検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 【G-SHOCK】にスマートウォッチが来た! Wear OS 搭載の最強にタフなマルチスポーツG-SQUAD PRO登場!!

【G-SHOCK】にスマートウォッチが来た! Wear OS 搭載の最強にタフなマルチスポーツG-SQUAD PRO登場!!

NEWS

2021.04.01

G-SHOCK

待ちに待ったG-SHOCK初のWear OS搭載スマートウオッチは「G-SQUAD」から!

精密機器たるスマートウォッチをアウトドアに持ち出すのはやや気が引けるもの。G-SHOCKにスマートウォッチがあればと、何度思ったことでしょう。ようやくその夢が叶いました。

『CASIO』は、『G-SHOCK』初のWear OS by Google搭載スマートウオッチとして、『G-SHOCK』のスポーツライン“G-SQUAD”からマルチスポーツ対応の『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」を5月15日に発売します。
G-SHOCK

スマートウォッチで驚きの20気圧防水!G-SHOCKならではのタフさは健在!!

今回登場する『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」は、もちろんG-SHOCKならではの耐衝撃構造を備え、防水性もなんと20気圧防水とスマートウォッチとしては圧倒的なタフさを誇ります。
さらに、GPSや光学式心拍センサー、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーなどを搭載することで、ランニングなどの日々のワークアウトから、サーフィン、スノボといったエクストリームスポーツまで、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応します。

G-SHOCKこのサイドビューの”ゴツさ”はまさにG-SHOCKのタフさを象徴するもの。20気圧(約200m)防水に耐える厚みのあるガラスを採用しながらタッチ操作にも対応。さらに裏蓋には耐食性に優れたチタンを使用し、チタンカーバイト処理を施すことで耐摩耗性を高めています。

 

G-SHOCKマルチスポーツ対応が本モデルのトピックのひとつ。上写真は「ランニング」画面のもの。

 

G-SHOCKこちらは「ロードバイク」画面で、スピードをフィーチャーした配置になっています。

 

 

二層構造ディスプレイでバッテリーをコントロール

『CASIO』のプロ用登山スマートウォッチ「PRO TREK Smart」でも採用された「二層構造ディスプレイ」も本機の特徴です。この「二層構造ディスプレイ」は、時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを表示するリッチなカラー液晶を重ねたもの。用途によって表示するディスプレイを分けることで、最大1ヶ月のバッテリーライフを実現しています。

画面表示も数百通りのカスタマイズが可能。『CASIO』のオリジナルアプリにクイックアクセスできる専用メニュー「CASIO’s APPS」もあり、このメニューからアプリアイコンをスワイプで直感的に操作することも可能です。

G-SHOCK二層構造ディスプレイを採用。用途によって、モノクロ液晶とカラー液晶ディスプレイを自動で切り替えることによって、ロングバッテリーライフを実現しています。

 

G-SHOCK表示する情報は上中下の3段で数百通りにもカスタマイズ可能。またアナログ時計表示も可能です。

『G−SHOCK』「G-SQUAD」は連携機能がスゴイ!

スマートウォッチの強みといえば多彩な他アプリとの連携。スマートフォンの専用アプリ「G-SHOCK MOVE」と連携し同アプリでデータを管理すると、アクティビティの履歴や分析、進捗確認など、様々なログをアプリ上で簡単に閲覧・管理できます。

また、アシックスと共同開発したモーションセンサー「CMT-S20R-AS」(別売)とも連携可能です。このモーションセンサーと連携することによって、ランニング時のフォームチェックを行うことができ、さらに走行中もモーションセンサーで解析したランニング指標を手元でリアルタイムに表示できます。

G-SHOCK専用アプリ「G-SHOCK MOVE」の新機能「センサーオーバーレイ」。アクティビティ計測中に撮影した動画・静止画と計測情報を重ねたビジュアルを作成しSNSでシェアすること可能です。

G-SHOCKモーションセンサー「CMT-S20R-AS」(別売)と連携し、専用アプリ「Runmetrix」(Wear OS by Google用アプリ「Runmetrix」は、2021年6月提供開始予定)と同期すれば、ランニングフォームの分析ができトレーニングの質を高めるのに役立ちます。

G−SHOCKでスマート機能が使えるのは最高にうれしい!

『G-SHOCK』で初となるWear OSを搭載した『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」。もちろん、手元でスマホの通知を受けたり、音声アシスタント「Googleアシスタント」を使って操作したり、Gmailの返信をしたりと、Wear OSのスマート機能を使うことが可能。また、無数のサードパーティ製アプリをダウンロードすることで、機能の拡張もできます。
G-SHOCKのように丈夫でガンガン使えるスマートウォッチがほしい、というのはスマートウォッチユーザーなら誰もが一度は思うこと。ついに実現したG-SHOCK版スマートウォッチ、今季最大の話題作と言っても過言ではありません。

主なアクティビティと対応機能

●サーフィン・セーリング・カヤック
距離・速度・タイム
潮汐グラフ
消費カロリー
地図・移動軌跡
など

●ランニング・トレイルランニング
距離・速度・タイム・ペース
心拍・心拍ゾーン・消費カロリー
地図・移動軌跡
など

●屋内ワークアウト
セット数・回数・重量
活動時間
心拍・消費カロリー
など

●ロードバイク・サイクリング
距離・速度・タイム・ペース
高度・道路勾配
心拍・消費カロリー
地図・移動軌跡
など

製品概要

・型番
GSW-H1000-1 ブラック×ブルー
G-SHOCK
GSW-H1000-1A ブラック

GSW-H1000-1A4 レッド
G-SHOCK
・価格:8万8000円(税込)
・発売日:5月15日
・防水:20気圧防水
・サイズ:約65.6×56.3×19.5mm
・重さ:約 103g(バンド含む)
・ディスプレイ:1.2インチ、2層液晶、カラーTFT液晶(360×360ピクセル)+モノクロ液晶
・GPS:搭載(GPS、GLONASS、みちびき対応)
・センサー:光学式(心拍計)、磁気(方位)、圧力(高度/気圧)、加速度、ジャイロ
・バッテリー持続時間:通常使用(カラー表示)約1.5日 時計とセンサーのみ(タイムピースモード)約1ヶ月 ※使用環境によって変動
・マイク:搭載

●公式サイト
『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」

●問い合わせ
カシオ計算機 お客様相談室 TEL.03-5334-4869(時計専用)

●関連記事

G-SHOCKなのに薄い!「G-STEEL」シリーズ最薄のスタイリッシュモデルが登場

カシオとアシックス ランナー向けコーチングサービス『Runmetrix』を提供開始!モーションセンサーは3月4日発売

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  3. 高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 【2021年 最新版】

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. スマートウォッチのブランド人気ランキング! 回答者424人が選んだ1位は?

  6. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  7. Apple Watchを抑えたのはあのブランド!「これから欲しいスマートウォッチブランド」ランキング

  8. 1万円以下も多数! 格安なのに高性能なバンド型スマートウォッチ10選

  9. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

  10. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

NEW CONTENTS

  1. 【Apple Watch】や【Garmin】を猛追! 勢いに乗る中国・韓国ブランドのスマートウォッチのおすすめ10本はこれ!!

  2. 見た目はアナログ時計が好き、でもスマートウォッチの機能が欲しい人へおすすめ!今話題のハイブリッドスマートウォッチ7選!!

  3. 【自転車NAVITIME】クルマ通りの多い道を避けてナビすることが可能に!

  4. 血中酸素レベルが測定できるコスパスマートウォッチ『realme Watch S』日本上陸

  5. 自分のためじゃなく人のため。コロナ禍で“私は安心”を知らせる画期的なアイテム「リアサモ」って何?

  6. iPhone 12,Apple Wach,Air Podsを同時にスマート充電!MagSafe認証ワイヤレス充電スタンドがBelkinより登場

  7. 【Garmin】約34gのシリーズ最軽量&安価なゴルフ用スマートウォッチ『Approach S12』発表! ハンディ型『Approach G12』は2万円切り!

  8. 自宅のデスクにぴったりなのは23.8インチで高解像度のIPSモニター! LG「24QP750-B」がちょうどいい

  9. おしゃれなのに高性能! デジモノに見えないファッション性抜群のスマートウォッチ10選

  10. 炭水化物、たんぱく質、脂肪の消費割合を表示!プロアスリートも愛用する『Polar』の人気スマートウォッチ新モデルが大進化!

TAG

タグをさらに表示