検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watch購入時のバンドの選び方を徹底解説!スポーツバンド、レザー、ステンレス、ソロループ……各々の魅力と弱点は?

Apple Watch購入時のバンドの選び方を徹底解説!スポーツバンド、レザー、ステンレス、ソロループ……各々の魅力と弱点は?

NEWS

2022.09.13

「よし!買おう」と決意した後も、実はほかにも決めなければいけないことが本当に多いApple Watch。最新のSeries 8 に決めた場合でも、

「GPS + セルラーモデルにするか、GPSモデルにするか」
「ケースはアルミか、ステンレススチールかチタニウムか」
「ケースの色は黒系にするかシルバー系にするか。それともグリーンやレッドか」
「ケースのサイズは41mmか45mmか」
「バンドはどれにするか」

などなど、迷うポイントが沢山あります。今回はその中でも「バンドの選び方」の問題について掘り下げていきます。

このテーマを含めたApple Watchの選び方は、下記の動画でも紹介していますので、ぜひ合わせてチェックを!

 

購入時に選べるバンドは素材・色別で何十種類もある!

Apple Watchは購入時にケースの素材やカラーを選ぶ必要がありますが、その際にはバンドを1本選ぶことも必要です。

Apple Watchのバンドは、Apple以外のブランドも数百円程度の価格から多種多様な製品を販売してはいますが、Appleが発売する純正のバンドは安くても5000円程度。

購入時はそのバンドが1本自由に選べるので、購入後も自由に付け替えが可能とはいえ、慎重に選びたいところです。

そして悩ましいのは、購入時に選べるバンドの種類が非常に豊富なこと。

素材、種類別だけでも以下のようなものがあり、各々に豊富なカラーバリエーションが用意されています。

・ソロループ

・ブレイデッドソロループ

・スポーツバンド

・スポーツループ

・レザー

・ステンレススチール

以下、各々の種類のバンドの特徴や、使用時のメリット・デメリットを詳しく解説していきます!

定番の「スポーツバンド」。Apple Watchで一番イメージしやすいのはコレ!

Amazonで詳細を見る

みなさんが「Apple Watch」と聞いたときに真っ先にイメージするのは、このスポーツバンドとの組み合わせではないでしょうか。

スポーツバンドはいわゆるシリコン製のバンドで、名前の通りスポーツシーンに向いたもの。

耐水性が強く、付け心地も柔らかななので、普段遣いのバンドに非常に向いています。

Apple Watchの本体価格そのままで購入できる点も魅力で、付け心地を重視する人、運動時の使用をメインに考えている人などには有力候補となるでしょう。

ただ弱点と言えるのは、スポーティーな雰囲気のバンドのため、カッチリしたシャツやスーツなどのフォーマルな服装には合わないこと。

水を吸わない素材なので、汗をかいたときにベタつきが気になる方もいるかもしれません。

なおAmazonではApple以外のブランドが手掛ける製品が1000円未満の価格で販売されています。

スポーツループ=ナイロン素材のバンド。こちらもスポーツ向き!

Amazonで詳細を見る

Appleが「スポーツループ」と読んでいるのは、いわゆるナイロン繊維のバンドのこと。

こちらもApple Watchでは以前から定番のバンドの一つで、繊維素材のため上記のような複数カラーを編み合わせたものなど、ポップなカラーの製品が多いのが特徴です。

そして何よりの魅力は軽さと柔らかさ。上のシリコン素材の「スポーツバンド」以上に肌触りがいいので、「とにかく付け心地のいいバンドがいい」という人には一番のオススメです。

そして名称の通り、スポーツに向いているバンドであるというのも一つの特徴。多少の汗や水分なら繊維内部に吸い込んでくれるので、嫌なベタつきもありません。

こちらもApple Watchの本体価格そのままで購入できる点も魅力です。

逆に弱点と言えるのは、やはりフォーマルなファッションと合わせると浮いてしまいがちなところ。

そして吸水性があるぶん、大量の水を浴びてしまうと、中に水分を溜め込んでしまうのでグチョグチョに。乾くのにも少し時間がかかります。

また繊維状のバンドなので、使い込むと痛みや毛羽立ちなども徐々に出てきます。

Apple以外のブランドの製品では、最安のもので1本あたり300円程度の製品もあるので、そちらをガシガシ使って使い捨てるのもアリ。

お気に入りのカラーがAppleの公式製品にあれば、そちらを購入時に選ぶのもいいですが、「ナイロン素材のバンドは別で安く買うことにして、Apple Watchとセットで買うのは違うバンドにしよう」とするのも賢い選択といえるかもしれませんね!

【関連記事】1本300円台と激安なのに「普通に良い」! Amazonで3本1099円のApple Watchバンド使用レビュー

価格はやや高めも、スーツにもバッチリ合う「レザー」

上記の写真の左側が「レザーリンク」と呼ばれるレザー素材のバンド。

フランスで手作りされたルー・グラナダレザーが使われており、しなやかな付け心地が特徴。

マグネットで吸着する方式なので、着け外しもラクチンでフィット感も抜群です。

そのほか「モダンバックル」とよなれるタイプのレザーもAppleは用意していて、こちらはよりクラシカルな雰囲気です。

画像出典:Apple公式サイト

いずれもスーツなどのフォーマルな服装にマッチするのは言うまでもないでしょう。

ビジネスシーンでの使用をメインに考えていて、あまり運動時に着用することがなさそうなら、こうしたレザー素材のバンドはオススメといえます。

一方でレザーの弱点は水濡れに弱いこと。

運動時や洗い物などのときには、あまり濡れないように心がけて使用することが求められます。

また価格が高いところもデメリット。

Apple Watchの購入時にレザーリンクを選ぶと価格は5000円ほど上がってしまい、モダンバックルにすると1万円以上も高くなってしまいます。

ただし、シンプルかつ美しいレザーバンドはAmazonなどで販売されている他ブランドの製品にはあまり多くないので、「多少お金はかかってもApple Watchの購入時にはレザーのバンドを選んで、シリコンバンドやナイロンバンドは安いものを買ってガシガシ使おう」という選択をするのもアリだと思います。

フォーマルかつ万能な「ステンレススチール」

画像出典:Apple公式サイト

ベーシックな腕時計の定番の素材であるステンレススチール。

Apple Watchにもステンレススチール素材のバンドは用意されていて、Apple Watchと合わせるとやはりクラシカルな印象になります。

特に上記のミラネーゼループはマグネット形式のため着脱も簡単で、流れるように手首を包む着用感も◎。

ビジネスシーンはもちろん、カジュアルな服装と合わせてもカッコよく見えます。

 

画像出典:Apple公式サイト

一方で上記の写真は「リンクブレスレット」と呼ばれるタイプのステンレススチールバンド。

こちらはステンレススチールのケースと同じ素材で作られているので、同素材の同カラーで合わせたときは非常にカッコいいです。

やはりビジネスシーンやフォーマルな場面での着用では、レザーのバンドと並んで最強といえるでしょう。

そしてレザーバンドと同様に、購入時の価格が上がってしまうのが弱点。

ミラネーゼループの場合は6000円ほどの上昇なので、そこまで大きな出費にはなりませんが、リンクブレスレットの場合は3~4万円ほど価格が上がります。

【関連記事】Apple Watchを生かしたシンプルコーデのコツ5選!「シーンに合わせて文字盤変更」「ミラネーゼループ万能説」

着脱が容易で価格面でもメリットありの「ソロループ」

上記の写真の右側が「ソロループ」。

伸縮性のある液状シリコンゴムを使ったバンドで、Series6の発売時から登場しました。

バックルもなければ重なり合う部分がないので、同じシリコン素材の「スポーツバンド」よりも付け心地の快適さは上。

ゴムを伸ばして着脱できるので、着け外しも非常にラクなのが特徴です。

またレザーやステンレスのように高価なわけではなく、Apple Watchの本体価格そのままで購入できます。

なお同じシリコン素材のスポーツバンドと同じく、フォーマルな服装には合わないのが弱点。

また購入時には自分の腕のサイズに合わせた製品を買わなければいけないのも少し面倒です(サイズ測定のガイドなどはウェブ上にもあり、店頭購入の場合は合うサイズをしっかり選べます)。

間違ったサイズを選んだらガバガバだったりキツ買ったりするリスクもあるので、少し注意したいところです。

シリコンなのに編み込み! 付け心地もいい「ブレイデッドソロループ」

こちらもソロループと同様にSeries6の発売時から登場。

伸縮性のあるシリコン素材を繊維のような編み込みの形状にしているのが特徴で、バックルなどは一切なし。

ソロループと同様に手首へのフィット感が良く、着脱がラクなのが特徴です。

またシリコン素材でありながら見た目は編み込みなので、スポーツバンドやソロループと比べると少しフォーマルでクラシカルなイメージがあるのも魅力。

合わせ方によってはシャツ+ジャケットやカジュアルウェアとの組み合わせでも非常にオシャレにみえるでしょう。

弱点といえるのは、購入時の価格が少し上がってしまうこと(6000円程度)。

またシリコン素材とはいえ編み込みの形状なので、大量の水を浴びると中に水を溜め込んでしまう(グチョっとしてしまう)のもデメリットです。

こちらも購入時には腕に合ったサイズをきちんと選びましょう!

なおブレイデッドソロループの使用レビューは下記の記事で行っています。

【関連リンク】Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介! 

購入後も替えバンドやケースで自在にカスタムが可能!

ここまでは購入時に選べるApple純正のバンドについて紹介してきましたが、Apple WatchにはApple以外のブランドが展開する替えバンドやケースが非常に豊富に揃っています。

ちなみに上の製品は「GOLDEN CONCEPT」という高級ブランドのApple Watchケースで、「SP44 Rosegold Gray」というモデル。

ネイマールから森泉、朝倉未来まで国内外の著名人が愛用のブランドで、下記の関連リンクで詳しく紹介をしています。

高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 

ほかにも多種多様な製品があるので、純正以外の製品も活用して、着せかえを楽しんで使いましょう!
Amazonで詳細を見る

あわせて読みたい

この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。
https://www.smartwatchlife.jp/24495/

オシャレな女性向けApple Watchバンド20選!流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介
https://www.smartwatchlife.jp/4061/

Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!
https://www.smartwatchlife.jp/4422/

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  2. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  3. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

  4. Garminから初心者向けフィットネスGPSウォッチ最新モデル『Venu Sq 2』『Venu Sq 2 Music』が新登場

  5. iPhone/AirPods/Apple Watchを3台同時充電! 3in1タイプのマグネット内蔵ワイヤレス充電器をエレコムが新発売

  6. Apple Watchは水泳練習の良きパートナーになれる。水泳で徹底使用レポート

  7. Amazfit、最新スマートバンド「Amazfit Band 7」を発表

  8. NOMADの薄型AppleWatchスポーツバンドから新色スノーホワイトが登場

  9. 買う前に読んで! Apple Watch Ultraを普段遣いした人への注意点6選

  10. あれ、Series 7とほぼ一緒!? Apple Watch Series8[速報]使用レビュー【動画あり】

TAG

タグをさらに表示