータを確認できるようになります。

こちらは「Time to Walk」画面で、ミュージシャンのショーン・メンデスがパーソナリティを務めるウォーキング用のコンテンツ。

Fitbit コーチ

人気の「Fitbitコーチ」は、時計の文字盤の中でインストラクターが躍動。それに合わせユーザーがエクササイズを行えるというもので、まさにパーソナルコーチを雇った感覚に。

GARMIN ワークアウト

『Garmin』はさまざまな種類のエクササイズ動画を用意。アプリで難易度ごとに視聴することが可能です。

運動のペースはすべてスマートウォッチにおまかせ

ユーザーの傾向を分析し、スマートウォッチがエクササイズのプランを考える時代が到来しています。例えば、「SUUNTO3」の「アダプティブトレーニングガイド」。この機能は、ユーザーのフィットネスレベルと過去の履歴から一週間のトレーニングプランを自動で作成してくれます。やりすぎた場合や逆にトレーニングを消化できなかった場合にも、臨機応変にプランを再調整してくれます。「Garmin」のPACE PROは初心者向けではありませんが、マラソンなどのレースで、目標のタイムに対しペース配分を事前に決めておき、レース本番ではペースメーカーとなってくれるランナーにとって心強い機能です。

「SUUNTO3」の「アダプティブトレーニングガイド」画面がこちら。前日きついトレーニングをこなすと、このように次の日は優しめのメニューにプランが変更。まるで、本物の人間に指導されているかのような感覚です。


「Garmin」のPACE PRO。目標タイムとコースを設定すると、高低差を含めてペース配分を自動で計算してくれます。前半に速いペースで走るのか、それとも後半に速いペースで走るかは、スライダーで直感的に調整可能です。レースでは計画したペースと現在のペースを比較し、その差をランナーに知らせます。

健康分野で進むスマートウォッチのイノベーション。モチベーションを保ちながら効率的にエクササイズをしたい人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

●関連記事
健康やダイエットに!スマートウォッチを使うとエクササイズが10倍効率的になる理由
Apple Watchに入れると便利な健康アプリ6選
Wear OSスマートウォッチで便利な健康アプリ6選

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  2. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  5. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  6. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  7. 歴代Pixel WatchやFitbit製品が大幅値引き!Googleストアのサマーセールで

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. スマートウォッチ利用者は旅行・テレワーク・ボランティア活動に積極的!? 意外な調査結果があrキラ化に

  10. スマートウォッチ所有率は2割弱。若い世代の所有が伸長(NTTドコモ モバイル社会研究所の調査)

NEW CONTENTS

  1. 歴代Pixel WatchやFitbit製品が大幅値引き!Googleストアのサマーセールで

  2. 価格は約90万円!ウブロの世界限定100本のスマートウォッチ「ビッグ・バン e Gen3 UEFA EURO 2024™」に注目

  3. スマートウォッチ利用者は旅行・テレワーク・ボランティア活動に積極的!? 意外な調査結果があrキラ化に

  4. スマートウォッチ所有率は2割弱。若い世代の所有が伸長(NTTドコモ モバイル社会研究所の調査)

  5. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  6. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  7. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  8. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  9. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  10. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

TAG

タグをさらに表示