検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 【動画あり】ダイソーで100円のApple Watch保護フィルム使用レビュー!

【動画あり】ダイソーで100円のApple Watch保護フィルム使用レビュー!

NEWS

2022.09.07

スマートフォンの保護フィルムのように、Apple Watchの表面を保護してくれるApple Watchの保護フィルム。

おそらくApple Watchユーザーのなかには、その保護フィルムを使っていない人が多いのではないでしょうか。

理由は、スマートフォンの保護フィルムほど、使う習慣が一般化しておらず、なおかつ置いているお店も少ないから。

しかし、腕に付けているApple Watchは、ふとしたときに画面を周囲にぶつけやすく、スマホ以上に表面が傷つくリスクは大。

傷や破損を避けたい人は、保護フィルムや周囲を覆うケースを付けることも考えたほうがいいわけです。

そんなApple Watchの保護フィルムを、お試し感覚でつけてみたい人にオススメの製品を発見しました。

それが、100円ショップのダイソーで手に入るApple Watchの保護フィルム。

今回の記事では、その使用レビューをお届けします。

記事末尾にYou Tubeの動画レビューも掲載していますので、そちらもぜひチェックを!

バリエーションが豊富!

ダイソーのApple Watch保護フィルムは以前から販売されていましたが、最近そのバリエーションが増加。

各サイズに対応しているのはもちろんのこと、「ソフトタイプ」「自己修復加工タイプ」「ブルーライトカットタイプ」など、フィルムの特性も様々なものがありました。

今回は全商品を購入して、41mmのApple Watchに実際に貼ってみました。

注意点としては、いずれのフィルムも貼る際のガイドなどは付いていないこと。

パッケージの中には、説明書とフィルムのみしか入っていないので、表面を拭いてゴミを取るメガネ拭きのようなものは、自分で用意する必要があります。

ガイド無しで貼るのは、正直難しいですよね……。

筆者は手先が不器用なタイプということもあり、1枚目のフィルムは気泡が入りまくって見事に失敗。

2枚目も気泡が少し入りましたが、何とかそれっぽく貼ることができました。

Apple Watchは周辺部が局面になっていることもあり、貼るのが難しいんですよね……。

手先が不器用な人は要注意です。

貼った状態は上記のような感じ。

タッチ操作はフィルムなしの状態と同様に行えますし、画面も普通に見えますが、光の当たり具合によっては、見た目が「安いフィルムを張っているな」という感じの光沢を放ちます(笑)。

100円のフィルムなので、このあたりは仕方ないですかね。

ただし、使い捨て感覚でガンガン張り替えられるので、見た目にこだわらない人にはオススメです!

詳細は下記の動画でレビューしているので、そちらをチェックを!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

100円ショップのApple Watch周辺機器などガジェット関連便利グッズ11選! 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示