検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 音楽アーティスト御用達「IK Multimedia」がソーシャルディスタンスを維持するためのウェアラブルを販売

音楽アーティスト御用達「IK Multimedia」がソーシャルディスタンスを維持するためのウェアラブルを販売

NEWS

2020.05.21

ソーシャルディスタンスを簡単に計測

『IK Multimedia』と言えば、音楽制作のプロなら知らない人はいないDTMの超有名ブランド。新コロナウイルスで深刻な被害を受けたイタリアの企業である『IK Multimedia』が生み出したのが、職場で働く人々が安全な社会的距離(ソーシャルディスタンス)を維持するための、特許出願中のウェアラブルデバイス「Safe Spacer」です。他の「Safe Spacer」が6フィート(約2メートル)以内に近づくと、これを正確に検知し、振動、LED、音でアラートを発します。世界的なウイルスの流行により、現在ソーシャルディスタンスは非常に重要視されています。「Safe Spacer」は、職場で働く人々や顧客に安全と安心感を与える距離を知らせることにより、社会生活をスムーズに行うためのデバイスです。個々の「Safe Spacer」には個別のIDが設定されており、接触履歴の追跡も可能です。

職場や公共場所でのソーシャル・ディスタンスの確保に利用可能



「Safe Spacer」は、工場、倉庫、オフィスなどで働くスタッフが、ソーシャルディスタンスを保つために役立ちます。また、職場だけでなく、学校、病院、デパート、美術館など、公共の場所でのソーシャルディスタンスの確保にも利用できます。防水仕様なので、プールやジムでも使用可能です。

製品の主な特徴

ソーシャル・ディスタンスより近づいたユーザーに振動、LED、音によるアラート通知


「Safe Spacer」は、他のユーザーが約2m以内に接近すると、自動的にアラートを発します。アラートの種類は振動、LED、音から選択でき、使用する場所に合わせたアラートが利用できます。ユーザーが常に注意を払っていなくても、ソーシャルディスタンスより近づく動きを予測してアラートを発信する、機械学習アルゴリズムも利用されています。

Ultra Wideband (UWB)を使用しBluetoothの10倍の精度を実現

「Safe Spacer」は、『Apple』の「iPhone 11」などの最新デバイスでも利用されているUltra Wideband (UWB)を使用し、デバイス間の正確な距離を測ります。これは従来のBluetoothを使用した位置測定の約10倍の精度です(「Safe Spacer」は10cm単位での距離把握が可能)。また、Bluetoothとは異なり、複数デバイスが近接した場合でも、混信の無い高い精度を維持します。

さまざまな携帯方法に対応


「Safe Spacer」は、リストバンド、ストラップ、キーチェーンに取り付けて携帯します。職場環境に応じて、最適な携帯方法が選べるのも魅力です。

特別なITインフラは不要

「Safe Spacer」は、特別なITインフラを必要とせず、10人~1,000人規模の職場にスムーズに導入できます。難しい設定は不要ですぐに導入できるだけでなく、使用する場所に応じてカスタマイズすることも可能です。

防水仕様で洗浄・消毒可能


「Safe Spacer」は、使用後に洗浄・消毒することを想定して設計されています。また、「Safe Spacer」は、NFC技術(近距離無線通信)、Bluetoothを使用して非接触で動作するため、デバイス自体に触れる必要性は最小限に抑えられています。

アプリを使用し機能をカスタマイズ


「Safe Spacer」は、iOS / Android上で動作する専用アプリから制御できます。IDを特定の従業員に割り振る、接触履歴をトレースする、検知する距離やアラートのしきい値をカスタマイズする、さらにはバッテリー残量を確認することも可能です。

「Safe Spacer」は予約受付中

「Safe Spacer」は2020年第3四半期に€99.99(税別)でリリース予定。Webサイトで日本からも予約を受け付けています。
https://www.safespacer.net

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  2. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  3. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

  4. Garminから初心者向けフィットネスGPSウォッチ最新モデル『Venu Sq 2』『Venu Sq 2 Music』が新登場

  5. iPhone/AirPods/Apple Watchを3台同時充電! 3in1タイプのマグネット内蔵ワイヤレス充電器をエレコムが新発売

  6. Apple Watchは水泳練習の良きパートナーになれる。水泳で徹底使用レポート

  7. Amazfit、最新スマートバンド「Amazfit Band 7」を発表

  8. NOMADの薄型AppleWatchスポーツバンドから新色スノーホワイトが登場

  9. 買う前に読んで! Apple Watch Ultraを普段遣いした人への注意点6選

  10. あれ、Series 7とほぼ一緒!? Apple Watch Series8[速報]使用レビュー【動画あり】

TAG

タグをさらに表示