検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. GPSとGLONASSの違いは?スマートウォッチの測位衛星を徹底解説!

GPSとGLONASSの違いは?スマートウォッチの測位衛星を徹底解説!

NEWS

2022.06.15

大半のスマートフォンに搭載されており、「ポケモンGO」などの位置情報ゲームでも利用されているGPS。

スマートウォッチを購入するときも、「GPS搭載の有無」は一つの判断材料になるでしょう。

GPSを搭載していれば、スマートウォッチ単体で現在の位置情報を把握・記録できるので、ランニングの記録やアウトドアアクティビティで役立つからです。

ちなみに、GPSを搭載していないスマートウォッチでも、歩数のカウントは可能だったりします。その理由は下記の関連記事でご確認を。

【あわせて読みたい】スマートウォッチやスマホで歩数が分かるのはなぜ?カギは「加速度センサー」

ただし、多くの人は「GPSって何?」と聞かれても正確には説明できないでしょう。

またGPSに関連した、「複数の衛星測位システム(GPS、GLONASS、みちびき、Galileo)に対応」「マルチバンドGNSS」といった用語もよく分からない人が多いはずです。

そこで本記事では、スマートウォッチやスマートフォンに搭載されている測位衛星を徹底解説します!

GPSとは何か

GPSは「Global Positioning System」の略称。日本語では「全地球測位システム」と訳されます。

GPSとは何かを一言で言い表せば、「地球上の現在位置を測定するための衛星システムのこと」といえるでしょう。

元来は米国で軍事用として開発された衛星システムでしたが、1980年代からは、民間機の安全な航行のために使えるように開放を実施。

まずは航空機、船舶、測量機器、登山用(携帯型)などに利用されてきましたが、その後は自動車(カーナビ)や携帯電話にも搭載されてきたのはご存知の通りです。

なおランニングやアウトドア向けのスマートウォッチでおなじみのGarminは、GPS業界のトップブランドです。

ちなみに「どんな方法で位置情報を特定しているのか」というのを説明すると話は難しくなるのですが、ザックリ言うと「上空約 2 万kmを周回する複数の衛星からの距離を同時に測ることにより、自分の位置を決定している」という感じでしょうか。

なお衛星からの距離は、「衛星から発信された電波が受信機に到達するまでに要した時間」から求められるそうです。

詳しくは下記の国土地理院のサイト「GNSSとは」の解説を御覧ください。

GNSSとは | 国土地理院

GNSSとは何か

ちょうど「GNSS」という単語が出できたので、GNSSについても解説します。

GNSSは「Global Navigation Satellite System」の頭文字で、「全球測位衛星システム」と訳されます。

何だかGPSの「全地球測位システム」と似ていてややこしいですね(笑)。

なおGPSは、このGNSS(全球測位衛星システム)の中の1つの種類(固有名詞)です。

GPSは衛星測位システムの代名詞的に総称される場合もありますが、実は衛星測位システムの一種というわけです。

ではGPSを含めた測位衛星システムにはどんな種類のものがあるかというと、以下のようなものがあります。()内は開発した国になります。

GPS(米国)
GLONASS(ロシア)
BeiDou(中国)
Galileo(欧州)
みちびき(日本)
NAVIC(インド)

なお細かい話をすると、日本の「みちびき」は地球を対象とするGPSとは異なり、局地的な位置情報サービスを目的とするために準天頂軌道を周回する人工衛星を利用しています。

そのため「みちびき」はGNSSではなくQZSS(準天頂衛星システム=Quasi-Zenith Satellite System)である……という話になるのですが、細かい話はここまでとしましょう。

マルチGNSSとは?

そしてスマートウォッチでは「マルチGNSS」「マルチバンドGNSS」という単語もときどき聞きます。

これはどういう意味かというと、上に挙げたようなGPS、GLONASS、Galileo、QZSSといった衛星測位システムを統合的に利用し、短時間に高精度の位置情報を取得する仕組みのことです。

この「マルチGNSS」を導入すれば、位置情報が早く・正確に把握できるだけでなく、位置情報を見失うケースも減らすことができ、特定の衛星測位サービスが使えない場合のリスクヘッジともなります。

そのため最新のスマートフォンでは、GPSだけでなくGLONASSやGalileo、みちびきに対応したマルチGNSSが標準的なものとなり、スマートウォッチでもGarminなどのランニングやアウトドア機能に優れたモデルでは、マルチGNSSに対応したモデルもあります。

実際のところ、GPSにしか対応していないスマートウォッチだと、高層ビルが立ち並ぶエリアでランニングをすると位置情報がかなりズレたりすることがあるのですが、マルチGNSS対応のモデルでは、そういうトラブルも減少します。

位置情報を正確に把握できるスマートウォッチを探している人は、「GPS以外の測位衛星システムに対応しているか」「マルチGNSSに対応しているか」もチェックしてみましょう!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

スマートウォッチのGPSは超正確!Apple WatchとGarminのフラッグシップ機を着用したランニングの計測結果を紹介

Garminが新作の中級者向けランニングGPSウォッチ『Forerunner 255』シリーズを6月16日(木)に発売

ランニングに最適なスマートウォッチ、オススメ10点はコレだ!すべてVO2MAX測定機能を搭載

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示