検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. DAISOで買えるApple Watch 44mm保護ガラスケース使用レビュー。見た目は自然で使用感もそこそこの好製品!

DAISOで買えるApple Watch 44mm保護ガラスケース使用レビュー。見た目は自然で使用感もそこそこの好製品!

NEWS

2021.12.19

スマートフォンに保護カバーや保護フイルムを使用するのはもはや当たり前ですが、スマートフォンと同じくらい使用頻度が高Apple Watchについては、保護カバーや保護フイルムを貼っているユーザーは意外と少ないはず。

筆者もその一人で、Apple Watchは「消耗品」という感覚で使っているためか、ほとんどカバーをつけることがありません。

G-SHOCKのような保護カバー付きバンドもたまに使用しますが、それでも保護フイルムまでは貼っていません。

以前は保護シールを貼っていた時期もありましたが、Apple Watchはベゼル部分が丸みを帯びているため、中途半端な部分までしか保護シートを貼ることができず、見栄えが悪いのですぐに剥がしてしまいました。

表面が傷つきやすいApple Watchには保護ケースを

ただし、スポーツやアウトドア、日常の移動でもフル活用しているApple Watchですから、いろいろな場所にぶつけてしまいます。

筆者がよくやってしまうのが、「自転車で車道左側を走っている時に左側の植栽や壁に左腕を擦ってしまうこと」です。


こんな道だと、右側から車が来ると左ギリギリで自転車を走らせるので、たまに左腕を擦ってしまって、アップルウォッチを危険な目に遭わせてしまいます。

今使っているApple Watchも大切に使っているつもりですが、やっぱり細かな傷がいくつか付いています。

表面まで覆う保護ガラスケースが220円で手に入る

Apple Watchをそんな危険から守ってくれる保護ケースは、Amazon等の通販サイトや家電量販店でも販売されていますが、最も安く手に入るのが100円ショップ。

側面のみを保護するタイプのケースについては、以前に当サイトで下記のような使用レビュー記事を掲載しました。

【使用レビューはこちら!】ダイソーの100円Apple Watchケース使用レビュー。保護力はバッチリでした!

そのダイソーで、またもApple Watchの保護ケースを発見してしまいました。

新たに発見したのは表面まで保護してくれるタイプ。

さすがに価格は100円から上がって200円(税込220円)でしたが、それでもAmazonで最安の製品より安いです。

お店ではこんな形で売られていました。

以下、今回の記事では本製品の使用レビューをお届けします!

ここからが使用レビュー!

まずはパッケージを細かく見てみます。

ウリはやはり耐衝撃性の強さ。パカッと上からハメるだけで装着ができるようです。

筆者がチェックしたお店では44mmサイズのみが販売されていました。

40mmサイズは売り切れなのか、そもそも商品展開がないのかは不明です。

なお、最新のApple Watch Series 7はサイズ展開が「41mm」と「45mm」。

おそらく44mm向けの本製品は45mmのApple Watchには微妙に合わないはずなので、ケースはピッタリのサイズを購入するのがオススメです(なおバンドは1mmズレているモデルでも互換性があります)。

パッケージを開けると内容はこんな感じで、保護シールが貼ってあるApple Watchケースとウェット&ドライのクロスがそれぞれ入っています。

これなら200円しても仕方ないかな、と感じます。

実際に装着

では実際に装着をしていきます。

手順としてはまずはウェットクロスで表面を拭きます。

次に乾いたドライクロスで表面を拭きます。

そして保護ケースについている保護シールを剥がします。

表面に埃などが入っていない状態でカバーを装着します。

装着は上からカパッとはめるだけでとても簡単です。

装着した状態で側面部を見てみると、スピーカーの穴の位置を塞がないようにカバーにも穴が空いているのが分かりました。

リューズクラウンとサイドボタンの部分も、当然ですがサイズはピッタリと合っていて、外見上は全く違和感がありません。

肝心の使用感は?

使用感としては……やはり安い製品なので、少し微妙なところがありました。

ディスプレイの中央部分のタッチセンサーは違和感なく反応していると感じましたが、左下や右下のコンプリケーション部分のタッチセンサーの反応が少し鈍くなるかなと感じます。

また、デジタルクラウンのプッシュ動作は問題ないですが、クラウンを回転させようとすると、ケースが少し邪魔になって回しにくくなる印象です。

さらに右サイド下のプッシュボタンもケースがあるために少し盛り上がっているので、やはり少し押しづらいです。

もちろん「ケースを装着していない時に比べれば」ということなので、押せないわけではありません。

この保護ケースを便利だと感じるかどうかは、普段Apple Watchをどのように使用しているかによるでしょうし、いつも使用しているウォッチフェイスが何かにもよると思います。

筆者はコンプリケーションがたくさん入ったウォッチフェイスを愛用しているので、四隅のコンプリケーションの感度が悪くなるのは少しストレスに感じてしまいます。

ただし、普段こういったコンプリケーションを使っていないユーザーは全く問題ないでしょう。

外見上も私の使っているシルバーアルミニウムケースならば色も全く違和感がありません。

Apple Watchを使っていない人から見れば、200円のケースを付けていることも気づかれないと思います。

そして、装着時には「画面がどこかに軽くぶつかっても大丈夫」という安心感があるのが何より大きいです。

人により合う合わないはあるにせよ、非常に安い製品なので、お近くにダイソーがある人はお試し感覚で購入&使用してみてもいいでしょう。

なお、セリア等の100円ショップにもApple Watchの関連アクセサリーは販売されており、当サイトでは下記の記事などでレビューをしてます。こちらもぜひご一読を!

あわせて読みたい

セリアで100円で買えるApple Watch充電スタンド、使ってみたら……意外と良かった!

セリアの新作Apple Watch充電スタンド使用レビュー。使い勝手も見た目のカワイさも大幅向上!!

ダイソーの100円Apple Watchケース使用レビュー。保護力はバッチリでした!

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. 自動開閉で爽やかな朝日で起床! SwitchBotカーテン使用レビュー

  2. 歩くだけでApple Watchの「ムーブ」1000kcal超えは超大変! 実践レポート

  3. クラシックスタイルなFOSSILの新作スマートウォッチ「GEN 6 HYBRID」が発表

  4. AppleWatchバンド専門ECショップ「givgiv」が全商品 15%OFFキャンペーンを実施

  5. Apple Watchの睡眠記録アプリ「セルフバンク」ざっくりレビュー

  6. Apple Watchが電源オフもできない時の強制再起動法

  7. iPhoneが高熱を帯びる原因5選&その対処法を徹底解説!

  8. タグ・ホイヤーのスマートウォッチでNFTアートワークが表示可能に

  9. エスパス タグ・ホイヤー 表参道、6月25日より表参道ヒルズへ移転リニューアルオープン!

  10. 「Javier Calleja×CASETiFY」のiPhoneケース他テックアクセサリーが登場

TAG

タグをさらに表示