検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. スマホで“聴こえ“を調整できる聴覚サポートイヤホン『Olive Smart Ear』、メガネスーパー305店舗で販売開始

スマホで“聴こえ“を調整できる聴覚サポートイヤホン『Olive Smart Ear』、メガネスーパー305店舗で販売開始

NEWS

2020.10.31

株式会社Olive Unionは、メガネ・補聴器チェーンの株式会社メガネスーパーと事業連携し、聴覚サポートイヤホン『Olive Smart Ear(オリーブスマートイヤー)』の販売を開始。系列店を含める全国305店舗で2020年10月22日より販売がスタートしています。なおメガネ販売店との提携は今回が初となります。当記事では、同製品の魅力について紹介します。

スマホ1台で「音の最適化」ができる聴覚サポートイヤホン


『Olive Smart Ear』は、従来は専門家の調整が必要だった「音の個別調整」がスマートフォン連携によりアプリ上で可能になった、次世代型のウェアラブルデバイスです。

ワイヤレスイヤホンと変わらないスタイリッシュなデザイン

最大の特徴は、ワイヤレスイヤホンと変わらないスタイリッシュなデザインであること。従来の補聴器や集音器は、その医療機器らしい見た目から、使用を敬遠してしまう人もいました。

第二の特徴は、音楽再生機能や通話機能などを採用している点です。Olive Unionは、より多くの「聞こえ」に課題のある方が、見た目を気にせず補聴器・集音器を付けられる社会の実現を目指しています。

『Olive Smart Ear』は韓国・日本・アメリカで昨年11月の販売開始以来10,000個以上を販売。今後も取り扱い店舗とエリアを拡大予定です。2020年01月には世界最大の家電見本市のCES(Consumer Electronics Show)で「イノベーションアワード」と「ベスト・ウェアラブルアワード」を受賞するなど、世界が注目する商品です。

『Olive Smart Ear』の特徴

■自動イコライジング機能

専用アプリを利用することでユーザーの聞こえに最適化された音に自動調整することができます。またイコライザー機能を使用して、周波数ごとの音量を調整することも可能です。

■環境や音の好みに合わせたモード選択
専用アプリでは「基本モード」「会話モード」「TVモード」「雑音の除去」の4つのモードをワンタップで簡単に切り替えることができます。環境や音の好みに合わせて簡単に調整できるので、どのようなシチュエーションでも最適な音の調整が可能です。

■通話・音楽再生機能
スマートフォンとのペアリングで通話と音楽再生が可能です。同製品を指でタップし、電話に出たり、切ったりすることもできるため、本デバイス一つで基本的な通話の操作ができます。

製品の詳細はこちら

商品名:『Olive Smart Ear』
通常価格:29,800円(税込)
充電時間:1時間
可動時間:7時間
カラー:ブラック、ホワイト
取り扱い:自社ECサイト, Amazon, 楽天, ヤフーショッピング, 全国家電量販店、メガネ販売店
HP: https://www.olive.store

メガネスーパー全店舗での取り扱い開始の背景


同製品は2019年11月の日本市場での販売開始以来、オンラインの販売チャネルだけでなく、ユーザーが実際に製品を試聴してから購入できる家電量販店などの実店舗の販売チャネルの拡大にも注力して来ました。

今までは家電量販店が主な実店舗の販売チャネルでしたが、2020年5月からメガネ・補聴器を取り扱うメガネチェーンの「メガネスーパー」の9店舗と試験販売を開始しました。

顧客からの好評に伴い8月から16店舗に拡大し、10月22日(木)には系列店も含めた全国305店舗での販売に拡大しました。

メガネスーパー コンタクト・補聴器グループ 坂本氏のコメント


メガネスーパーは眼と耳の健康寿命を配慮した商品・サービスを提供する会社として、現在メガネだけでなく補聴器の販売も行っています。しかし補聴器は高額なため、誰もが気軽に購入できるわけではありません。より幅広い選択肢をお客様に提供したいという想いから、エントリーモデルとして購入できる『Olive Smart Ear』の導入を決め、今月から全店導入いたします。

『Olive Smart Ear』のユーザーの7割以上は40~70代の方ですが、「聞こえ」に課題のある20代の方から80代の方まで幅広くご利用いただいています。

Olive Unionの今後の方針

日本の難聴者数は1,500万人を超える一方で、補聴器の普及率は14%と他の先進国と比較しても低いのが現状。 Olive Unionは補聴器・集音器の普及率の低さの要因となっている「価格」「デザイン」「機能」の改善に注力し、新しい選択肢を提供していくとのことです。

同製品は、全国800以上の実店舗と「自社ECサイト」「Amazon」「楽天」「ヤフーショッピング」などのオンラインECショップでの販売を実施。さらに、今回のメガネスーパー全店舗での導入をきっかけに、今後もより多くのユーザーに商品を届ける取り組みを進めていく予定とのことです。今年の9月からは、携帯ショップでの試験販売を開始しており、今後はメガネショップや携帯ショップのみならず、介護施設、デパート、補聴器ショップなどへも拡大にも注目です。

また、新商品の開発もスピード感を持って推進していくとのことで、すでに機能をアップグレードした両耳モデルの新デバイスは現時点で補聴器の米国食品医薬品局 (FDA)承認を取得しており、年内のリリース準備を進めています(日本での販売時期は未定)。

株式会社Olive Unionについて

同社は、2016年に韓国で創業したスタートアップ企業です。『Olive Smart Ear』は、スマートフォン連携を前提として設計し、音の調整をアプリ上で行うことを可能としました。これにより、設計・製造・流通等の各コストを大幅に削減することを 実現し、高性能ながら安価に入手できるとともに、デザイン性に優れた革新的なプロダクトを開発しました。米国クラウドファンディングサ イト「Indiegogo」では90万ドル以上の支援が集まり、米国食品医薬品局 (FDA)の承認も取得。

HP:https://www.olive.store

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  7. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. Apple Watchがキラキラ煌めくWEARPLANETのラインストーンカバー発売

  2. 熱中症情報をスマホやApple Watchに通知する「Yahoo!防災速報」アプリが便利!

  3. iPhoneで開きすぎたSafariのタブを一括削除する方法

  4. iPhoneからApple Watchの場所を探す方法&紛失モードの設定法を解説!

  5. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  6. 「残布を活用したApple Watchバンド」のクラファンが開始。近大生とのコラボ企画

  7. Apple WatchのSuicaの利用履歴を確認する方法

  8. 自動開閉で爽やかな朝日で起床! SwitchBotカーテン使用レビュー

  9. 歩くだけでApple Watchの「ムーブ」1000kcal超えは超大変! 実践レポート

  10. クラシックスタイルなFOSSILの新作スマートウォッチ「GEN 6 HYBRID」が発表

TAG

タグをさらに表示