検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. スマートウォッチがうつ病の発見・予防にも一定の有効性。海外大学の研究結果  

スマートウォッチがうつ病の発見・予防にも一定の有効性。海外大学の研究結果  

NEWS

2022.01.28

ストレスが多い仕事をしている人の多くは時間的にも心理的にも余裕があまりありません。

そのため、うつ病にかかるかもしれないという状態に陥っていても、それを自覚することも診療を受けることも難しいケースがあります。最近発表されたある研究(*1)によると、スマートウォッチやフィットネス・トラッカーを常時着用することによって、そうした危険な兆候を予知することができるかもしれません。

シンガポールの南洋理工大学(Nanyang Technological University)が2021年10月に発表したこの研究では、被験者となった290人の成人(平均年齢33歳)は14日間連続してFitbit Charge 2を常時着用することを求められました。例外は入浴と充電を行う時間だけでした。

2週間の観察期間の前後、被験者たちはうつ病の診断に広く使われている質問を受けました。そこから得られた回答とFitbitのデータを組み合わせて解析すると、興味深い事実が明らかになりました。80%の確率でうつ病にもっともかかりやすい人ともっともかかりにくい人を区別できるということです。

不安定な睡眠パターンとうつ病の関連性

Fitbitは睡眠と心拍数に関するデータを正確に把握することで定評があります。

寝るときもFitbitを着用しておくと、睡眠が開始された時刻、終了した時刻、その間の睡眠のタイプ(浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠、覚醒)、そして心拍数の変動が記録されます。この研究ではこうしたデータと以前から医学的に用いられてきた診断方法との比較解析が行われました。

発見の1つは、うつ病の危険性が高い人は午前2時から午前4時までの2時間にもっとも大きな心拍変動があり、それに次いだのは午前4時から午前6時までの2時間だったことです。以前から睡眠中の心拍変動はうつ病の身体的指標として有効だとされてきました。

うつ病の危険性が高い人は就眠時刻と起床時刻が不安定

さらにもう1つ、Fitbitはうつ病の危険性が高い人は就眠時刻と起床時刻が不安定であることも示唆しました。うつ病で苦しむ人の多くは睡眠パターンが不定期になることも以前から知られていました。

ウェアラブルから取得された生活行動と身体的データはうつ病を発症するリスクを検出し、診断を助ける生理的指標になり得る。論文著者らは結論でそう述べています。ウェアラブルそのものにはうつ病を予測するだけの機能はなくても、そのデータと医学的モデルを組み合わせることで、うつ病の危険性が高い人とそうでない人を区別できるのだそうです。

ウェアラブルの進化がもたらす可能性

ところで、この研究で使用されたFitbit Charge 2は同社の最新モデルではありません。現在の最新バージョンはCharge 5です。研究が行われた時期がやや古いのか、あるいは古いバージョンなら大量に廉価で入手しやすかったからなのかは不明ですが、現在ではFitbitのデータ計測機能はさらに進化しているであろうことは大いに期待できます。Fitbitに限らず、ウェアラブルが医療に役立ち、人々の健康に寄与する可能性はさらに高まっていくのではないでしょうか。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookはhttps://www.facebook.com/WriterKakutani

*1.  Digital Biomarkers for Depression Screening With Wearable Devices: Cross-sectional Study With Machine Learning Modeling.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34694233/

あわせて読みたい


アルコールと睡眠の関係をFitbit Charge 5で検証。1週間の断酒で身体に劇的な変化が!

Fitbitスマートウォッチの最新主要モデル&選び方ガイド。Suica対応モデルも続々! 最新モデル「Fitbit Charge5」も紹介

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. 純正製品をも凌駕する信頼性。MFi認証を受けたApple Watch充電用強靭ケーブルを試してみた。

  2. 充電サイクルが短いApple Watchをスタイリッシュに充電したい!卓上Apple Watch充電スタンド使用レビュー。

  3. Wear OS スマートウォッチでのGoogle Payの利用が可能に!

  4. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  5. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  6. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  7. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  8. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  9. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  10. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

TAG

タグをさらに表示