検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

NEWS

2023.10.28

Series 3以降の機種では、「Hey Siri」と話しかけなくても Siri が反応するようになったApple Watch。

便利になった一方で、「普通に会話をしているときに勝手にSiriが反応してしまう」という誤作動に困っている人もいるはずです。

筆者もその1人で、電話中や会話中に「すみません。よくわかりません」などとSiriが勝手に喋り出すことはしばしば。

先日は「ぜんぜん寒ないよー」と電話で喋ったとき、Siriが「ぜんぜん寒ない」を「ちんちん侍」と聞き間違えた上で音声で応答。

「すみません。私には”ちんちん侍”が理解できません」と女性の声で読み上げられる……という辱めを受けました。

今回の記事では、そんなSiriの誤作動を防ぐ方法をご紹介します。

対策①「手首を上げて話す」をオフに


1つ目の対策はSiriの設定で「手首を上げて話す」をオフにすること。

現在のApple WatchでSiriを起動する方法は、「手首を上げて話す」「デジタルクラウンを押す」「Hey Siriと話しかける」「文字盤に追加したSiriのアイコンをタップする」の4つ。

何も操作をしていないのにSiriが誤作動をしてしまう人は、「手首を上げて話す」がオンになっていることが原因と思われるので、そこをオフにしておけば安心です。

筆者のApple WatchのSiriが誤作動をしたのも、「Apple Watchを着用した左手を高く上げているとき(左手でスマホを持って電話しているとき)」などが多かった記憶があります。

なおSiriの設定はApple Watchの「設定」のアイコン(歯車の形をしたもの)をタップした先で変更できます。

対策②「消音モードで制御」をオンに


おそらくは上の対策のみで誤作動は防げると思いますが、心配な人は同じくSiriの設定で「音声フィードバック」を「消音モードで制御」にしておきましょう。

この設定にしておけば、Apple Watch が消音モードに設定されている場合、Siri は声では応えません。Siriにいちいち声で反応されるのがイヤな人も、この設定にしておくのがオススメです。

Siriに「ちんちん侍」と急に読み上げられたくなければ、ぜひ上記の設定を見直してみてください!


●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。You Tubeでも各種レビューを行っています!

あわせて読みたい

Apple Watchの返信でiPhoneのキーボード入力を使う裏ワザ

Apple Watchの音声入力メモアプリ3選。アイデア記録に便利!

公式動画で解説! Apple Watchの便利な機能や使い方18選

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示