検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchが自動車衝突事故を検出し、自動で救急車を呼ぶ新機能搭載か。Wall Street Journalが伝える 

Apple Watchが自動車衝突事故を検出し、自動で救急車を呼ぶ新機能搭載か。Wall Street Journalが伝える 

NEWS

2021.11.02

アップル社が来年早々にも“crash detection”(衝突検出)と呼ばれる新機能をiPhoneとApple Watchに追加すると、米国を代表する経済新聞『The Wall Street Journal』(以下WSJ)が11月1日付の電子版で報じました(*1)。

*1. Apple Wants iPhones to Detect Car Crashes, Auto-Dial 911
https://www.wsj.com/articles/apple-wants-iphones-to-detect-car-crashes-auto-dial-911-11635768001  

衝突事故が起きた時に起きる自動車への衝撃を検出し、その必要があると認められた場合には救急番号(米国では「911」)へ自動で通報する、というものです。

【あわせて読みたい】人命救助の事例も多いApple Watchの転倒検出機能をオンにしておこう

自動車への衝撃を検出した事例は既に1,000万件以上

WSJによると、この新機能は重力の突然の変動(g-force)を測定して、衝突事故が起きたことを判断するものです。

アップル社は既に昨年からiPhoneとApple Watchのユーザーから匿名のデータを収集していて、これまでに1,000万件以上の衝突事故と思われる衝撃を検知し、そのうちの5万件以上が「911」への緊急連絡を要した事故だった、とも記事にあります。

アップル社はこの「911」データを活用して、衝突事故を検出するアルゴリズムの正確性を高めています。

2022年にOSアップデートとして実現するか

Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

この新機能には新たなハードウェアが必要とされるのか、あるいはソフトウェアの変更で済むのか、実際に導入される形式は明らかではありません。

WSJは2022年にリリースが予定されているiOS 16 とwatchOS 9にこの新機能が含まれるだろう、と予想しています。つまり、iPhoneとApple Watchの比較的新しいバージョンを所有している人は、OSをアップデートすることで、この機能を使えるようになる、ということです。

もっとも, WSJはこの機能が導入される時期が変更されるか、あるいは導入自体が見送られる可能性もある、と読者に警告しています。

つまり、現段階では「自動車衝突事故の自動検出機能」がどのように導入されるか、それがいつになるかは未定ということです。

それでも、この機能が実現できるのではないかと予想できる根拠として、既に現行のApple Watchにはユーザーが転倒したことを検知する機能があることが挙げられます。この機能もあらかじめ登録された緊急連絡先へテキストを送り、転倒したユーザーの所在地も通知します。

米国の「911」は日本であれば「119」になるのか、「110」になるのか、あるいはその両方になるのか。その辺りは、国や地域によってカスタマイズが必要にはなるでしょう。他にも解決するべき法律的あるいは技術的な課題はあるかもしれませんが、もしスマートウォッチを着用することによって助かる命があるとすれば、それはとても素晴らしいことではないでしょうか。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookは https://www.facebook.com/WriterKakutani

あわせて読みたい

人命救助の事例も多いApple Watchの転倒検出機能をオンにしておこう

Apple Watchはカーナビ替わりになる? Apple Watchの純正「マップ」アプリを車のナビに使った感想

Apple Watchで行える災害対策3つ。Yahoo!防災速報アプリ、地震予測アプリ、転倒検出機能

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示