検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. G-SHOCKにスマートウォッチがついに登場! G-SQUAD PROを紹介

G-SHOCKにスマートウォッチがついに登場! G-SQUAD PROを紹介

NEWS

2021.04.01

G-SHOCK

待ちに待ったG-SHOCK初のWear OS搭載スマートウオッチは「G-SQUAD」から!

精密機器たるスマートウォッチをアウトドアに持ち出すのはやや気が引けるもの。G-SHOCKにスマートウォッチがあればと、何度思ったことでしょう。ようやくその夢が叶いました。

『CASIO』は、『G-SHOCK』初のWear OS by Google搭載スマートウオッチとして、『G-SHOCK』のスポーツライン“G-SQUAD”からマルチスポーツ対応の『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」を5月15日に発売します。
G-SHOCK

スマートウォッチで驚きの20気圧防水!G-SHOCKならではのタフさは健在!!

今回登場する『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」は、もちろんG-SHOCKならではの耐衝撃構造を備え、防水性もなんと20気圧防水とスマートウォッチとしては圧倒的なタフさを誇ります。
さらに、GPSや光学式心拍センサー、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーなどを搭載することで、ランニングなどの日々のワークアウトから、サーフィン、スノボといったエクストリームスポーツまで、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応します。

G-SHOCKこのサイドビューの”ゴツさ”はまさにG-SHOCKのタフさを象徴するもの。20気圧(約200m)防水に耐える厚みのあるガラスを採用しながらタッチ操作にも対応。さらに裏蓋には耐食性に優れたチタンを使用し、チタンカーバイト処理を施すことで耐摩耗性を高めています。

 

G-SHOCKマルチスポーツ対応が本モデルのトピックのひとつ。上写真は「ランニング」画面のもの。

 

G-SHOCKこちらは「ロードバイク」画面で、スピードをフィーチャーした配置になっています。

 

 

二層構造ディスプレイでバッテリーをコントロール

『CASIO』のプロ用登山スマートウォッチ「PRO TREK Smart」でも採用された「二層構造ディスプレイ」も本機の特徴です。この「二層構造ディスプレイ」は、時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを表示するリッチなカラー液晶を重ねたもの。用途によって表示するディスプレイを分けることで、最大1ヶ月のバッテリーライフを実現しています。

画面表示も数百通りのカスタマイズが可能。『CASIO』のオリジナルアプリにクイックアクセスできる専用メニュー「CASIO’s APPS」もあり、このメニューからアプリアイコンをスワイプで直感的に操作することも可能です。

G-SHOCK二層構造ディスプレイを採用。用途によって、モノクロ液晶とカラー液晶ディスプレイを自動で切り替えることによって、ロングバッテリーライフを実現しています。

 

G-SHOCK表示する情報は上中下の3段で数百通りにもカスタマイズ可能。またアナログ時計表示も可能です。

『G−SHOCK』「G-SQUAD」は連携機能がスゴイ!

スマートウォッチの強みといえば多彩な他アプリとの連携。スマートフォンの専用アプリ「G-SHOCK MOVE」と連携し同アプリでデータを管理すると、アクティビティの履歴や分析、進捗確認など、様々なログをアプリ上で簡単に閲覧・管理できます。

また、アシックスと共同開発したモーションセンサー「CMT-S20R-AS」(別売)とも連携可能です。このモーションセンサーと連携することによって、ランニング時のフォームチェックを行うことができ、さらに走行中もモーションセンサーで解析したランニング指標を手元でリアルタイムに表示できます。

G-SHOCK専用アプリ「G-SHOCK MOVE」の新機能「センサーオーバーレイ」。アクティビティ計測中に撮影した動画・静止画と計測情報を重ねたビジュアルを作成しSNSでシェアすること可能です。

G-SHOCKモーションセンサー「CMT-S20R-AS」(別売)と連携し、専用アプリ「Runmetrix」(Wear OS by Google用アプリ「Runmetrix」は、2021年6月提供開始予定)と同期すれば、ランニングフォームの分析ができトレーニングの質を高めるのに役立ちます。

G−SHOCKでスマート機能が使えるのは最高にうれしい!

『G-SHOCK』で初となるWear OSを搭載した『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」。もちろん、手元でスマホの通知を受けたり、音声アシスタント「Googleアシスタント」を使って操作したり、Gmailの返信をしたりと、Wear OSのスマート機能を使うことが可能。また、無数のサードパーティ製アプリをダウンロードすることで、機能の拡張もできます。
G-SHOCKのように丈夫でガンガン使えるスマートウォッチがほしい、というのはスマートウォッチユーザーなら誰もが一度は思うこと。ついに実現したG-SHOCK版スマートウォッチ、今季最大の話題作と言っても過言ではありません。

主なアクティビティと対応機能

●サーフィン・セーリング・カヤック
距離・速度・タイム
潮汐グラフ
消費カロリー
地図・移動軌跡
など

●ランニング・トレイルランニング
距離・速度・タイム・ペース
心拍・心拍ゾーン・消費カロリー
地図・移動軌跡
など

●屋内ワークアウト
セット数・回数・重量
活動時間
心拍・消費カロリー
など

●ロードバイク・サイクリング
距離・速度・タイム・ペース
高度・道路勾配
心拍・消費カロリー
地図・移動軌跡
など

製品概要

・型番
GSW-H1000-1 ブラック×ブルー
G-SHOCK
GSW-H1000-1A ブラック

GSW-H1000-1A4 レッド
G-SHOCK
・価格:8万8000円(税込)
・発売日:5月15日
・防水:20気圧防水
・サイズ:約65.6×56.3×19.5mm
・重さ:約 103g(バンド含む)
・ディスプレイ:1.2インチ、2層液晶、カラーTFT液晶(360×360ピクセル)+モノクロ液晶
・GPS:搭載(GPS、GLONASS、みちびき対応)
・センサー:光学式(心拍計)、磁気(方位)、圧力(高度/気圧)、加速度、ジャイロ
・バッテリー持続時間:通常使用(カラー表示)約1.5日 時計とセンサーのみ(タイムピースモード)約1ヶ月 ※使用環境によって変動
・マイク:搭載

●公式サイト
『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」

●問い合わせ
カシオ計算機 お客様相談室 TEL.03-5334-4869(時計専用)

●関連記事

G-SHOCKなのに薄い!「G-STEEL」シリーズ最薄のスタイリッシュモデルが登場

カシオとアシックス ランナー向けコーチングサービス『Runmetrix』を提供開始!モーションセンサーは3月4日発売

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. ケース不要派も大満足! 重さ6gの超極薄iPhoneケース「フロストエア」、付けても見た目はiPhoneそのままの美しさ

  4. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  5. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  6. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  7. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  8. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  9. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  10. 2021年10月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

NEW CONTENTS

  1. なんとChargeSPOT使い放題!「ChargeSPOTアンバサダー」大募集

  2. 持ち運びに便利なApple Watch充電器10選 【2022年最新版】

  3. 【二子玉川 蔦屋家電】第2回「蔦屋家電+ 大賞」を発表。Romi(株式会社ミクシィ)がグランプリに

  4. 3000円台とコスパ抜群! ペットカメラ「Tapo C200」使用レビュー

  5. 第2回蔦屋家電+ 大賞にMEMSスピーカー搭載「Faunaオーディオグラス」が入賞

  6. 「BE@RBRICK×CASETiFY」のiPhoneケースやテックアクセサリーが発売。コレクター必見の創立10周年モデル!

  7. 「第2回 蔦屋家電+ 大賞」でトップ10に入賞! キャッシュレス時代のiPhoneケース「Wrapup」に注目

  8. iPhoneケースで人気のROOT、多機能ネック/ショルダーストラップ「UTILITY WEBBING」に新色を登場

  9. Uberの撤退から読み解く、Apple Watchアプリの難点とは?

  10. Xiaomiスマートウォッチが格安で買えるサイトを発見! オススメ3モデルを紹介

TAG

タグをさらに表示