検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. ランニングに最適なスマートウォッチ、オススメ10点はコレだ!すべてVO2MAX測定機能を搭載【2021年 最新版】

ランニングに最適なスマートウォッチ、オススメ10点はコレだ!すべてVO2MAX測定機能を搭載【2021年 最新版】

NEWS

2021.07.25

スマホの通知を受け取れたり、キャッシュレス決済ができたり、歩数や消費カロリーを記録できたりと、多様な機能を持っているスマートウォッチ。

高性能な機種にはランニングのタイムや距離、心拍数を記録できたり、アスリートの心肺能力を測定する有力な指標であるVO2MAX(最大酸素摂取量)を測定できたりと、ランニングに役立つ機能が豊富なものも多いです。

そのように各種データをスマートウォッチで記録できれば、ランニングのモチベーションは上がりますし、より効果的なトレーニング計画を立てられます。

スマートフォンでも距離やタイムのデータを取ることができますが、腕からの心拍数の測定は不可能。本気でランニングに取り組みたいなら、心拍計測できる腕時計型のスマートウォッチは非常に役立つアイテムなのです。

本記事では、そうしたスマートウォッチをランニングに使うメリットを紹介しつつ、オススメのモデル10点をご紹介します。

スマートウォッチをランニングで着けるメリット

まずは、スマートウォッチをランニングで着けるメリットをご紹介していきます。

ランニングのログ等の数値を取れてタイム向上に役立つ

運動のログを取れるスマートウォッチの多くは「ランニングモード」を搭載しています。

ランニングモードで計測されるのは走行距離や心拍数など。高性能な機種ならラップタイム(一定の距離ごとの所要時間)なども計測可能で、GPS搭載の機種なら走行ルートの記録も可能です。

なお記録したログはスマホアプリでも閲覧可能で、ログを見返すことでより効果的なトレーニングも可能になります。

そして下記で紹介している10モデルはVO2Max(最大酸素摂取量)の計測が可能。自身の心肺能力を把握し、その向上を数値の変化で実感することもできるのです。

参考リンク:VO2maxの解説記事はこちら!

目標距離を設定することでモチベーションにつながる

スマートウォッチのランニングモードでは、目標を設定可能なモデルもあります。

アプリと連動して目標距離を設定しておくと、達成したときにスマートウォッチのバイブが鳴ってお知らせしてくれたりするので、モチベーションのアップにつながるでしょう。

ランニングにオススメのスマートウォッチ10選はこちら!

Apple Watch NIKE SERIES 6


一緒に走りたくなる究極のランニングパートナー

2020年に発売が開始された最新のApple WatchがSeries6です。こちらはSeries 2から続くNIKEとのコラボモデルで、専用のナイキスポーツバンドが付属し、オリジナルの文字盤も用意。「Nike Run Club」アプリもプリインストールされています。

Apple Watchの特徴は、ランニング等の運動の記録から、スマホの通知受取、キャッシュレス決済まで、あらゆる機能がハイレベルなこと。GPSももちろん搭載しており、ランニングのルートも記録可能。財布を持たずに走りに出ても内蔵したSuicaで買い物もできちゃいます。

なお最新のSeries6では血中に取りこまれた酸素のレベルを計測できる「血中酸素ウェルネス」センサーも新搭載したこと。近年のApple Watchは健康面において著しい進化を遂げており、この最新モデルによって、健康分野でもトップランナーに躍り出たと言っても過言ではありません。また、日常使いという点では常時表示時の明るさアップもうれしいポイントです。
搭載スペック

※下記の搭載スペックは編集部調べのデータになります

Garmin ForeAthlete 945


Amazonで詳細を見る

地図データを内蔵したプロモデル

GPS機器の世界トップ企業のGarmin。この「ForeAthlete」シリーズは、ランニング、トライアスロン、バイク、スイミング等のワークアウトに対応する、手首のトレーニングパートナー。ランニングではピッチ、ストライド幅等の重要なランニング指標を測定しランニングフォームを分析してくれます。プロアスリートは自分の限界を見つけてそれを超えるために、ワークアウトのビギナーは日々の成長を実感するために、非常に有用に使えるでしょう。なおウォッチ上にカラー地図を表示することで街や森林を走ってもコースから外れないようにサポートする機能も。ケース幅47㎜。5気圧防水。

搭載スペック

Garmin ForeAthlete 745

Amazonで詳細を見る

Suicaが使える最新モデル
こちらも「ForeAthlete」シリーズの一つで、最先端のランニング&トライアスロン用GPSウォッチ。最近のトレーニング状態に基づいて、自分専用のトレーニング(ワークアウト)が提案されます。GPSモードで約16時間稼働。Suicaも使用可能というところが嬉しいです。ケース幅43.8㎜。5気圧防水。

搭載スペック
(搭載スペックアイコンをクリックすると機能の詳細が見られます)

【発売時の詳細なニュース記事】

GarminのSuica対応GPSランニングウォッチ『ForeAthlete 745』が10月1日(木)に発売

Garmin ForeAthlete 245music


Amazonで詳細を見る

音楽再生機能とトレーニング機能を両立
最大500曲をウォッチに保存可能で、音楽を聴きながらランニングする人にピッタリのGPSウォッチ。一部の配信サービスからの同期にも対応。もちろんVO2MAX値の測定などトレーニング機能も充実。ケース幅42.3㎜。5気圧防水。

搭載スペック

Garmin ForeAthlete 55


Amazonで詳細を見る

ビギナーにぴったりなスマートウォッチ

2021年6月発売の新モデル。約37gと軽量でコンパクト、価格も2万円台と、これからスマートウォッチデビューする人にはうってつけのランニング向けスマートウォッチです。

GPS機能と光学式心拍計を搭載、心拍数、走行距離やペースなどをしっかり計測可能。毎日の消費カロリーやストレスレベル、睡眠、体のエネルギー状態を数値化する独自の指標Body Battery、歩数など、各種ヘルスモニタリング機能も充実しています。

搭載スペック

Garmin Enduro


Amazonで詳細を見る

2021年4月8日に発売。

軽量かつソーラー充電でGPSを駆動しながら最大80時間バッテリーが持続するトレイルランやウルトラランに最適なモデルです。

このモデルは、消費電力の大きいGPSモードでも約80時間稼働。最長稼働のバッテリー節約ウォッチモードではなんと約365日稼働します。

新機能の「トレイルランVO2 Max(最大酸素摂取量)」は、頻繁に変化する地形でのアクティビティでも、精度の高いVO2 Max測定可能。

「休息タイマー」機能では、ウルトラレースやマラソン中にエイドステーションで過ごした時間を記録することで実際に走っていた時間を正確に確認可能です。

さらに登山道、傾斜地での標高差やピークまでの距離、勾配などを表示する「ClimbPro」にも対応しています。

トレイルラン&ウルトララン用スマートウォッチの決定版とも言える存在です。

ケース幅は51mm、10等級(100m)防水。通常使用時のバッテリーの持ち時間は約65日間。カラーはTitaniumとSteel。

搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

『Garmin』最長365日、GPSモードで80時間駆動のパワフルバッテリースマートウォッチを発表

【Garmin】疲労度の目安となる「血中酸素トラッキング」機能に対応! 4月下旬からアップデート

Polar(ポラール) Vantage V2

BLACK

Amazonで詳細を見る
2020年11月発売の新世代フラッグシップモデル

心拍トレーニング製品の世界的企業のPolar(ポラール)。

心拍計測機能に優れたハイレベルなスポーツスマートウォッチを手掛けており、トレーニングのガイド・サポート機能が非常に優秀。ランニング、サイクリング等の各種競技向けモデルを多数ラインナップしています。

こちらはそのPolarの新世代フラッグシップモデル。高精度の心拍数計測ほかランニング等のパフォーマンスやパワーの計測機能も搭載しており、トレーニング効果や回復レベルまで可視化可能。アスリートの強い味方になってくれます。ケース幅47mm、52g、100m防水。

搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

ランニング&マルチスポーツモデルの最高峰! Polarの新世代フラッグシップモデル「Polar Vantage V2」登場

【あわせて読みたい】

Polar Vantage V2 試用レビュー。本気のランナーにおすすめのスマートウォッチ!

Polar Vantage V2のコーチング機能の凄さを着用レビュー!

Polar Vantage M2


Amazonで詳細を見る
オールラウンドな機能を持つGPSウォッチ
軽量・オールラウンドなランニングGPSウォッチ。心拍数計測機能、ランニング能力のスコア化、トレーニング負荷の算出、睡眠分析など機能は多様で、最初の一本ならこれで十分すぎる機能が備わっています。

ケース幅46mm、30m防水、通常使用時のバッテリーの持ち時間最大7日、カラーはブラック・グレー、ゴールド・シャンパン、グレー・イエロー、カッパー・ブラウン。
搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

炭水化物、たんぱく質、脂肪の消費割合を表示!プロアスリートも愛用する『Polar』の人気スマートウォッチ新モデルが大進化!

Polar Igniteとは

高度な睡眠分析機能を搭載したフィットネスウォッチ
自律神経も含めた高度な睡眠分析、GPS、2色9LEDの心拍計測を搭載したフィットネスウォッチ。回復(睡眠)と疲労(運動)のバランスを分析し、1日の指針を示してくれます。

Polar Ignite2


Amazonで詳細を見る
ケース幅43mm、防水 30m、通常使用時のバッテリーの持ち時間最大5日、カラバリはゴールド・シャンパン、ストームブルー、ローズゴールド・ピンク、ブラックパール。
搭載スペック
【発売時の詳細なニュース記事】

炭水化物、たんぱく質、脂肪の消費割合を表示!プロアスリートも愛用する『Polar』の人気スマートウォッチ新モデルが大進化!

 

Polar M430


Amazonで詳細を見る
コーチング機能もあるGPSランニングウォッチ
6LED光学式心拍計を搭載したGPSランニングウォッチ。データ分析に基づくコーチング機能、ランニング走力の強化するサポート機能を備えています。51gと非常に軽量で、ランニング入門者には最適なスマートウォッチといえるでしょう。30m防水。
搭載スペック

【関連記事】

シューズを履いて走るだけでランニングフォームを解析! スマートフットウェア「ORPHE TRACK」

スマートウォッチが各種運動の消費カロリーを推定できるワケは? 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. ケース不要派も大満足! 重さ6gの超極薄iPhoneケース「フロストエア」、付けても見た目はiPhoneそのままの美しさ

  4. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  5. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  6. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  7. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  8. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  9. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  10. 2021年10月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

NEW CONTENTS

  1. なんとChargeSPOT使い放題!「ChargeSPOTアンバサダー」大募集

  2. 持ち運びに便利なApple Watch充電器10選 【2022年最新版】

  3. 【二子玉川 蔦屋家電】第2回「蔦屋家電+ 大賞」を発表。Romi(株式会社ミクシィ)がグランプリに

  4. 3000円台とコスパ抜群! ペットカメラ「Tapo C200」使用レビュー

  5. 第2回蔦屋家電+ 大賞にMEMSスピーカー搭載「Faunaオーディオグラス」が入賞

  6. 「BE@RBRICK×CASETiFY」のiPhoneケースやテックアクセサリーが発売。コレクター必見の創立10周年モデル!

  7. 「第2回 蔦屋家電+ 大賞」でトップ10に入賞! キャッシュレス時代のiPhoneケース「Wrapup」に注目

  8. iPhoneケースで人気のROOT、多機能ネック/ショルダーストラップ「UTILITY WEBBING」に新色を登場

  9. Uberの撤退から読み解く、Apple Watchアプリの難点とは?

  10. Xiaomiスマートウォッチが格安で買えるサイトを発見! オススメ3モデルを紹介

TAG

タグをさらに表示