検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Xiaomi Mi Smart Band 5で縄跳びの回数を計測してみた!

Xiaomi Mi Smart Band 5で縄跳びの回数を計測してみた!

NEWS

2020.09.26

Xiaomiのスマートウォッチ『Mi Smart Band 5』(Mi スマートバンド 5)。価格は4,490円(税込)と超格安ながら、コストパフォーマンスに優れたモデルとして評判です! 同製品の新機能のワークアウトモードで縄跳びの回数を計測してみました!

そもそもワークアウトモードとは?

まずは多くのスマートウォッチにも搭載されている「ワークアウト」の機能について説明いたします。ワークアウトは「練習」「トレーニング」「運動」といった意味で、スマートウォッチのワークアウト機能は「運動の詳細を記録できる機能」と考えておけばいいでしょう。

記録できる運動の種類として、大半のスマートウォッチが対応しているのが「ランニング」「ウォーキング」「サイクリング」など。高性能の機種になると、室内のランニングマシンに対応した「室内モード」があったりもします。またアウトドアやスポーツの機能に優れたスマートウォッチでは、ゴルフや登山などに対応したものもあります。

高性能スマートウォッチの代名詞のApple Watchなどは、そのほかにも複数の種類の運動を記録可能で、運動中の心拍数なども記録が可能。GarminやSUUNTOなどのスポーツ・アウトドア機能に定評のあるブランドのスマートウォッチも、様々な運動を高精度で記録ができます。

計測できる内容はスマートウォッチに搭載されているセンサーにもよりますが、多くのスマートウォッチで記録可能なのが「ワークアウトの時間」「動いた距離」など。ランニング中のペースを図れる機種も多く、高性能な機種になれば「運動時の心拍数」もかなり正確に把握が可能です。また「移動マップ」を記録可能な機種も多く、XiaomiのMi Smart Band 5の場合も、以下の写真のように詳細が見られます。

 

Mi Smart Band5の「ワークアウト」は対応する運動が5種類増加!


前モデルの『Mi Smart Band 4』では6つのワークアウトモード(トレッドミル、エクササイズ、屋外ランニング、サイクリング、ウォーキング、プールスイミング)が用意されていましたが、今回の『Mi Smart Band 5』ではさらに5つのモードが追加。インドアサイクリング、クロストレーナー、ローインマシーン、ヨガ、縄跳びの運動も計測が可能となり、外出が難しいコロナ禍でもより便利に使えそうですね!

新機能の縄跳びモード(ジャンプロープ)で計測レベルを実験

新たに追加されたモードのなかで気になったのが、ジャンプの回数を自動的にカウントできるという縄跳びモード。実際に試して動画で撮影してみました! 計測はかなり正確で、何回か試してみましたがほとんど回数は間違いなく計測できます。

 

 

ワークアウトの記録は一度はじめるとやめられない!

スマートウォッチを使いはじめた頃は、「運動をそんなに細かく記録しなくても……」と思っていましたが、一度その面白さを体験してしまうと、やめられなくなってしまいます。

そもそも日常の運動は1人だけの努力で継続するのは難しいもの。しかし、目標を立てたり、自分の記録や能力が伸びていることが体感できたりすると、自然とモチベーションがアップして長続きしやすくなります。そこで便利なのが、スマートウォッチの「ワークアウト」機能。身近な友達に見守られているような感覚で、楽しく運動が記録できます。ぜひ今回の記事で紹介したMi Smart Band 5をお試しください!

【関連記事】
運動のモチベーションが大幅アップ!世界のランナーとつながれる『STRAVA』をApple Watch、スマートウォッチで使うべき理由

運動量やストレスでも数値が変化! スマートウォッチで「安静時心拍数」を計測すれば、心身の健康状態が見えてくる

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. ドンキで販売のスマートウォッチ新ブランド「Horloger」シリーズ誕生!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  8. Apple Watchで一番よく使う機能は「タイマー」の件。ヘビーユーザーの使い方も紹介!

  9. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  10. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

NEW CONTENTS

  1. 快適性と軽さ重視! 普段遣いにオススメのApple Watchバンド10選

  2. Apple Watchでボウリングの消費カロリーを計測してみた……が精度に疑問符

  3. Caseology、Sony Xperia 1 IV 用ケース「ヴォールト」を発売

  4. 大好評のAppleWatch用防水ケース「BARI GUARD 3」に新色ホワイト登場!!

  5. spigenがイタリアンレザー使用のプレミアムケース「エンツォ」販売開始

  6. サイにフィットネストラッカー装着で飼育法を改良へ! ディズニーの動物テーマパークの試み

  7. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  8. Apple Watchで「不規則な心拍」の通知→検査でも異常アリ! 「Apple Watchスゲー」の声

  9. Garminスマートウォッチ 現行主要モデル&選び方ガイド【2022年版 】

  10. Anker MagGoシリーズのマグネット式モバイルバッテリーに10000mAhの大容量モデルが登場!

TAG

タグをさらに表示