検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. ブラックフライデーでセールのHUAWEIスマートウォッチ9選。高性能モデルが大幅値引き!

ブラックフライデーでセールのHUAWEIスマートウォッチ9選。高性能モデルが大幅値引き!

NEWS

2023.11.25

2023年11月24日 (金) 0時~12月1日 (金) 23時59分まで開催される「Amazonブラックフライデー」。

そこでは各種スマートウォッチも大幅セールになっています。

本記事ではHUAWEIのセールになっているスマートウォッチ9点をまとめました。

当サイトの使用レビュー動画があるものは動画も掲載しています。

なお今回のセールでは他のブランドのスマートウォッチも多数セールになっています。

詳細は下記のリンク先の記事や、記事末尾のリンクからどうぞ。

【あわせて読みたい】ブラックフライデーでセール中のスマートウォッチまとめ記事はこちら!

HUAWEI Band 7

¥4,400(49%OFF)

Amazonで詳細を見る

1.47インチのAMOLED大画面ディスプレイ、368×194ピクセルの高解像度、5気圧防水、タッチスクリーン+物理ボタンを搭載。

機能は血中酸素の常時測定、月経周期トラッキング、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングといった健康管理はもちろん、最大96種類のワークアウトモードに対応した運動管理、スマートフォンへの着信通知など、スマートウォッチに求められるほとんどの機能を備えています。

初めてスマートウォッチを使用する方には特におすすめの一本です。

【使用レビューはこちら】HUAWEI Band 7使用レビュー。絶妙なサイズ感とコスパが最高のスマートウォッチ!

HUAWEI Band 8

(25%オフ!)

Amazonで詳細を見る

こちらはHUAWEIの細身のスマートウォッチ「Band」シリーズの最新作。

装着して驚いたのは、本当にメチャクチャ軽いこと。

5000円~1万円の価格帯のスマートウォッチでは最薄・最軽量だとHUAWEI も記載しています※。

※2023年3月時点で一般に市販されている5000円~10000円のスマートウォッチ(睡眠測定、心拍数モニタリングなどの健康管理機能を有する腕時計型端末)について、HUAWEI 調べ。

そしてこのスマートウォッチは、スマートウォッチの基本的な機能はしっかり揃っており、特に健康・運動系の機能は非常にハイレベル!

コスパ重視、軽さ重視で選ぶ人には非常に良いスマートウォッチだと思います。

詳細は下記の使用レビューからどうぞ。

【使用レビューはこちら】HUAWEI Band 8使用レビュー。この価格帯で最薄・最軽量&しかも高性能の激推しモデル!!

HUAWEI WATCH FIT Special Edition

10800円(23%OFF!)

Amazonで詳細を見る

・約1.64インチ、456×280ピクセルで高精細かつ大画面AMOLEDディスプレイ
・GPSをスマートウォッチ本体に内蔵
・光学式心拍センサー「TruSeen」のバージョンが4.0から5.0にアップデートしたことで、心拍数モニタリングの精度が約10%向上。
・充電スピードが約30%向上で45分でフル充電

といった特徴を持ったモデル。

「HUAWEI band 8」との違いとしては、band 8より画面が大きく、GPSが内蔵されている点。

少し予算を上げられるなら、こちらを選んでもよいと思います!

【使用レビューはこちら】HUAWEI WATCH FIT Special Editionレビュー。コスパが魅力の最新スマートウォッチを解説!

HUAWEI WATCH FIT 2

¥17,800(26%OFF)

Amazonで詳細を見る

上の「HUAWEI WATCH FIT Special Edition」はいわゆるWATCH FITシリーズの廉価版(SE)で、こちらのほうがさらに高性能モデルです。

マイクとスピーカーが搭載している点は、定価が2万円程度する中位機種ならでは。

このスマートウォッチをスマホと接続することで、スマートウォッチから通話もできます。

バッテリーはフル充電の状態から通常使用で10日間、ヘビーユースで7日間使用することができます。

【使用レビューはこちら】HUAWEI WATCH FIT 2使用レビュー。スマートウォッチ入門に最適な中位機種

HUAWEI WATCH GT Runner

¥19,800(43%OFF!)

Amazonで詳細を見る

ランナー向けの機能を強化したモデルで、希望小売価格が¥34,980とHUAWEIのスマートウォッチの中ではハイエンドのモデルに位置づけられます。

運動系の機能はもちろんのこと、スマホの通知受け取りをはじめとした日常使用で便利な機能も多数搭載していて、スマートウォッチとして非常にハイスペックなモデルといえるでしょう。

半額近くの安さになっている現在は狙い目といえます!

使用レビューは以下からどうぞ。

【使用レビューはこちら】ランナーのためのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT Runner」使用レビュー。ビギナー~上級者まで役立つ機能満載!

HUAWEI WATCH GT 3 Pro

¥31,309(23%OFF)

Amazonで詳細を見る

「HUAWEI WATCH GT 3」シリーズのフラッグシップモデル。

高級腕時計のようなデザインでビジネスシーンではもちろん、様々なスポーツシーンでの利用まで幅広く活躍します。

Bluetooth通話機能はもちろん、SNSやメールの通知を受け取ることができ、音楽をウォッチにインポートして再生することも可能です※1。バッテリーは46mmシリーズで約2週間、43mmシリーズで約1週間連続使用可能です。

チタンのケースなど厳選されたプレミアム素材を使用しており、上記写真のActiveモデルのほか、よりエレガントなデザインでビジネスシーンにマッチするモデルも用意されています。

使用レビューは以下からどうぞ。

【使用レビューはこちら】HUAWEIのフラッグシップスマートウォッチ『HUAWEI WATCH GT 3 Pro』 が7月28日(木)発売

HUAWEI WATCH Buds

¥54,910(23%オフ)

Amazonで詳細を見る

 

HUAWEI WATCH GT 3 SE

¥19,000(30%オフ)

Amazonで詳細を見る

WATCH GTシリーズの一番リーズナブルなモデル。

機能的にはHUAWEI WATCH GT 3 46mmとほぼ変わらず、むしろ進化した部分が多いモデルにも関わらず価格は15%ほど抑えられています。

、ベルトを除いて約35.6gという軽量化を実現し、日々装着していても快適なスマートウォッチです。

100種類以上のワークアウトモードを搭載し血中酸素レベル測定、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングなど充実の健康管理機能を搭載し、健康な生活を送るためのパートナーとして活躍します。

さらに、Bluetooth通話機能はもちろん、SNSやメールの受信、クイック返信にも対応しています。

音楽をウォッチにインポートして再生することも可能です。

バッテリーは通常使用の場合で約14日間、ヘビーユースの場合では約7日間連続使用が可能です。

【使用レビューはこちら】HUAWEI WATCH GT3 SEレビュー!軽くて高性能。価格面で進化したHUAWEIの最新スマートウォッチ。

HUAWEI WATCH GT Cyber

¥22,380 (32%オフ)

Amazonで詳細を見る

2023年3月に発売した、新スマートウォッチ『HUAWEI WATCH GT Cyber』。

大きな特徴は、別売のケース(ベゼル、ウォッチボディフレーム、ベルトを含む)と簡単に着せ替えできることです(※標準セットのミッドナイトブラックカラー以外のケースは別売です)。

スマートウォッチ本体はすでに実用性で高い評価を得ているWATCH GTシリーズ。

税込定価が32,780円(標準セットのミッドナイトブラックカラーのケース付き)というのはこれだけでお値打ちですが、ケースの簡単な着せ替えという機能が追加された「HUAWEI WATCH GT Cyber」はスマートウォッチの一つの到達点とさえ言えるかもしれません。

詳細な使用レビューも行っています。

【使用レビューはこちら】ケースが変われば時計が変わる!ファーウェイの新スマートウォッチが革新的!「HUAWEI WATCH GT Cyber」

あわせて読みたい

あわせて読みたい

そのほかのセール品も多数!ブラックフライデーのセール品の記事はこちら!

スマートウォッチに製品を絞ったセール品まとめ記事はこちら!

 

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示