検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 初めてのスマートウォッチに最適な入門機種「Amazfit Bip 3」シリーズが7月20日(水)発売

初めてのスマートウォッチに最適な入門機種「Amazfit Bip 3」シリーズが7月20日(水)発売

NEWS

2022.07.20

Zepp Health Corporationの独自ブランドである「Amazfit」は、2022年7月15日(金)から、必要な機能をすべて備えたエントリーモデルのスマートウォッチ「Amazfit Bip3シリーズ(日本語読み:アマズフィット ビップ スリー)」が7月20日(水)に発売されます。

衛星位置測位システム(GPS)を搭載した上位モデルであるAmazfit Bip 3 Proと、非搭載の標準モデルであるAmazfit Bip 3の二種類を展開します。

Amazfit Bip3シリーズの特徴を紹介!

【1.69インチ大型カラーディスプレイ&超薄型・軽量ボディ】
ディスプレイサイズは、1.43インチから1.69インチにサイズアップし、本体の厚さも11.4㎜から9.65㎜とより薄くなっています。

さらに気分や服装に合わせて50種類以上の文字盤を利用できます。

文字盤の項目も自由にカスタマイズ可能で、時刻、日付、天気、心拍数など、ホーム画面に表示する項目はユーザーが自由に選択できます。

【2週間のロングバッテリー】
スマートウォッチを選ぶ際に、電池の持ちは非常に重要なポイントです。

Amazfit Bip3シリーズは、バッテリー容量が230mAhから280mAhに増加したことで、従来の最大9日間から、14日間持続のロングバッテリーへ進化を遂げました。

バッテリー切れを気にせずに、思う存分フィットネスに打ち込めます。

【24時間健康管理】
心拍数、睡眠、ストレスモニタリング、月経サイクルの追跡などを活用し、色々な角度からの健康管理が可能です。

またAmazfitに搭載されている健康評価システム「PAI」は、7日間トータルスコアを「100」以上に維持できれば、生活習慣病のリスクを大幅に軽減できることが実証されています。

これはフィットネスレベルやライフスタイルに関係なく、どなたでも使用できる指標です。

※本製品は医療機器ではなく、医療目的や病状の診断の根拠として使用することはできません。検出結果はあくまでも参考値です。体調不良の際は、専門の医療機関に相談ください。

【60種類以上のワークアウトモード】
60種類以上のワークアウトモードが内蔵されており、屋内でも屋外でもスポーツをより楽しめます。

運動中に心拍数や身体の状態をリアルタイムで通知し、ワークアウトの終了後にアプリで距離や速度、心拍数グラフ、心拍数ゾーン、消費カロリーなどのスポーツデータを把握できます。

【5ATM (5気圧防水)の耐水性】
水深50メートルの水圧で最大10分間耐えることができる5気圧防水。

水しぶき、雨、雪、シャワーや水泳など様々なシーンで時計を付けたまま行動することが可能です。 (※温水シャワー、温泉、サウナなど、高温多湿の場所での使用には適していません。)

【位置測位の精度向上】
Amazfit Bip 3 Proには、衛星測位システムが搭載されています。

前モデルでは2衛星測位システム(アメリカのGPS、ロシアのGLONASS)だったものが、Amazfit Bip 3 Proでは4衛星測位システム(アメリカのGPS、ロシアのGLONASS、EUのGalileo、日本のみちびき/ QZSS)に増加しています。

その結果、屋外でのワークアウト時の精度が向上しています。

【製品概要】

・メーカー名:Zepp Health Corporation
・製品ブランド Amazfit(日本語読み:アマズフィット)

≪Amazfit Bip 3≫

・商品名:Amazfit Bip 3  (日本語読み:アマズフィット ビップ スリー)
・カラー:ブラック、ピンク、ブルー
・税込価格: 9,900円
公式サイトで詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

≪Amazfit Bip 3 Pro≫

・商品名:Amazfit Bip 3 Pro(日本語読み:アマズフィット ビップ スリー プロ)
・カラー:ブラック、ピンク、クリーム
・税込価格: 13,750円
公式サイトで詳細を見る
楽天で詳細を見る

・予約開始日:2022年7月15日(金)
・発売日: 2022年7月20日(水)
・取扱実店舗:ヨドバシカメラ、ビックカメラほか、大手家電量販店および時計専門店等
・取扱オンラインショップ:公式オンラインストア/各ECサイト(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング等)

 

【スペック情報】

※標準的な使用
心拍数モニタリング:有効(10分ごとのデータ測定)、睡眠モニタリング:有効。メッセージ受信による画面点灯回数:150件/日、通話通知:3回/日、手首を持ち上げての画面点灯回数:100回/日、明るい画面での操作:5分/日、血中酸素レベル測定:5回/日、GPS:3回/週(GPS連続動作30分/回)
※ハードな使用
心拍数モニタリング:有効(1分ごとのデータ測定)、8時間の睡眠時呼吸の質のモニタリング:有効、ストレスモニタリング:有効、メッセージ受信による画面点灯回数:150件/日、通話通知:3回/日、手首を持ち上げての画面点灯回数:100回/日、明るい画面での操作:5分/日、血中酸素レベル測定:5回/日、GPS:3回/週(GPS連続動作30分/回)

 

あわせて読みたい


Amazfitスマートウォッチ 主要モデル比較&選び方ガイド


Amazfit T-Rex 2使用レビュー。高性能&高級感◎のアウトドア向けスマートウォッチ

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示