検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. ウェアラブルで把握する日常の活動パターンが認知症予防に役立つ――米国の研究が見出した可能性

ウェアラブルで把握する日常の活動パターンが認知症予防に役立つ――米国の研究が見出した可能性

NEWS

2022.08.11

スマートウォッチやフィットネストラッカーなどのウェアラブル機器が認知症の早期発見に役立つ日が来るかもしれない。

そんな研究(*1)をブルームバーグ公衆衛生大学院(ジョンズ・ホプキンズ大学)の研究者らが医学雑誌『アルツハイマー病ジャーナル』に発表しました。

*1. Daily Physical Activity Patterns as a Window on Cognitive Diagnosis in the Baltimore Longitudinal Study of Aging (BLSA)
https://content.iospress.com/articles/journal-of-alzheimers-disease/jad215544

この研究ではApple WatchやFitbitなどで使われている動作センサーと似た技術「ActiGraph」からのデータを解析しました。被験者は約600人の高齢者です。その結果、軽度の認知症またはアルツハイマー病の症状がある被験者グループと認知が正常な被験者グループとの間で、活動パターンに顕著な違いを発見しました。トータルの活動量ではなく、活動する時間帯や連続性が異なるそうなのです。

認知症患者は日中の活動が少なく、午後は断続的な休みが多い

この研究の結論は以下のものでした。

「軽度の認知症またはアルツハイマー病の症状があるグループは午前6時から正午までの時間帯に行う活動量が正常グループに比べて著しく少ない。さらに正午から午後6時までの時間帯には活動が断続的になる割合が、軽度の認知症、またはアルツハイマー病の症状があるグループは正常グループより3.4%高い」

この結論は身体活動パターンと認知症の間に何かしらの関係があることは示唆していますが、その因果関係を突き止めるところまでは行っていません。ある身体活動パターンのために認知症になるのか、あるいは認知症がその身体活動パターンをもたらすのか、それについては今後の研究課題になるでしょう。

より大規模で連続した身体活動データを自動的に収集

この発見がもつ医学的な意味を評価することは筆者の能力を越えています。ただひとつ感じることは、ウェアラブル機器が人類に幸福をもたらす将来的な可能性への期待がさらに大きくなるだろうということです。

世界中でユーザー数を増やしているウェアラブル機器は医療従事者や研究者たちに貴重な機会を作り上げつつあります。病院や研究室といった専門施設に限定されることなく、より多くの身体活動に関連したデータ(運動、睡眠、心拍数、血中酸素レベルなど)をより多くの人から集めることができるからです。しかもそのデータはインターネットを介してリアルタイムで集積され、何百万人ものデータを解析するデータベースの作成も可能です。

これからもウェアラブル機器のテクノロジーと医学の連携はますます強固になっていくのではないでしょうか。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookは https://www.facebook.com/WriterKakutani

あわせて読みたい


スマートウォッチがうつ病の発見・予防にも一定の有効性。海外大学の研究結果  


ウェアラブルを妊娠の初期発見に役立てる研究が米連邦最高裁判所の判決で頓挫

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示