検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. G-SHOCK風にカスタマイズ! Apple Watchバンド「amband」使用レビュー

G-SHOCK風にカスタマイズ! Apple Watchバンド「amband」使用レビュー

NEWS

2022.02.05

Apple Watchをカスタマイズして個性的に使いたい

スマートウォッチの代名詞とも言えるApple Watch。

気づくと「あの人も」「この人も」Apple Watchを着けているというほど世の中に浸透してきました。

ただ、これだけApple Watchをほかのみんなが着けていると、自分だけのオリジナリティを表現したくなってきませんか?

そんな時に便利なのが替えバンドです。Apple純正のものはなかなかいいお値段がするのですが、サードパーティー製のものでも品質が良く使いやすいものがたくさん発売されています。

アウトドアやスポーツなどで使用する方にお勧めしたいのが「G-SHOCK」のような見た目でタフネス仕様の、ケース一体型バンドです。

過去の記事でも大きな反響がありましたが、「amband」というブランドの製品はカラーも豊富でお値段も手頃です。

編集部員である私もちょうどケース一体型バンドが欲しかったので、アマゾンで注文してみました。

ambandをAmazonで詳しく見る

大反響のあった過去の記事はこちら!


Apple WatchをG-SHOCK風にカスタムする方法を解説! 実践者が使うアプリやケース一体型バンドも紹介! 

ここから使用レビュー

amband Apple Watchバンド 42/44/45mm

今回購入したのは、44mmケース用でカラーはミッドナイトブルーです。

パッケージはこんな感じで、側面に装着方法がイラストで掲載されています。

中身を取り出すとこんな感じです。
ウォッチを装着する部分が空洞になっていて、ガラス部分の保護はありません。

はめてみるとこのような感じになります。
一気にワイルドな感じになりました。

着脱手順

Apple Watchはバンドの取り替えがとても簡単です。まずは、現在のバンドを外します。
メタルバンドやラバーバンドは背面のボタンを押しながら左右にスライドさせてバンドを外します。

バンドを外したウォッチ本体をambandにパコっとはめればそれで完成です。
Apple Watchの形状にきちんと合わせてあるのでしっかりと装着されます。
(series3までの42mmケース、series6までの44mmケース、series7以降の45mmケースに共通で対応します。)

取り外すときは反対に、文字盤方向から裏側方向に押してあげれば簡単に外れます。

文字盤を隠してしまいそうに感じますが、ご覧のように表示部分をほとんど隠しません。

使用感

G-SHOCK風でタフネス使用のベルトだけあって、ベルト幅が広くしっかりしていて突棒(つくぼう)がダブルのタイプです。

明らかに男性用で、ベルトの長さがとても長いです。
男性でも少し腕の細い人だとベルトが余ってしまうのではないかと思われます。

腕に装着すると存在感がありますね。

文字盤のガラス部分に保護はないのですが、ベゼル部分が盛り上がっていて文字盤が引っ込んでいるため、しっかりと保護されている印象です。

デジタルクラウンの部分は、押したり回したりといった操作性を邪魔しません。

サイドボタンも違和感なく押すことができます。

スピーカー部分には穴が空いているので音もしっかりと出ます。

ボタンが2つついているように見えますが、これは飾りでG-SHOCK感を出しているだけです。

ミッドナイトブルーもなかなかいい色です。

文字盤はデジタルっぽいものをチョイスしたくなりますね。

充電時

充電時にバンドを取り外す必要はありません。

センサーがついているので当たり前と言えば当たり前ですが、裏蓋部分は空洞になっているのでそのまま充電器に乗せられます。

画像は別売りの充電スタンドですが、誤って外れたりしないので重宝して使っています。

いかがでしょうか。いつも使っているApple Watchのバンドを交換するだけで気分がガラッと変わります。
TPOに合わせていろいろな替えバンドを持っておけば、より便利にApple Watchを使えるのではないでしょうか。

ambandをAmazonで詳しく見る

あわせて読みたい

Spigenのケース一体型Apple Watchバンド使用レビュー。タフな構造&オシャレな見た目&着け心地も◎!

この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

Apple Watchのタフケース20選。アウトドアやキャンプで大活躍!【2021年 春夏最新版】

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示