検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの新OS「watchOS 9」、睡眠、運動、心電図などの機能が強化!

Apple Watchの新OS「watchOS 9」、睡眠、運動、心電図などの機能が強化!

NEWS

2022.06.11

Apple Watchの新OSであるwatchOS 9が発表されました。

以下、主なアップデートの内容を紹介します。

すべての人のための文字盤

Apple Watchのユーザーはより多くの文字盤から選べるようになり、より豊かな情報とパーソナライズの機会を提供するさらに豊富なコンプリケーションを利用できるようになります。

watchOS 9には、中国文化、イスラム文化、ヘブライ文化などの多くの文化圏で使用されているグレゴリオ暦と太陰暦の関係を表現した「ルナー」、アーティストJoi Fulton氏とのコラボレーションによって生まれたApple Watchだけのダイナミックなアート作品「プレイタイム」、クラシックでDigital Crownを回すとスタイルが変化するタイポグラフィが強調された文字盤「メトロポリタン」、完全に生まれ変わり、新しい星図と現在の雲のデータを表示したオリジナル文字盤「アストロノミー」の4つの新しい文字盤が追加されています。

「ユーティリティ」「シンプル」「アクティビティアナログ」などのいくつかの最もクラシックな文字盤に強化され現代化されたコンプリケーションが新たに追加されているほか、「モジュラー」「モジュラーコンパクト」「特大」の背景色を編集してさらにパーソナライズできます。

新しい「ポートレート」の文字盤では、猫、犬、風景などのより多くの写真で深度エフェクトが使えます。また「カリフォルニア」と「タイポグラフィ」の文字盤にはオプションとして漢字が追加されています。

集中モードでは、「パーソナル」集中モードの間は「写真」の文字盤を表示するといったように、iPhoneで特定の集中モードを開始した際にApple Watchに自動的に表示される文字盤を選択できるため、ユーザーが集中するのに役立ちます。

オリジナルの「アストロノミー」文字盤が完全に生まれ変わり、継続的に更新される地球、月、太陽系の3Dモデルを通じて時間が表示されます。
トライアスロン選手向けに、ワークアウトアプリケーションは「マルチスポーツ」という新しい種類のワークアウトに対応するようになり、モーションセンサーを使用して動きのパターンを認識し、スイミング、サイクリング、ランニングの一連のワークアウトが自動的に切り替わるようになります。
それぞれのワークアウトが終わると、フィットネスアプリケーションの新デザインの概要ページに、その他の詳細とインタラクティブなグラフが表示され、より正確な分析に役立ちます。
トライアスロン選手向けに、ワークアウトアプリケーションは「マルチスポーツ」という新しい種類のワークアウトに対応するようになり、スイミング、サイクリング、ランニングの一連のワークアウトが自動的に切り替わるようになります。

すぐに走り出せるように

Apple Watchはランナーにとってすでにパワフルなツールとなっており、watchOS 9では、ユーザーがどれだけ効率的に走れているかを記録するのに役立つさらに多くのデータと機能を追加します。

「歩幅の長さ」「接地時間」「上下動」などの新しい「ランニングフォーム指標」のすべてを指標としてワークアウト表示に追加することができます。これらの指標はフィットネスアプリケーションの概要とヘルスケアアプリケーションに表示されるため、ユーザーは長期的な傾向を確認してパターンを把握することができます。

「歩幅の長さ」「上下動」などの新しい「ランニングフォーム指標」はユーザーがどれだけ効率的に走れているかを記録するのに役立ちます。
ユーザーは自己ベストまたはよく使うコースの前回の記録のどちらかを選んで競争でき、そのペースより速い、または遅れているという通知や、コースから外れた時に通知をワークアウト中に受け取ることができます。
さらに、新しいペース体験では、ユーザーは距離と完走時間の目標を設定することができ、目標を達成するために必要なペースが計算され、表示されるペース通知や指標をワークアウト中に確認することができます。
ユーザーは自己ベスト、またはよく使うコースの前回の記録のどちらかを選んで競争でき、それらのペースより速い、または遅れている場合やコースから外れている場合は、ランニング中に通知を受け取ることができます。

スイミングの機能強化

プールスイミングワークアウトの新しいストロークタイプとしてキックボードが検知されるようになります。

ユーザーがキックボードを使って泳いでいる時、Apple Watchはセンサーフュージョンを用いて自動的に認識し、ワークアウトの概要ではストロークタイプと泳いだ距離が分類されます。

スイマーは、プールの端から端まで泳ぎ終えるのにかかったストローク数と秒数を合わせたSWOLFスコアによって泳ぎの効率を記録し、ワークアウトの概要で各セットの平均SWOLFを確認することができます。

Apple Fitness+ワークアウトを最大限に活用

Apple Fitness+は、Apple Watchを中心に考えられた最初のフィットネスとウェルネスのためのサービスで、あらゆる人に受け入れられるようにデザインされています。

Apple Watchからワークアウトの指標をiPhone、iPad、Apple TVの画面にリアルタイムで賢く取り込み、開始から終了まであらゆるレベルのユーザーのモチベーションを維持します。

watchOS 9ではユーザーがワークアウトを最大限に活用できるようにするため、トレーナーのコーチングに加えて「Intensity for HIIT, Cycling, Rowing, and Treadmill」「Strokes per Minute (SPM) for Rowing」「Revolutions per Minute (RPM) for Cycling」「Incline for walkers and runners in Treadmill」などのガイダンスがFitness+ワークアウトの画面上に表示されるようになります。

Apple TVがないFitness+のサブスクリプション登録者は、AirPlayを使って対応している他社製テレビやデバイスにワークアウトやメディテーションをストリーミングして画面上で指標を確認でき、どこでもいつでもトレーニングできるようになります。

watchOS 9では、ユーザーがワークアウトを最大限に活かせるようにトレーナーのコーチングに加えてFitness+ワークアウトの画面上にガイダンスが表示され、サブスクリプション登録者は、対応している他社製テレビとデバイスでこれらと個人のフィットネス指標のすべてを確認できます。

睡眠に関する詳しい情報

Apple Watchの睡眠体験はすでに、就寝準備や就寝時刻のスケジュールを立てたり、睡眠状態を記録して目標を達成したりするために役立っています。watchOS 9では睡眠記録に睡眠ステージが加わり、さらに詳しい情報が提供されます。

Apple Watchは加速度センサーと心拍数センサーからの信号を使って、ユーザーがレム睡眠、コア睡眠、深い睡眠の状態にあることを検知します。

ユーザーはApple Watchの睡眠アプリケーションで睡眠ステージのデータを確認したり、iPhoneのヘルスケアアプリケーションのグラフで睡眠時間などの詳細な情報や、心拍数や呼吸数などの追加の指標を確認することができます。

機械学習モデルは、これまで実施されたウェアラブルの調査において最大数で最も多様な被験者を対象とした睡眠ポリグラフ検査の1つの臨床データと照らし合わせてトレーニングと検証が行われました。

睡眠の科学については現在も研究が進められており、ユーザーはリサーチアプリケーションを通じてApple Heart and Movement Studyに睡眠ステージのデータを提供し、発見の可能性に貢献することができます。

watchOS 9では、睡眠ステージによって睡眠アプリケーションにさらに詳しい情報が加わります。Apple Watchは加速度センサーと心拍数センサーからの信号を使って、ユーザーがレム睡眠、コア睡眠、深い睡眠の状態にあることを検知します

これまでにない心房細動履歴

現在、Apple Watchの心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能によって心房細動(AFib)の兆候を特定することができます。心房細動は、治療をせずに放置すると脳卒中につながるおそれがある主な疾患の1つです。

研究調査によると、心房細動の継続時間は、その人の症状、全体的な生活の質、合併症のリスクに影響を与える可能性があるとされています。これまで、心房細動の頻度を長期にわたって記録したり、健康状態に影響を及ぼす可能性がある生活習慣関連因子を管理するための簡単な方法はありませんでした。アメリカ心臓協会によると、修正可能な生活習慣関連因子を対処することで、心房細動の継続時間が減少する可能性があるとされています。

watchOS 9では、心房細動と診断されたユーザーは、FDA認可の心房細動履歴機能2を有効にし、心拍リズムに心房細動の兆候が現れたおおよその頻度などの重要情報にアクセスすることで、健康状態についてより詳しい情報を得ることができます。また、毎週届く通知によって頻度を把握したり、ヘルスケアアプリケーションで、心房細動に影響を及ぼす可能性がある睡眠、アルコール摂取量、運動などの生活習慣関連因子を含む詳細な履歴を確認したりできるようになります。

ユーザーは心房細動に関する自身の詳細な履歴と生活習慣関連因子の情報が記載されたPDFをダウンロードして医師や医療従事者と簡単に共有し、より詳しい情報に基づいた会話に役立てることができます。

心房細動と診断されたユーザーは、心拍リズムに心房細動の兆候が現れたおおよその頻度を心房細動履歴で確認し、健康状態に影響を及ぼす生活習慣関連因子について役立つ情報を得ることができます。

服薬

Apple WatchとiPhoneの新しい服薬の体験では、ユーザーが服薬リストを作成し、服用スケジュールとリマインダーを設定し、薬の情報をヘルスケアアプリケーションで確認することによって、薬、ビタミン、サプリメントの管理と記録ができるようになります。Apple Watchの服薬アプリケーションによって、ユーザーは薬の服用を便利に目立たず、いつでもどこでも簡単に記録できるようになります。

Apple WatchとiPhoneの新しい服薬の体験では、薬、ビタミン、サプリメントの管理と記録ができます。
1日複数回、1週間に1回、頓服などそれぞれの薬の服用に関するカスタムスケジュールを作成し、リマインダーを設定して記録に役立てることができます。
米国のユーザーは、ヘルスケアアプリケーションに追加した薬の間で重大な相互作用を引き起こす可能性がある場合に通知を受け取ることができます3
米国のユーザーは、薬の効果が低下したり予期せぬ副作用が起こる可能性がある重大な相互作用が引き起こされる場合に通知を受け取ることができます。
それぞれの薬の服用に関するカスタムスケジュールを作成し、リマインダーを設定して記録に役立てることができます。

プライバシー

プライバシーは、Appleのすべての機能にわたる設計と開発の基礎にある理念です。

ユーザーのiPhoneがパスコードや、Touch ID、またはFace IDでロックされている場合、ヘルスケアアプリケーションにある健康とフィットネスのデータは、メディカルIDを除いてすべて暗号化されます。

iCloudにバックアップされたヘルスケアアプリケーションのデータはすべて、送受信中もAppleのサーバ上で保存されている時も暗号化されます。

watchOS 9のその他のアップデート

○常に情報とつながっていられることは、Apple Watchの体験のパワフルな要素の1つです。watchOS 9では通知の再設計により、Apple Watchの使用中は新しい細いバナーで通知が表示され、目を引きながらも集中を妨げない形で表示されるようになります。

○ファミリー共有設定がホームアプリケーションに対応し、HomePodスピーカーやスマートホームのアクセサリを操作するメンバーとして子どもを招待できるようになります4。Appleウォレットで自宅の鍵やホテルの鍵を使うこともできます。

○Apple Watchの新しいクイックアクションでは、ダブルピンチジェスチャーを使って、電話の応答や終了、写真の撮影、再生中アプリケーションでのメディアの再生や一時停止、ワークアウトの開始、一時停止、再開など、さらにたくさんのことができます。

これは、上肢に障がいのあるユーザーがディスプレイをタップしなくてもピンチやクレンチのようなジェスチャーでApple Watchを操作するための方法である、Apple WatchのAssistiveTouchで使われる革新的なテクノロジーを基盤としています。

○ペアリングしたiPhoneからApple Watchを遠隔で操作できるようにするApple Watchのミラーリングにより、身体機能に障がいのある方々にとってApple Watchがこれまでに以上に使いやすくなります。

Apple Watchのミラーリングでは、音声コントロールやスイッチコントロールのようなiPhoneの支援機能を利用してApple Watchを操作できるため、Apple Watchのディスプレイをタップする代わりに音声、サウンドアクション、ヘッドトラッキング、他社製の「Made for iPhone」スイッチを使ってApple Watchを操作できます5

Apple Watchのミラーリングは、ハードウェアとソフトウェアの統合やAirPlayにおける進歩を利用することで、身体機能に関するこれらのアクセシビリティ機能を使うユーザーが、血中酸素ウェルネス、心拍数、マインドフルネスなどApple Watch独自のアプリケーションを活用できるようにします。

○Apple Watch Series 7のQWERTY配列のキーボードに日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語(メキシコ、スペイン、中南米)のサポートが追加されます。

○再設計されたDockでは、使用中のアプリケーションがほかのアプリケーションよりも優先的に表示され、より簡単にすばやくそのアプリケーションに戻れるようになります。

○リマインダーアプリケーションでは、日付と時刻、場所、タグ、メモなどの主要な詳細情報を追加したり編集したりできるようになります。

○アップデートされたカレンダーアプリケーションでは、Apple Watchから直接新しいイベントを作成できるため、生産性を維持できます。アップデートされた「リスト」「日」「月」の表示に加え、はじめて「週」表示にアクセスできるようになったことで、より多くの方法でカレンダーのイベントをスクロールできるようになります。

○「心拍数回復」は、心血管系の健康状態のバロメーターとして役立つフィットネス指標です。Apple Watchでは、屋外ウォーキング、ランニング、ハイキングワークアウトで、強度がピークに達していなくても、「心拍数回復」の推定値が表示されるようになります。この指標はヘルスケアアプリケーションで長期にわたって追跡できます。

○新しいAPIにより、CallKitと共有シートへの対応、Photos pickerへのアクセス、またwatchOSのアプリケーションとApple TVの統合が可能になり、デベロッパはクラス最高のサードパーティアプリケーションを開発できるようになります。

再設計されたDockでは、より簡単にすばやく使用中のアプリケーションに戻れるようになります。

アップデートされたカレンダーアプリケーションでは、Apple Watchから直接新しいイベントを作成できます。

提供について
watchOS 9のデベロッパ向けベータ版は、本日よりdeveloper.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。watchOSユーザー向けのパブリックベータ版は、来月よりbeta.apple.comにて提供されます。

watchOS 9はこの秋リリース予定です。

iOS 16が搭載されたiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降とペアリングされているApple Watch Series 4以降に対して、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。一部の機能は、国や地域、言語、またはデバイスによっては利用できない場合があります。

提供される機能は変更される場合があります。詳しくは、apple.com/jp/watchos/watchos-previewをご覧ください。

あわせて読みたい


Apple Watch現行モデル&選び方ガイド完全版!最新Series7のほかコスパの高いSE、約2万円の旧作Series3も紹介

 


Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説! 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示