検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを発表

Apple、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを発表

NEWS

2022.09.13

アップルは9/8、新型iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを発表しました。

iPhoneをより直感的に体験できる新しいデザインのDynamic Islandと、常時表示ディスプレイを備えた新シリーズ。

スマートフォン史上最速のチップであるA16 Bionicを搭載したiPhone 14 Proは新しいクラスのプロ向けのカメラシステムを導入します。
クアッドピクセルセンサーを採用したiPhone史上初の48MPメインカメラや、明るさが足りない場所での写真を劇的に進化させた画像パイプラインであるPhotonic Engineを備えておりiPhoneはこれまで以上に日常的なタスクやクリエイティブプロジェクトの手助けをしてくれます。

さらには衛星経由の緊急SOSや衝突事故検出などの機能によって緊急事態にも欠かせないものとなります。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、ディープパープル、シルバー、ゴールド、スペースブラックの4つの美しい、新しい仕上げでお届けします。

予約注文は9月9日(金)から開始しており、販売は9月16日(金)から開始します。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、グレッグ・ジョズウィアックは下記のように述べています。

「お客様は、毎日iPhoneを頼りにしています。iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxにより、私たちは、ほかのどのiPhoneをも超える進化を届けます。

iPhone 14 Proは、一般ユーザーからプロまで、あらゆるユーザーが最高の写真やビデオを撮影できるようにするカメラシステムのほか、常時表示ディスプレイや、通知やアクティビティの新しい操作方法を提供するDynamic Islandなどの革新的な新しいテクノロジーを導入します。

画期的な安全機能はさらなる安心感をユーザーにもたらし、最も必要な時に助けます。さらに、驚くほどパワフルで効率的なA16 Bionicチップと一日中使えるバッテリーも搭載しており、これこそ史上最高のiPhoneです」

美しいデザインでスマートフォンの中で最も先進的なディスプレイ

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、医療に使われるレベルの美しいステンレススチールと質感のあるマットガラスのデザインを採用し、4つの美しいカラーがラインナップされています。

6.1インチと6.7インチのサイズの1どちらのモデルも、新しい1Hzのリフレッシュレートと複数の電力効率を高めるテクノロジーによってiPhone史上初となる常時表示ディスプレイを実現する、ProMotionを備えた新しいSuper Retina XDRディスプレイを搭載。

これにより、新しいロック画面がさらに便利になり、時計、ウィジェット、ライブアクティビティをいつでもひと目で確認できます。

この先進的なディスプレイによって、Pro Display XDRと同水準のHDRのピーク輝度と、最大2,000ニトというスマートフォンの中で最高の屋外でのピーク輝度も実現しています。
これは、iPhone 13 Proの2倍の明るさになります。

どちらのモデルも、新しい1Hzのリフレッシュレートと複数の電力効率を高めるテクノロジーによってiPhone史上初となる常時表示ディスプレイを実現する、ProMotionを備えた新しいSuper Retina XDRディスプレイを搭載しています。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、これまでのモデルと同様、強靭なCeramic Shieldの前面カバーを採用した業界トップクラスの耐久性を提供し、耐水性能と防塵性能によって一般的な液体をこぼしたりアクシデントが起きても保護されます。

スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープルの4つの魅力的な新しいカラー

Dynamic Island:インタラクティブなユーザー体験

フロントカメラ部分に採用されたDynamic Islandの導入によって、TrueDepthカメラは、ディスプレイを専有する面積が小さくなるように再設計されました。さらに画面上のコンテンツを阻害することなく、Dynamic Islandはアクティブな状態を保ち、シンプルなタップと長押しで簡単にコントロールにアクセスできるようにします。

マップ、ミュージック、タイマーなど、バックグラウンドで実行中のアクティビティは表示されたままでいつでも操作できるほか、iOS 16のライブアクティビティでスポーツの結果や配車状況などの情報を提供する他社製アプリケーションもDynamic Islandの利点を活用できます。


Dynamic Islandはハードウェアとソフトウェアの境界線を曖昧にし、様々な形になめらかに広がり、Face ID認証などの重要なアクティビティを明示します。

新しいクラスのプロ向けのカメラシステム

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxに搭載されているプロ向けのカメラシステムは、スマートフォンでできることの限界を押し広げ、一般ユーザーでもプロでも、あらゆるユーザーが最高の写真やビデオを撮影できるようにします。


iPhone 14 Proは、ハードウェアとソフトウェアの緊密な連係によってすべてのカメラで明るさが中程度から低度の写真の性能を飛躍的に向上させるPhotonic Engineを搭載したことで、コンピュテーショナルフォトグラフィをさらに進化させます。

メインカメラでは最大2倍、超広角カメラでは最大3倍、望遠カメラでは最大2倍、TrueDepthカメラでは最大2倍、性能が向上しています。

Photonic Engineは、Deep Fusionを画像処理のより早い段階で適用することで、この劇的な画質の向上を可能にします。これにより、圧巻のディテールを提供し、繊細な質感を維持し、より優れた色合いを表現して、写真の中により多くの情報を保つことができます。

新しい48MPメインカメラでは、3つの固定レンズの枠を超え、ポートレートモードに最適で使い慣れた焦点距離を提供する新しい2倍の望遠オプションを追加できる

新しい超広角カメラは、より優れたマクロ写真撮影機能を提供し、Photonic Engineによって明るさが中程度から低度の環境での性能が最大3倍向上

48MPメインカメラはiPhoneで初めてクアッドピクセルセンサーを採用し、光を20パーセント多く取り込み、より細部まで捉えてノイズを少なくしている

コンピュテーショナルフォトグラフィを次のレベルへと引き上げて、iPhoneの新しいプロ向けのカメラシステムはポートレートモードで美しい写真を提供する

改良された望遠カメラは、Photonic Engineにより、明るさが中程度から低度での性能が最大2倍向上

クアッドピクセルセンサーが4つのピクセルごとに1つの大きなクアッドピクセルにまとめることによって、12MPの写真サイズを維持しながら、明るさが足りない場所で素晴らしい撮影が可能に。

クアッドピクセルセンサーはProRAW画像での細部に最適化されており、より精細でクリエイティブなコントロールが可能な48MPの画像を提供

Photonic Engineを搭載した新しい48MPメインカメラでは、明るさが中程度から低度の環境での性能が最大2倍向上している

撮影される写真に合わせて適応するクアッドピクセルセンサーを採用した新しい48MPメインカメラが搭載されたほか、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正が搭載されました。

クアッドピクセルセンサーが4つのピクセルごとに1つの大きな2.44µm相当のクアッドピクセルにまとめることによって、実用的な12MPの写真サイズを維持しながら、明るさが足りない場所で素晴らしい撮影が可能になります。

また、クアッドピクセルセンサーは2倍望遠オプションも可能にし、デジタルズームを使用せずに、センサーの中央部分の12メガピクセルを使用してフル解像度の写真や4Kビデオを撮影できます。

48MPメインカメラに搭載されたクアッドピクセルセンサーはプロのワークフローに利点をもたらし、ProRAWでの細部に最適化され、かつてないほどの水準で細部を捉えている

プロ向けのカメラシステムのその他のアップグレードと機能には、以下が含まれます。

新しい12MP超広角カメラは1.4µmピクセルを採用し、より細部まで捉えたよりシャープな画像を実現し、すでにパワフルなマクロ撮影機能をさらに向上させます。

改良された望遠カメラは、3倍の光学ズームを提供します。

ƒ/1.9の絞り値を採用した新しいTrueDepthフロントカメラは、明るさが足りない場所での写真とビデオの性能を向上させます。初めてオートフォーカスを使って、明るさが足りない場所でも、より遠くから集合写真を撮影する場合でも、さらに高速にピントを合わせることができます。

新しいアダプティブTrue Toneフラッシュは完全に再設計され、選択した焦点距離にもとづいてパターンを変える9個のLEDが並べられています。

パワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィの利点には、ナイトモード、スマートHDR 4、ポートレートライティングを備えたポートレートモード、ナイトモードのポートレート写真、あらゆる写真の見た目をパーソナライズするフォトグラフスタイル、Apple ProRAWなどがあります。

新しいアクションモードでは、動きながらビデオを撮影している時でも、大きな揺れ、動き、振動に合わせて調整を行い、驚くほどなめらかなビデオを撮影できます。

シネマティックモードは、30fpsの4Kと24fpsの4Kで利用できるようになります。

プロレベルのビデオワークフローには、ProRes3やエンドツーエンドのドルビービジョンHDRが含まれます。


新しいアクションモードでは、動きながらビデオを撮影している時でも、大きな揺れ、動き、振動に合わせて調整を行い、驚くほどなめらかなビデオを撮影できます。

衝突事故検出と衛星経由の緊急SOS

iPhone 14の全ラインナップに画期的な安全機能が導入されており、最も必要な時に緊急通報サービスを利用できます。

最大256Gの重力を測定できる新しいデュアルコア加速度センサーと新しいハイダイナミックレンジのジャイロスコープの搭載により、iPhoneの衝突事故検出は、自動車での重大な衝突事故を検出し、ユーザーの意識がない場合やiPhoneが手の届かない場所にある場合には自動的に緊急通報サービスに発信できるようになりました。

こうした機能は、車内の圧力変化を検知できるようになった気圧計、追加情報として速度の変化を測るGPS、自動車での重大な衝突事故で一般的に発生する大きなノイズを認識できるマイク4などの既存の部品で構築されています。

Appleが設計し、100万時間以上の実世界での走行と衝突事故データでトレーニングされた高度なモーションアルゴリズムが、さらなる正確性を提供します。

Apple Watchと組み合わせると、衝突事故検出は両方のデバイスが持つそれぞれの強みをシームレスに引き出し、ユーザーが効率的に助けを呼べるようにします。

自動車での重大な衝突事故が検出された場合、Apple Watchがユーザーの近くにある可能性が最も高いため、Apple Watchに緊急通報サービスの通話インターフェイスが表示され、一方、iPhoneが最も接続状態の良い通信圏内にある場合はiPhoneを通じて通話が発信されます。


衝突事故検出は、Appleの設計したアルゴリズムと組み合わせた専用部品を使用して、自動車での重大な衝突事故を検出し、ユーザーの意識がない場合やiPhoneが手の届かない場所にある場合には自動的に緊急通報サービスに発信します。

また、iPhone 14のラインナップには衛星経由の緊急SOSも導入されており、ソフトウェアと緊密に連係する独自の部品を組み合わせることで、アンテナが衛星に直接接続できるようにし、携帯電話通信やWi-Fiの圏外でも緊急通報サービスにメッセージを送ることができます。

衛星は帯域幅の狭い動く標的で、メッセージが届くまでに何分もかかってしまう可能性があります。一刻を争う状況なので、衛星経由の緊急SOSでは、iPhoneはいくつかの重要な質問を最初に投げかけてユーザーの状況を判断し、衛星に接続するにはiPhoneをどこに向ければよいのかを指し示します。

その後、初期の質問とフォローアップメッセージが、Appleのトレーニングを受けた専門スタッフのいるセンターに中継され、スタッフがユーザーに代わって救助を呼びます。この画期的なテクノロジーでは、ユーザーは携帯電話通信やWi-Fi接続の圏外であっても、衛星を介して手動で自分の位置を「探す」で共有できるので、通信圏外でハイキングやキャンプをしている時も安心です。

※衛星経由の緊急SOSは、11月に米国とカナダのユーザーに提供されるサービスです。

衛星経由の緊急SOSを導入し、ユーザーは携帯電話通信やWi-Fiの圏外でも緊急通報サービスにメッセージを送ることができる

一刻を争う状況で、ユーザーが緊急通報サービスにメッセージを送る時、衛星との接続を維持するためにiPhoneを向けるべき方向が表示されます。

こ衛星を介して手動で自分の位置を「探す」で共有できるので、通信圏外でハイキングやキャンプをしている時も安心

A16 Bionic:スマートフォン史上最速のチップ

iPhone 14シリーズに搭載されているA16 Bionicチップは一日中使えるバッテリーを実現し、素晴らしいコンピュテーショナルフォトグラフィ機能を提供します。

2つの高性能コアと4つの高効率コアで構成される新しい6コアCPUは、他のスマートフォンに比べ最大40パーセント高速で、負荷の大きい作業も簡単に処理します。

グラフィックスを駆使したゲームやアプリケーションに最適な、メモリ帯域幅が50パーセント多く、高速化された5コアGPUと、毎秒17兆回近くの演算が可能な新しい16コアのNeural Engineを搭載しています。

Appleのクラス最高のフュージョンアーキテクチャを使用してパフォーマンスとエネルギー節約を組み合わせることで、わずかな電力で、より優れたパフォーマンスを提供します。

プロ向けのカメラシステムの土台を支えるA16 Bionicは、驚くようなコンピュテーショナルフォトグラフィ機能を実現。

CPU、GPU、Neural Engine、画像信号プロセッサがシームレスに連係して新しいカメラハードウェアをサポートし、写真1枚あたり最大4兆回の演算を行います。

A16 Bionicは他社より何世代も先を進んだチップで、驚くようなコンピュテーショナルフォトグラフィ機能を実現

iOS 16を搭載

iPhone 14 Proの新機能を活用するように設計されたiOS 16は、再構築されたロック画面のほか、新しいコミュニケーション、共有、知能の機能を提供し、これらが組み合わさることでユーザーがiPhoneを体験する方法が一変します。

ロック画面は、写真の被写体が時間の手前に巧みに配置されるマルチレイヤーエフェクトや、情報を一目で確認できる新しいデザインのウィジェットで、これまで以上により自分らしく、美しく、便利になリます。

インスピレーションを刺激するロック画面の壁紙ギャラリーには、Appleコレクション、一日を通じて変化する天気予報をライブで確認できる「天気」の壁紙、地球、月、太陽系を表示するアストロノミーの壁紙など、幅広い選択肢が用意されています。

メッセージでは、ユーザーは送信して間もないメッセージを編集または取り消したり、後で対応できるように会話を未読にすることができます。iCloud共有写真ライブラリでは、家族と写真のコレクションを共有することがさらに簡単になります。

「テキスト認識表示」は、ビデオの中のテキストを認識する機能や、すばやく通貨を変換したりテキストを翻訳したりできる機能が加わり、さらにパワフルになります。「画像を調べる」には、画像内の対象物を長押しして背景から抜き出し、メッセージなどのアプリケーションに配置できる新機能が加わります。


iOS 16のロック画面では、写真の被写体が時間の手前に巧みに配置されるマルチレイヤーエフェクトや、情報を一目で確認できる新しいデザインのウィジェットを利用できる

「テキスト認識表示」は、デバイス上の知能を使ってiOS全体で画像の中のテキストを認識し、この機能がビデオにまで広がった。ユーザーは、あらゆるフレームでビデオを一時停止して、テキストを操作できる。

iPhoneと環境

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、環境に対する影響を最小限に抑えるように設計されています。MagSafeで使われているものを含め、すべてのマグネット部品に100パーセント再生希土類元素を使用し、Taptic Engineには100パーセント再生タングステンを使用しています。

また、どちらのモデルでも、複数のプリント基板のはんだ付けに100パーセント再生すずを使用し、複数のプリント基板のメッキとすべてのカメラ内のワイヤーに100パーセント再生金を使用しています。

繊維ベースのパッケージでは、外側のプラスチック包装を使用せず、2025年までにすべてのパッケージからプラスチックを完全に取り除くというAppleの目標に一歩近づきました。

今日、Appleはカーボンニュートラルなグローバル企業であり、2030年までに製造サプライチェーンおよび製品ライフサイクル全体で100パーセントカーボンニュートラルにするよう取り組んでいます。

これは、販売されるすべてのApple製デバイスで、部品製造、組み立て、輸送、お客様の利用、充電、そしてリサイクルや素材の回収まで、気候変動に及ぼす影響をネットゼロにすることを意味します。

価格と販売について

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、ディープパープル、シルバー、ゴールド、スペースブラックの仕上げがあり、128GB、256GB、512GB、1TBのストレージ容量から選べる。

日本では、9月9日(金)午後9時(日本時間)から予約注文を開始し、9月16日(金)から販売を開始。

iOS 16は、9月13日(火)に無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。

MagSafe対応レザーウォレットとiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Max用のレザーケースは、ミッドナイト、フォレストグリーン、インク、アンバー、オレンジの5つの新しいカラーから選べます。

あわせて読みたい


Apple Watch Series 8の進化ポイントを徹底解説!


Apple Watch Ultraの魅力と通常Series 8との違い18点を徹底解説!

 

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  3. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  4. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  5. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  8. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  9. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  10. Apple Watchは睡眠時の呼吸数が分かる!その数値の意味も解説

NEW CONTENTS

  1. マグネット式バックルでスマートに取り外し。Apple Watch用交換バンド「Esalta 本革マグネバックル」。

  2. Garminの直営店『ガーミンストア銀座』が常設店舗に!東急プラザ銀座5階でリニューアルオープン。

  3. Apple Watchと iPhoneの緊急通報サービス、誤作動が救助活動の妨げになる恐れ

  4. ウェアラブルEXPOで見た、スマートウォッチの技術をビジネスに活かす各企業の取り組みとは。

  5. Ouraリング20日間使用レビュー【第3世代Horizon】睡眠、運動や心身の疲労を高精度で計測する超凄いスマートリング

  6. Apple WatchのSpO2(酸素飽和度)モニターが16歳少年スキーヤーの命を救う

  7. Wear OS 3搭載スマートウォッチ「DIESEL ON GRIFFED GEN 6」使用レビュー。かっこよさと便利さが一緒になった逸品。

  8. 先端テックと出会えるウェアラブルEXPOにTicWatch ティックウォッチが出展。Wear OS by Google搭載のスマートウォッチを展示。

  9. Google Pixel Watchに対応したプレミアムレザーバンドがEPONASから発売。10%オフの特典がついた先行予約販売開始!

  10. 新製品を購入するとAmazonポイント15%付与!Caseologyから発売のApple Watch Ultra, Series 8に対応するケース「ヴォールト」&「強化ガラスフィルム」が対象。

TAG

タグをさらに表示