検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. オシャレ度NO.1のApple Watch文字盤「アーティスト」の魅力

オシャレ度NO.1のApple Watch文字盤「アーティスト」の魅力

NEWS

2022.07.02

多種多様なウォッチフェイス(文字盤)が用意されているApple Watch。

数多くのデータを表示できて仕事で便利なもの、消費カロリーがひと目で分かるものなど、いろいろなタイプのものがありますが、「オシャレさ」を重視でウォッチフェイスを選びたい人も多いでしょう。

そんな人に一番人気といえるウォッチフェイス「アーティスト」を今回はご紹介します。

タップするたびに変わる文字盤!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Geoff McFetridge(@mcfetridge)がシェアした投稿

このウォッチフェイスは、AppleとアーティストのGeoff McFetridge(ジェフ・マクフェトリッジ)とのコラボレーションで生まれたもの。

ディスプレイをタップするたびにアルゴリズムで変化し、何百万通りもの組み合わせがあります。

服、髪、肌、背景などの色が変化し、鼻、口の形や髪型なども変わるので、組み合わせが自由自在というわけですね。

実際に何回か連続でタップしてみましたが、一つとして同じ文字盤はありませんでした。

性別、国籍、人種などにとらわれない多種多様な見た目の人物が表示される点は、多様性の尊重が認められる時代の空気にも合っていると感じます。

なおApple Watchがスリープ状態のときには背景が黒になりますが、この黒の表示もクールでカッコいいです。

また、バンドやケースのカラーに合わせて、文字盤の色を変えられるのも魅力の一つ。

色の組み合わせがバッチリだと、Apple Watchの見た目の良さも格段にアップします。

Apple Watchには多種多様なバンドが用意されていますが、自在に変化するこのアーティストの文字盤は「どんなバンドにも合う」というのが一つのメリット。

自分のバンドに合う見た目に変化させて使うと言いでしょう。

デメリット:固定が不可能で表示できる情報が少ない

ただし、この文字盤のデメリットは、文字盤上に表示できる情報が「時刻のみ」ということ。

他の文字盤にはより多くの情報を常時表示できたり、ワンタップでアプリを呼び出せたりするものも多いので、この点は弱点と言えるでしょう。

また、タップを続けてお気に入りの見た目の人物ができあがっても、それを固定できないのも弱点の一つ。

無数の組み合わせの中から、まったく同じ見た目の人物を呼び出すことは不可能なので、何回かタップして、またお気に入りの見た目のものを選ぶしかありません。

この「一期一会」感は、肯定的に考えればまた新しいお気に入りを探すためのモチベーションにもなるので、頻繁にタップして見た目の変化を楽しんでもよいでしょう。

動画でも詳しく紹介しています!

あわせて読みたい


オススメのApple Watchウォッチフェイス6選。スマートウォッチ専門サイトの編集部員が推薦!


AppleWatchの文字盤をミッキー&ミニーやトイストーリーに変更する方法。ミッキーが喋りかけてくれます!


仕事中におすすめなApple watchの文字盤&コンプリケーションはズバリこれ!

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  6. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  7. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ17選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  10. 【使用レビューあり】ドンキの新作スマートウォッチを全モデル紹介!

NEW CONTENTS

  1. タグ・ホイヤーとポルシェがコラボしたスマートウォッチが登場。価格は33万円

  2. Samsungが最新スマートウォッチ「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」を発表

  3. KYNE初のテックアクセサリー「KYNE x CASETiFY」コレクションが登場

  4. ウェアラブルで把握する日常の活動パターンが認知症予防に役立つ――米国の研究が見出した可能性

  5. トイ・ストーリー」x CASETiFYのテックアクセサリーが発表! iPhoneケースなど多数

  6. 100均ダイソーで買えるApple Watch充電器レビュー。普通に使えます!!

  7. YAMAPが8月8日から待望のApple Watch対応をスタート! 手元で瞬時に現在地がわかる

  8. HUAWEI WATCH FIT 2使用レビュー。スマートウォッチ入門に最適な中位機種

  9. 2022年7月発売の最新オススメApple Watchバンド9選。専門サイト選定!

  10. 中部エリアでの『G-SHOCK STORE』初出店 “G-SHOCK”アンテナショップを名古屋にオープン

TAG

タグをさらに表示