検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. GARMINのフラッグシップ「fenix6」のスゴさを解説!

GARMINのフラッグシップ「fenix6」のスゴさを解説!

NEWS

2021.02.18

ガチプロメーカーが作るフラッグシップはやっぱり本物志向

今でこそコンシュマー向けのアイテムを多数リリースしていますが、『Garmin』はもともとはプロフェッショナル向けのGPS計器からスタートした硬派なメーカー。1989年に創業し、1991年の湾岸戦争ではアメリカ軍の地上部隊が『ガーミン』のGPSデバイスをガンガン使っていたほどですから、その信頼性は群を抜いています。今でも、故障の許されない航空機のGPSシステムを作るなど、最高峰の技術力を誇っています。

そんな『Garmin』が作るGPSウォッチはやっぱり本物志向。特にフラッグシップの「fenix」シリーズは、そのタフな作りや正確さから、プロアスリートにも愛用されてきました。この記事では2019年の発売以降、高い人気を呼びつづけているフラッグシップモデル「fenix6」の魅力を検証していきます。

あわせて読みたい! 最新のfēnix 7のレビューはコチラ!

Garminの最新・最上位モデル『fenix 7』使用レビュー。美しさも多機能ぶりも最高峰のスマートウォッチ!

ソーラーバッテリモデルも登場!
むちゃくちゃ嬉しいバッテリーライフの向上

全面スクリーンのデジタル時計で問題になるのが、なんと言ってもバッテリーライフ。「Apple Watch」をはじめ、毎日の充電が必要なモデルが多い中、もともと『Garmin』の「fenix」シリーズは電池の持ちがとても優秀でした。でも今回の新作でさらに進化。「フェニックス6X」のGPSモードではなんと最大60時間も駆動するんです。 前型「フェニックス5X Plus」が30時間駆動なので、倍も長持ち。これは嬉しいアップデートです。驚くなかれ、最上位モデル「フェニックス6X Pro Dual Power」にソーラー充電可能。これは『ガーミン』でははじめてで、まさに鬼に金棒! 太陽光のエネルギーで合計24時間分駆動させるだけの充電が可能になったんです。日をまたぐ登山などで、バッテリーがどんどん減少していくと心細くなりますが、ソーラーなら安心感が違いますね。

画面の大型化で情報表示量が飛躍的にアップ

「フェニックス5」でも十分なサイズで良好な視認性を持っていましたが、「fenix 6」ではさらに大きく、見やすくなりました。「fenix 6X」は「fenix 5X」に比べ、36%もアップした、1.4インチディスプレイを、「fenix 6」も従来の1.2インチから、1.3インチにアップしています。おかげで、アクティビティ時には、従来の4分割から8分割でデータ表示が可能になりました。一度に多くの情報をチェックできるので、効率的なトレーニングが行えますね。

ランニングに登山、ゴルフやスキーも!
アクティブな人に最適な機能を搭載

新機能「PacePro」は、ランニングのペースを管理できる機能。コース情報や目標タイムを入力しておくと、ランニング中に現在タイムと走行タイムから、適切なペース配分を「fenix 6」が計算し、腕元に表示してくれます。また、MAP機能には登山地図や、国内外41,000のゴルフコース、世界の2000以上のスキーリゾートのデータを収録しており、アクティブユーザーには魅力的でしょう。

もちろん、ライフログ機能も備えており、心拍、睡眠、歩数、ストレススコアなどのログをとれるので健康管理にも役立ちます。アクティブな人には最高の一本と言っても過言ではありません。

ライバルを圧倒する音楽の本体保存

トレーニングのお供にミュージックは必須。「fenix 6」に抜かりはありません。この8月から新たに「Amazon Music」に対応し、「Spotify」「Line Music」「AWA」など主な音楽サービスを網羅、これらの音楽やPCからも最大2000曲もの保存が可能で、ブルートゥースでつながった再生機器で聴くことができます。これだけのサービスに対応し、本体に保存が可能なのは「フェニックス6」だけで、他のスマウォに対して明確なアドバンテージを持っています。

機能、信頼性ともにスマートウォッチ最高峰
所有する喜びを味わえるフラッグシップ

「fenix  6」シリーズのプライスは6万5000円〜17万円と、スマートウォッチの中では高級な部類に入ります。ただ、冒頭で説明したように『ガーミン』はガチガチのプロ向けのモノ作りからスタート。汎用のGPSや心拍モジュールを載せて、はいスマートウォッチの出来上がりっていう軟派な時計とは違うわけです。プロフェッショナルの信頼に足る商品を作るにはコストはかかってしかるべき。実機の作り込みやセンサーのクォリティを考えると、それほど正直安いと感じてしまうほど。「フェニックス6」は、本物に触れたい人にぜひおすすめできるモデル。値段以上の満足感を保証します。

 

fenix6X ProDualPower

Amazonで詳細を見る

ソーラー充電機能を初搭載しバッテリー切れの心配も低下
ソーラー充電機能を初搭載したマルチスポーツGPSウォッチ。仕事や運動の途中のバッテリー切れする心配も大幅に低下。1.4インチディスプレイを搭載し、1画面に表示できるデータ項目も増加しました。ケース幅51㎜。10気圧防水。

搭載スペック
(搭載スペックアイコンをクリックすると機能の詳細が見られます)

 

fenix6 ProDualPower

Amazonで詳細を見る

使用機能をカスタマイズすれば何週間もの稼働を実現
外部充電できない環境でも太陽光で充電でき、何週間ものロングパワーリザーブも実現可能。光学式心拍計でBodyBattery(身体のエネルギーレベル)も知ることができます。ケース幅47㎜。10気圧防水。
搭載スペック
(搭載スペックアイコンをクリックすると機能の詳細が見られます)

fenix6S ProDualPower

Amazonで詳細を見る

スタイリッシュなメタリックベゼルで機能美を追求
ステンレススチールのベゼルでスタイリッシュな印象に。1.2インチディスプレイに各種スポーツアプリをスムーズに表示。もちろんソーラー充電機能搭載で長時間稼働を実現。ケース幅42㎜。10気圧防水。
搭載スペック
(搭載スペックアイコンをクリックすると機能の詳細が見られます)

公式HPはこちら

この記事は2019年9月9日に当サイトに掲載の記事を再構成したものです。

 

【関連記事】
Garminスマートウォッチ 現行主要モデル完全ガイド【2021年版 】

はじめてならこれ!『Garmin』軽量コンパクト&安価なランニング用スマートウォッチ「ForeAthlete 55」発表!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Apple Watch Ultra 専用、精緻な二重構造のプロテクトケースの新色をアシカンが新発売

  3. NOMAD社のスポーティーなApple Watch 専用バンドの限定カラー、TokyoToolで独占販売

  4. NOMADの2トーンカラーのApple Watch スポーツバンド、TokyoTool がアジア圏で単独販売

  5. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  6. スマートウォッチ「Redmi Watch 4」 発売。見やすい大画面に、20日間長持ちバッテリー

  7. GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

  8. 「Xiaomi Smart Band 8 Pro」新発売。大画面の万能スマートバンド

  9. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  10. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

NEW CONTENTS

  1. 「Xiaomi Watch S3」新発売。ベゼルで遊ぶファッションスマートウォッチ

  2. スマートウォッチ「Redmi Watch 4」 発売。見やすい大画面に、20日間長持ちバッテリー

  3. 「Xiaomi Smart Band 8 Pro」新発売。大画面の万能スマートバンド

  4. GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

  5. NOMADの2トーンカラーのApple Watch スポーツバンド、TokyoTool がアジア圏で単独販売

  6. Apple Watch Ultra 専用、精緻な二重構造のプロテクトケースの新色をアシカンが新発売

  7. NOMAD社のスポーティーなApple Watch 専用バンドの限定カラー、TokyoToolで独占販売

  8. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  9. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  10. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

TAG

タグをさらに表示