検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 1980円~と超激安!ドンキが7種の新作スマートウォッチ発売

1980円~と超激安!ドンキが7種の新作スマートウォッチ発売

NEWS

2020.06.15

自社で展開するスポーツ系ブランド『ACTIVE GEAR』から、複数の格安スマートウォッチを世に送り出してきたドン・キホーテ。5月下旬からは、株式会社FUGU INNOVATIONS JAPANが手掛けるスマートウォッチ全7機種が、ドン・キホーテ系列店舗で販売開始します(一部店舗を除く)。今回の記事では、その詳細について紹介。最安の1980円のスマートウォッチ『Duck』については記事末尾に使用レビューへのリンクも記載しています。

新作スマートウォッチは全7種

今回新たに発売になるスマートウォッチは全7機種(デジタル型:4機種、アナログ型:1機種、アナログ+デジタル型:2機種)。スマホと連動してメッセージの確認が行えて、運動・健康データの管理を手軽に行える機種が揃っており、見た目の雰囲気や機能もバリエーションに富んだラインナップになっています。ここからは各々のスマートウォッチについて紹介していきます。

 

BlackBird (ブラックバード)

 

FG-SW-AD01-BK

アナログ時計の針と、デジタル液晶の両方を兼ね備えたハイブリッド型スマートウォッチです。心拍数・移動距離など各種計測機能に加え、長時間 座る姿勢を続けた時に運動を促すアラートや、ローバッテリー時に通知する機能を搭載。専用アプリで文字盤を自分好みにカスタマイズできるので、お気に入りの写真や画像を設定することも可能です。売価は税抜12,800円。

「BlackBird」使用中のスマホアプリイメージ。それぞれの項目で目標値(ゴール)を設定できます。

Falcon (ファルコン)

 

FG-SW-AD02-BK(ブラック)/SL(シルバー)

レザー調バンドを使用した、クラシックなデザインのスマートウォッチです。直感的に時間が分かるアナログ針と、心拍数や着信通知が表示されるデジタル液晶を備えています。血中酸素や疲労状態の計測機能も搭載。カラーはブラック・シルバーの2種類です。売価は税抜6,980円。

▲「Falcon」使用中のスマホアプリイメージ。リアルタイムで心拍・血圧・血中酸素・疲労の測定ができます。

Phoenix (フェニックス)

 

FG-SW-A01-BK

文字盤に蛍光色の針が映える、アナログタイプのスマートウォッチです。着信やメッセージ通知の際は本体が振動します。移動距離や消費カロリーの計測機能など便利な機能を備えながら、バッテリー持ちも抜群。充電時間約2時間で、スタンバイ時間は約1〜2ヶ月と長時間使用可能です。売価は税抜3,980円。

Turkey (ターキー)

 

FG-SW-D02-BK

タッチスクリーン対応・カラーディスプレイの文字盤は、プリセットされた4種類から気分に合わせて選べます。心拍数・血圧が手軽に計測できる機能に加え、天気・気温表示やアラーム機能も搭載。売価は税抜5,980円。

▲「Turkey」使用中のスマホアプリイメージ。ワンタップで血圧測定ができます。

 

EagleOwl (イーグルオウル)

 

FG-SW-D01-BK(ブラック)/WH(ホワイト)

IP68の防水仕様です。消費カロリーや心拍数・血圧、血中酸素飽和度を計測できる機能を搭載。汗や水に強く、軽量かつタフなデザインでスポーツシーンにもおすすめです。カラーはブラック、ホワイトの2色展開。売価は税抜3,980円。

▲「EagleOwl」使用中のスマホアプリイメージ。消費カロリーや活動時間が記録されます。

 

Pheasant(フェザント)

FG-SW-D03-BK(ブラック)/SL(シルバー)

スクエア型の文字盤が特徴的な、デジタル型のスマートウォッチです。多機能で直感的な操作が可能。心拍・血圧や消費カロリー計測はもちろん、睡眠・移動距離の記録も可能。ブラックとシルバーの2色展開です。売価は税抜4,980円。

Duck(ダック)

FG-SW-D04-BK

 

軽量でコンパクトなリストバンド型です。重量は約17gと付けているのを忘れてしまう程の軽さなので、スポーツ時や睡眠時に使用しても煩わしくありません。運動データの記録やアラーム機能も搭載。売価は税抜1,980円。

最安で1980円と、さすがの安さ!


最安で1980円の機種もありと、ドン・キホーテ販売のスマートウォッチはさすがの安さ。「スマートウォッチって使うとどんな感じなんだろう?」と興味を持っている人が、お試し感覚で購入するにはバッチリのアイテムといえます。Amazonで販売されている、販売メーカーもよく分からない同価格帯の製品と比べて、性能の信頼性も確実にあるといえるでしょう。店頭を訪れたときは、ぜひチェックしてみてください。

『Duck(ダック)』については当サイトで着用レビューを掲載中です!

ドン・キホーテの1980円スマートウォッチ『Duck』使用レビュー! 超格安機の実力やいかに!?

ソックリすぎ!Xiaomi Mi Smart Band 4とドンキの1980円スマートウォッチを徹底比較~外観編~

ソックリすぎと話題の『Xiaomi Mi Smart Band』とドンキの格安スマートウォッチ『Duck』を徹底比較〜使用レヴュー編〜

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  3. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

  9. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

  10. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

NEW CONTENTS

  1. 【12月7日発売】『SmartWatchLife』が雑誌になりました! 中身をいち早くお見せします!!

  2. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  3. GarminとFitbitが対応する「Visaのタッチ決済」とは。 コンビニや飲食店でも使えるお店が多数!

  4. 元飛込日本代表選手・馬淵優佳が出演するスマートバンド『GoBe3』のイメージ動画が公開

  5. Fitbitウェアラブルデバイスでの糖尿病管理で血糖値やHbA1Cが大幅に改善することをHealth2Syncが台湾での臨床研究で証明

  6. FitbitとJMDCが法人向け『Fitbit Premium』の日本市場における独占販売契約を締結

  7. Garminからウェルネスライフへと導くGPSスマートウォッチのエントリーモデル『VENU SQ』『VENU SQ Music』を12月3日(木)に発売

  8. Garminがヘルスケア事業に本格参入! グローバルプロジェクト『Garmin Health』を日本でもスタート

  9. スイスウォッチの職人が手がける「JUUK」Apple Watchブレスレットが予約受付中!

  10. 【2020年版まとめ】おしゃれなレディーススマートウォッチの選び方とおすすめモデル7選

TAG

タグをさらに表示