検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 「Xiaomi Watch S1 / S1 Active」が販売開始。Xiaomiの最上位スマートウォッチ

「Xiaomi Watch S1 / S1 Active」が販売開始。Xiaomiの最上位スマートウォッチ

NEWS

2022.03.22

Xiaomi(シャオミ)はスマートウォッチ「Xiaomi Watch S1」と「Xiaomi Watch S1 Active」を販売開始しました。

Xiaomi Watch S1 と Xiaomi Watch S1 Active はXiaomiのスマートウォッチのフラッグシップモデル。

・117 種類のフィットネスモード

・常時健康モニタリング

・最大 12 日間駆動のバッテリー

・5 気圧防水性能

・Bluetooth による電話応答

・Alexa 内蔵音声アシスタント機能

などを搭載しており、非常に多機能なスマートウォッチとなっています。

なお公式サイトにはNFC 対応*(マスターカードのみ)との記述がありますが、日本国内銀行を経由した取引に対応していないことが明らかになっています。

ただ、それ以外の点で非常に多機能なスマートウォッチである点は間違いありません。

以下、主な特徴を詳しく解説していきます。

1.43 インチ AMOLED HD (有機 EL)ディスプレイと精緻なデザイン


Xiaomi Watch S1 シリーズは、1.43 インチ AMOLED HD ディスプレイを採用し、カラフルで高解像度の見やすいウォッチフェイスを実現。さらに、Xiaomi Watch S1 は傷がつきにくいサファイアガラスとステンレス製フレーム、レザーストラップを採用し、より上品なスマートウォッチとなっています。

より快適でスマートな生活をサポートする各種機能

スマートフォンと Bluetooth 接続することにより、スマートウォッチをワンタップするだけで、通話することができる電話応答機能を搭載。NFC にも対応*し、マスターカードによる非接触決済もスマートウォッチで可能です。さらに、Xiaomi Watch S1 シリーズは Alexa を搭載しており、音声操作でその日の天気を確認したり、アラームを設定したり、IoT デバイスをコントロールすることができます。

最大 12 日間のバッテリー駆動**と 5 気圧防水性能***

Xiaomi Watch S1 シリーズは標準的な使用において、スタンバイモードで最大 12 日間、バッテリーセーバーモードで最大 24 日間駆動可能なバッテリーを備えています。防水性は 5ATM 基準に対応しており、装着したまま水泳をすることも可能です。さらに、XiaomiWatch S1 はワイヤレス充電にも対応しています。

血中酸素レベル測定****等による包括的なヘルストラッキング血中酸素レベル測定機能を搭載し、血中酸素レベル、心拍数、睡眠トラッキングを 24 時間モニタリングすることで、健康管理をサポートします。117 種類のフィットネスモードと、デュアルバンド GPS による高精度の位置情報取得HIIT(高強度インターバルトレーニング)やエリプティカルマシンなど 19 種類のプロフェッショナルモードを含む 117 種類のフィットネスモードを搭載し、トレッドミルやウォーキングなどのワークアウトモードを自動的に検出することができます。また、二つの周波数帯を用いるデュアルバンド GPS によって、より早く正確に現在地を把握することができます。

販売情報

カラーバリエーション
Xiaomi Watch S1 :ブラック、シルバー
Xiaomi Watch S1 Active :スペースブラック、ムーンホワイト、オーシャンブルー
オープンマーケット市場想定売価
Xiaomi Watch S1 :32,980 円(税込)
Xiaomi Watch S1 Active :22,980 円(税込)
販売チャネル
オンライン :Amazon、EC カレント、Xiaomi 公式ストア、ソフトバンクセレクション、ひかり TV ショッピング、ムラウチドットコム、楽天市場、楽天ブックス
量販店 :エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ
発売日:3 月 18 日(金)9 時(予約開始:3 月 15 日(火)22 時)
予約販売期間中(3 月 15 日~17 日)に購入された場合、最大 10%の割引が適応されます。

スペック

【Xiaomi Watch S1】

ディスプレイ、解像度1.43 インチ AMOLED、466×466 ピクセル、326 ppi
センサー光学式心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、気圧計センサー、照度センサー、デュアルバンド GPS
サイズ 46.5×46.5×11mm 重量 52g(ストラップを除く)
調整可能な長さ 157-241mm
バッテリー470mAh 標準使用で約 12 日間**ワイヤレス充電対応
対応 OSAndroid 6.0 以降、iOS 10.0 以降
接続 Bluetooth5.2
ストラップ素材 フッ素ゴム/革 耐久性 5ATM 基準の防水性能

【Xiaomi Watch S1 Active】

ディスプレイ、解像度1.43 インチ AMOLED、466×466 ピクセル、326 ppi
センサー光学式心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、気圧計センサー、照度センサー、デュアルバンド GPS
サイズ 46.5×47.3×11mm
重量 36.3g(ストラップを除く)
調整可能な長さ 160-220mm バッテリー 470mAh 標準使用で約 12 日間**
対応 OSAndroid 6.0 以降、iOS 10.0 以降
接続 Bluetooth5.2
ストラップ素材 TPU、シリコン 耐久性 5ATM 基準の防水性能
* NFC キャッシュレス決済は、Mastercard® 対応の決済端末でのみ受け付けられます。Mastercard®での支払い対応状況および NFC での支払い対応状況は、地域によって異なる場合があります。国内銀行を経由しての使用はできません。詳細は下記よりご確認ください。
https://www.mi.com/jp/product/xiaomi-watch-s1/
** データは Xiaomi labs.から取得したもので、実際のバッテリー寿命は異なる状況下で変動する可能性があります。
*** サウナ、熱いシャワー、ウォータースポーツ時の急流などは避けてください。また、ウォータースポーツの際には、急流に直接さらされないようにご注意ください。防水性能は永久的なものではなく、時間の経過とともに低下することがあります。
**** 血中酸素レベル測定機能は、病気の診断、予防、監視、予測、予後、生理学的プロセスの調査、またはその他の医療目的を意図したものではありません。すべてのデータとトラッキングは、健康のためや個人的な参考のためにのみ使用してください。不快に感じた場合は、専門の医療機器を利用する、または医師に相談してください。

あわせて読みたい


Xiaomiスマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド


Xiaomi Mi Smart Band5の新機能を徹底レビュー。健康機能がレベルアップ!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示