検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 水中の心拍数も無酸素運動の閾値速度も分かる! スイミング用GPSスマートウォッチ『Garmin Swim 2』が1月30日発売開始

水中の心拍数も無酸素運動の閾値速度も分かる! スイミング用GPSスマートウォッチ『Garmin Swim 2』が1月30日発売開始

NEWS

2020.01.30

 GPSウォッチのリーディングメーカーのガーミンジャパンは、水中心拍計を搭載したスイミング用GPSスマートウォッチ「Garmin Swim 2(ガーミン スイム2)」を1月30日(木)より発売! 本記事では、その機能の特徴を紹介します。

距離やペース、ストローク数など、水泳の多様な指標を計測可能!

 『Garmin Swim 2』に搭載された水中心拍計では、胸に心拍ベルトをつけることなく、水中での心拍の状態を計測可能。スイミングモード搭載で、距離やペース、ストローク数、ストロークごとの距離など、スイミングに関する様々な指標を計測・保存できます。また、水泳効率の指標を示すSWOLF<25m/50m(1ラップ)を泳ぐのに要した時間(秒)とストローク数の合計>まで計測できます。

 さらに高度なスイミング分析機能として、無酸素運動の閾値速度であるクリティカルスイムスピード(CSS)まで計測が可能に。トレーニングの進捗を確認するために活用できます。また、ドリル練習計測機能では、キック、片手泳ぎ、漕ぎ動作などのドリルの時間と距離を確認することができます。

睡眠トラッキング機能をはじめ、日常生活のデータ記録にも活躍

GARMIN swimming

 『Garmin Swim 2』はGPS搭載で、室内のプールだけではなく、海でも川でも湖でも、スイミングのデータを計測できます。
 また水泳中のデータ計測以外にも、睡眠トラッキング機能やストレス計測機能など、様々な日常生活のデータを記録可能。水泳以外のシチュエーションでも、自分のカラダの状態を理解できます。また、ランニング、サイクリング、カーディオなどのトレーニングのトラッキングも可能。なお駆動時間はスマートウォッチモードで最大7日間。プールでの水中心拍モード最大60時間、GPSモード最大12時間となっています。
 『Garmin Swim 2』は、競技志向のあるスイマーから、屋外での水泳を楽しむスイマーまで、スイミングをする人には最高のスマートウォッチといえそうですね! なおカラーはWhitestoneとSlateの2色展開。価格は32,780円(税込)。Amazonでは発売初日時点で10%オフの価格で販売されていました!

Garmin Swim 2 各種スペック

・価格:¥29,800(税抜)
・カラー:Whitestone、Slate
・重量:36g
・ディスプレイ:直径42mm
・本体の厚さ:11.4mm
・バンドサイズ:外周:129-197mm(Lサイズバンド別売り:151-219mm)
・レンズ素材:化学強化ガラス
・解像度:208×208ピクセル
・ディスプレイタイプ:半透過型メモリインピクセル(MIP)、フルカラー
・駆動時間:スマートウォッチモード最大7日間、プールでの水中心拍モード最大60時間、GPSモード最大12時間
・防水:5ATM
・内臓メモリ:50時間分のアクティビティデータ
・衛星測位:GPS、GLONASS、GALILEO、みちびき(補完信号)
・内蔵センサー:光学式心拍センサー、加速度計
・ライフログ機能:ステップ数、スリープモニタリング、消費カロリー、Body Battery、ストレスレベル、週間運動量、移動距離など
・その他機能:通知機能、天気情報、スマホ探索

公式サイトの製品ページはこちら(カラー・Whitestone)

GARMINについて

 Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。
 Garminは創業当時から変わらず、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。無線技術をはじめ、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアなど多岐な分野にわたって革新的な製品を展開しており、これまでに2億台のGPS 受信機を製造・販売しています。創業以来一貫して黒字経営を行っており、米国株式インデックスS&P500の銘柄にも採用されています

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  6. オシャレ! Apple Watchの女性にオススメのスチールバンド

  7. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  8. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  9. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  10. 1980円~と超激安!ドンキが7種の新作スマートウォッチ発売

NEW CONTENTS

  1. SUUNTOがアウトドア新機能のアップデートを発表。オフラインでのルートナビ、バッテリーセーブGPSモードなどを新搭載!

  2. 暖かさをまとうブランド「ONVEIL」がモバイル電熱ヒーター内蔵のヒートマフラーやヒートブランケット」を発売

  3. Apple Watch購入検討者も注目! iPhoneを月額860円から借りられる、ソフマップの「レンタルスマホ・スーパープレミアム」

  4. 最新Apple Watchにも対応! カラバリ豊富なGRAMASのApple Watchバンドでコーディネートを楽しもう

  5. Apple Watch Series 6の選び方を約1万字で解説! カラー、サイズ、シリーズ、セルラー or GPS……すべて教えます

  6. 世界初の布製ヒーター「HOTOPIA」内蔵のブルゾンも!バッテリーの力で「冷え」を解決する『Doヒート』の新シリーズ

  7. 処理速度20%アップの触れ込みはホントだった! Apple Watch Series 6のサクサクな操作感が分かる動画を紹介

  8. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  9. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  10. Apple Eventで発表されたApple Watch Series 6 と Apple Watch SEの情報まとめ

TAG

タグをさらに表示