検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. WHOOPがクロスフィットとのパートナーシップ解消へ。新たな名称「ボックス・フィットネス」でトラッキング

WHOOPがクロスフィットとのパートナーシップ解消へ。新たな名称「ボックス・フィットネス」でトラッキング

NEWS

2022.05.10

米国で人気急上昇中のフィットネストラッカーであるWHOOPがクロスフィットとのパートナー関係を解消した模様です。

WHOOPの公式ホームページではアクティビティのリスト(*1)からクロスフィットの文字が消え、クロスフィットの公式ホームページ(*2)ではパートナーやスポンサーになっている企業のリストからWHOOPの名前が消えました。

僅か1年余りで終了してしまった複数年契約

WHOOPがクロスフィットの「公式ウェアラブル」サプライヤーとして、両者の間にパートナー契約が締結されたのは2021年3月のことでした。WHOOPのプレスリリース(*3)では、「複数年契約」が締結されたとしていましたが、それから僅か1年余りで過パートナー関係が終了してしまったようです。

その1年間の間に、WHOOPは多くのクロスフィット・アスリートたちのスポンサーとなり、アスリートたちは自らの貴重なデータを提供して、互いにウィンウィンの関係が築かれていたようでした。そのいくつかの例をこちらでも紹介したことがあります。

あわせて読みたい

WHOOPが進める筋トレのトラッキング改革。大注目のトレーニング法・VBTを扱う企業の買収、クロスフィットとのタッグ結成も

WHOOPとクロスフィット:米国のレジェンドがワークアウト中の心拍数を公開

今後、WHOOPのユーザーはワークアウトの種類を選択する際に「クロスフィット」の代わりに「ボックス・フィットネス」を選択することが勧められています。クロスフィットではその専用ジムのことを「ボックス」と呼ぶことから出来た名称のようです。

ユーザーからすると、データさえ把握できれば、ワークアウトの名称がどうであれ、特に気にはならないでしょう。しかし、クロスフィット組織からすると、ブランド価値にかかわる重大な問題になることは容易に想像がつきます。

WHOOPのサポートページ(*4)の説明の筆者訳は以下の通りです。

「クロスフィットに似たエクササイズを提供しているジムやボックスは数多くあります。我々はクロスフィットのアクティビティをボックス・フィットネスにアップグレードすることによって、より広義のファンクショナル・フィットネスとしてのカテゴリーを新たに作成しました。

メンバーの皆さんはかつてクロスフィットとして定義されていたアクティビティのデータを失うことはありません。それらは新たなボックス・フィットネスの名で提供されます。我々は今後もクロスフィットのコミュニティを支援します。メンバーの皆さんは今後も似たアクティビティに取り組み、すべてのアスリートはWHOOPのデータをトレーニング、睡眠、そして回復に役立てることができます。」

もはやスタートアップ企業ではないWHOOP


WHOOPは2012年にハーバート大学在学中だったウィル・アーメド氏によって創業されました。第1号の製品であるWHOOP1.0の販売が始まったのは2015年のことです。

今ではPGA Tourのパートナー企業であり、スポンサーしているアスリートの名前にはレブロン・ジェームズ、ケビン・デュラント、パトリック・マホームズ、ロリー・マキロイと世界的に有名なアスリートたちが並んでいます。
今年はアメリカで最も広告料が高いと言われるスーパーボウルのコマーシャルにまで登場しました。

現在のところ、WHOOPもクロスフィットも関係解消の理由を公式に発表していません。クロスフィット関係者の端くれとしては大変に残念ではあるのですが、どうやら急速にメジャー化したWHOOPからはクロスフィットにはかつてのような広告効果がないと判断されたように思えます。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookは https://www.facebook.com/WriterKakutani

*1. List of WHOOP Activities
 https://support.whoop.com/hc/en-us/articles/1260804902609-List-of-WHOOP-Activities  
*2. クロスフィット・ゲームズ公式サイト
 https://games.crossfit.com/ 
*3. WHOOP Becomes Official Wearable of CrossFit
 https://www.whoop.com/thelocker/official-wearable-crossfit-partnership/
*4. Activity Update
https://support.whoop.com/hc/en-us/articles/5667794954651  

あわせて読みたい


自宅トレーニングの最新系「ミラー型トレーニングデバイス」とは? 世界で新サービスが続々登場中

Oura Ringの累積販売数が100万個を突破。2013年の創業から急成長のワケ

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  5. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. Apple Watch Ultraとの相性は最強! NOMADのチタニウムバンド使用レビュー

  2. Apple Watch等のウェアラブルの出荷量が下降傾向。物価高とコロナ禍収束とドル高のトリプルパンチが原因?

  3. Galaxy Watch 5使用レビュー。Apple Watchとガチで比較対象になる唯一のスマートウォッチを見つけた!

  4. MFi認証を受けたApple Watch充電用強靭ケーブルがスゴい! 純正製品をも凌駕する信頼性

  5. 充電サイクルが短いApple Watchをスタイリッシュに充電したい!卓上Apple Watch充電スタンド使用レビュー。

  6. Wear OS スマートウォッチでのGoogle Payの利用が可能に!

  7. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  8. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  9. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  10. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

TAG

タグをさらに表示