検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 「来年以降のApple Watchは健康関連機能がさらに充実」と米国『The Wall Street Journal』が報道。体温測定機能で発熱の検知も?

「来年以降のApple Watchは健康関連機能がさらに充実」と米国『The Wall Street Journal』が報道。体温測定機能で発熱の検知も?

NEWS

2021.09.04

Apple Watch シリーズ7の発売時期が延期される見込みで、健康関連の新しいテクノロジーは同シリーズには搭載されないらしい――。

そんなニュースがほんの数日前に報道されたばかりですが、来年以降のApple Watchには下記のような健康関連の機能が大幅に追加されると、米国を代表する経済新聞『The Wall Street Journal』(以下WSJ)が9月1日付の電子版で報じました(*1)。

*1. https://www.wsj.com/amp/articles/apple-plans-blood-pressure-measure-wrist-thermometer-in-watch-11630501201

血圧変動トレンドの可視化

WSJの記事によれば、アップル社が開発中の新機能はユーザーの血圧の変動トレンドを可視化するもので、収縮期血圧(または最高血圧)や拡張期血圧(または最低血圧)の具体的な数字を示すものではないということです。

ただ、その機能がどれほどの恩恵をユーザーに与えるかは不透明で、あるいは大幅に変更される可能性もあるとのことです。アップル社の長期的な目標は現在のように腕を締め付けないでも血圧を測定できる機器を開発することだともWSJは報じています。

より進歩した睡眠計測機能

アップル社はApple Watch のシリーズ8以降で睡眠計測機能をより充実させる予定であるとのことです。

それには睡眠時間だけではなく、質、パターン、そして無呼吸を検知する機能が含まれるとのこと。この分野で先行するFitbitなどのライバル社に対抗するためと見られています。

これに関して、アップル社が直面する課題の1つにバッテリーの寿命があります。夜の間ずっとバッテリーの消耗を避けながらセンサーを作動させる技術が必要とされるからです。

血糖値モニター

WSJはまたアップル社が糖尿病を予防するための機能を腕時計に搭載することを目指しているとも報じています。

Apple Watchに血糖値モニター機能を追加する計画は数年前からありますが、実現はしていません。

体温測定

Apple Watch のシリーズ8以降に追加されるかもしれないと噂があるのが体温測定機能です。それには新しいタイプのセンサーが必要になります。WSJはこのセンサーは発熱を検知するだけではなく、女性の排卵周期を知る手がかりとなり、出産計画に役立つとしています。

現存機能の拡充

WSJ はまたアップル社がApple Watchの現シリーズに既にある機能のさらなる拡充を承認するよう、米国食品医薬品局(FDA)に働きかけているとも報じています。

それらは不整脈や血中酸素濃度が低くなったことを検知し、ユーザーに警告する機能です。現在は呼吸のパターンや血中酸素濃度を示すことはできていますが、警告する機能はありません。

これらの数値は健康であるかどうかの判断が人によって異なるため、線引きが困難です。警告する機能によって誤解が生じる可能性も否定できません。FDAに承認されるかどうかは、そこにかかってくるのではないかと思われます。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookはhttps://www.facebook.com/WriterKakutani

あわせて読みたい

Apple Watchにできること7選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!https://www.smartwatchlife.jp/25891/

Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?
https://www.smartwatchlife.jp/8759/

「体温測定スマートウォッチ」の怪しいTwitter広告を調査してみた!
https://www.smartwatchlife.jp/10580/

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示