検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. LEVIS×Googleのスマートジャケットに象徴される「スマートウェア」。世界市場は2027年まで26.2%の年平均成長率で成長か

LEVIS×Googleのスマートジャケットに象徴される「スマートウェア」。世界市場は2027年まで26.2%の年平均成長率で成長か

NEWS

2021.03.24

着るだけで心拍数を計測できたり、熱中症などの体調不良を予測をできたり、スマホの遠隔操作が可能だったりと、さまざまな機能を持つ製品が存在する衣服型デバイス「スマートウェア」。健康管理機能に優れた製品や、ファッションとテクノロジーの融合した製品は近年注目を集めていますが、その市場は今後さらに拡大する見込みとのこと。本稿ではReport Ocean社が発表した市場予測をもとに、その変化を読み解きます。

LEVIS×Googleのスマートジャケットも注目を浴びる

Levi’s® Trucker Jacket with Jacquard™ by Google

近年のスマートウェアの分野では、世界的な企業が画期的な新製品を次々と発表してきました。

たとえばGoogleのJacquard™テクノロジーを搭載したLevi’s® のスマートジャケット。日本では「Levi’s® Trucker Jacket with Jacquard™ by Google」が2019年に初展開されています。この製品は、リーバイス®の定番・トラッカージャケットの左袖に、Googleが開発した導電性の繊維を組み込んだもの。ジャケットをスマートフォンとペアリングすると、左袖を触っていくつかの簡単な動作をすることで「音楽の再生」「目的地へのナビゲーション」「電話の応答」「メッセージ機能」といったスマートフォンの様々な機能をコントロールできることが話題を呼びました。

また心拍計測や運動関連の機能に優れたスマートウォッチでおなじみのPolarも、心拍計を後ろ襟に装着するインナーウェア「Polar Team Pro Shirt」を2017年に発表。なおスポーツ選手の選手のパフォーマンス管理システム「Polar Team Pro」は、チームの選手ひとりひとりの心拍数や速度、加速度、移動距離などを計測でき、計測データは200mの範囲内にいる監督やコーチの持つiPadでリアルタイムに確認が可能。世界の多くのプロサッカーチームやナショナルチームで採用をされています。

2019年の世界のスマートウエア市場は約16億米ドル

このように近年の世界的企業は、ファッションの観点からもスポーツの観点からも、多種多様なスマートウェアの開発に力を入れはじめています。現在はウェアラブルデバイスの代表格はスマートウォッチですが、今後はスマートウェアがその主役に躍り出ることもあるでしょう。

Report Ocean社が発表したレポートによると、2019年の世界のスマートウエア市場は約16億米ドルという評価。2020年から2027年の期間は26.2%の年平均成長率での成長すると予想されています。今後もLEVIS×Googleに限らず、世界的な企業が驚きの新製品をリリースすることがありそうです。

【関連記事】

ついに「着るクーラー」が登場!! ソニーのウェアラブルデバイス「REON POCKET」が2020年7⽉1⽇から⼀般発売

ランニング&マルチスポーツモデルの最高峰! Polarの新世代フラッグシップモデル「Polar Vantage V2」登場

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  10. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

NEW CONTENTS

  1. 「Ouraリング」を実店舗で購入!ソフトバンクショップで「Oura Ring Gen3 Horizon」を発売開始

  2. CASETiFYとWILDSIDE YOHJI YAMAMOTOとの初コラボレートアイテムとしてApple Watchバンドなどが登場

  3. ミラノ発レザーブランド「BONAVENTURA」から使い心地を追求したApple Watchレザーバンドが登場。Apple Watchをワンランク上のラグジュアリーアイテムに。

  4. Apple Watch Ultraにも対応した表面硬度9Hの強化ガラス採用保護ケースがオウルテックより発売

  5. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  6. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  7. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  8. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  9. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  10. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

TAG

タグをさらに表示