検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

NEWS

2024.01.25

アップル社がApple Watchの最新モデル(Series 9, Ultra2)からSpO2(酸素飽和度)測定アプリを取り除くことによって、米国内への輸入販売禁止措置を回避する意向であるとロイター通信が1月15日付で報じました(*1)。

*1. Redesigned Apple Watches not subject to import ban, US Customs says.
https://www.reuters.com/technology/redesigned-apple-watches-not-subject-import-ban-us-customs-says-2024-01-15/

これまでの経緯

カリフォルニア州アーバインに本社を置く健康機器メーカーのMasimo(マシモ)社はアップル社が同社の元従業員を引き抜き、血中の酸素濃度を測定する技術を盗み、Apple Watchで使用していると訴えてきました。

アップル社がSpO2(酸素飽和度)測定機能をスマートウォッチに搭載し始めたのは2020年、Apple Watch Series 6からのことです。

マシモ社はその年にアップル社に対して特許侵害の訴訟を起こし、アップル社はそれに対抗する訴訟をマシモ社に対して起こし、事態は泥沼化していました。

米国国際貿易委員会(ITC)はマシモ社の主張を支持し、昨年12月にApple Watch Series 9 及びUltra2の米国内への輸入及び販売を禁止しました。アップル社は年末商戦たけなわのクリスマス・イブに同モデルを公式ウェブサイト及び直営店舗での販売を中止することを余儀なくされましたが、その輸入販売禁止措置は年末には一時凍結されています。

アップル社は論争となっている機能を取り除くことで、長期的な解決を図ろうとしているようです。

Apple Watchユーザーは何を失うのか

SpO2(酸素飽和度)測定アプリについては以前にも紹介しました。体内の酸素濃度を数値化し、支障があると推定される場合はユーザーに警告するものです。新型コロナウイルスが猛威を振るっていた頃には感染の有無を判断する材料として大きな注目を集めました。

関連記事:「コロナ感染の有無」の判断材料になる?ならない? スマートウォッチで搭載機種が増加中のSpO2(酸素飽和度)測定機能とは

関連記事:Apple WatchのSpO2(酸素飽和度)モニターが16歳少年スキーヤーの命を救う

アップル社がこのアプリを完全に取り除くのか、あるいは自社独自の技術を使う改善版をリリースするのか、そうした変更は米国向け製品に限定されるのか、詳細は現在のところ不明です。

近年、アップル社はApple Watchの健康関連機能をますます拡充し、ユーザーは大きな恩恵を受けていますが、思わぬ落とし穴が待っているのかもしれません。事態がどのように展開するか、今後も目を離せないようです。

関連記事:Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)
アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookはhttps://www.facebook.com/WriterKakutani

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示