検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchが他のスマートウォッチより優れている点5選。機能の豊富さ、操作性の高さ、アプリやバンドの自在なカスタム性etc.

Apple Watchが他のスマートウォッチより優れている点5選。機能の豊富さ、操作性の高さ、アプリやバンドの自在なカスタム性etc.

NEWS

2021.09.16

スマートウォッチの代名詞的存在であり、知名度も人気も他ブランドを圧倒する高さを誇るApple Watch。

9月15日(日本時間)には新しいシリーズのSeries 7の発売も発表されました(サムネイル写真)。

ただ、スマートウォッチの購入を検討中の人からすると、「他のブランドの製品と何がどう違うの?」という疑問があるでしょう。

そこで本記事では、Apple Watchのどこが他のスマートウォッチよりも優れているのかを、多数のブランドの製品を着用してきた編集部員が解説します。

あらゆる機能がオールラウンド&ハイレベルに揃っている

上記の画像は当サイトが用意しているスマートウォッチの主要機能の一覧表です。

スマホの各種通知を受けられたり、歩数や消費カロリー、睡眠を計測できたり、Suicaで決済ができたり、音声入力での命令ができたりと、スマートウォッチには多種多様な機能がありますが、Apple Watchにはその主要機能のすべてが・高いレベルで揃っているといっても過言ではありません。

なおスポーツやアウトドアの機能の一部では、GarminやSUUNTOといったブランドのほうが優れている部分があります。ヘルスケア~フィットネス関連の機能ではFitbitの製品のほうが使いやすい面があったりしますし、1万円前後の価格で上記の機能の多くを搭載した格安スマートウォッチもあります。

ただ、「ほぼすべての機能がまんべんなく揃っていて、そのすべてのレベルが高い(精度が高く使い勝手がいい)」というのはApple Watchだけなのです。

Suicaを含めたキャッシュレス決済の豊富さもApple Watchがダントツです。

なので「何でもできるスマートウォッチがいい」という人にはApple Watchがダントツでオススメです。

【あわせて読みたい】

Apple Watchにできること7選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!
https://www.smartwatchlife.jp/25891/

Apple Watchで使える電子マネーを徹底解説! SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法
https://www.smartwatchlife.jp/6752/

スマホに近いほど操作性がいい

上で紹介したようにスマートウォッチには多種多様な機能が搭載されていますが、問題となるのはディスプレイを含めた本体の小ささと、操作のしづらさ。

たとえば画面の小さなバンド型のモデルでは、天気予報を確認するにもスクロールやタッチの操作が何度も必要で、おまけにタッチスクリーンの感度も悪かったりして、「これならスマホ出したほうが早いよ!」なんてシチュエーションも多いのです。

一方のApple Watchは、スマートウォッチのなかではタッチスクリーンのディスプレイは大きめの部類に入りますし、何しろその操作感がサクサク。

iPhoneが登場したとき、「こんなに快適に動くタッチスクリーンってあったんだ!」と、他ブランドの製品を圧倒する操作性の良さに驚いた人は多かったと思いますが、Apple Watchにもそれと同様の操作性の良さがあります。

Apple Watchは「コンパクトなスマホを腕元に着けている」というイメージで、他ブランドのスマートウォッチは「タッチスクリーン等を搭載した多機能化した腕時計を着けている」というイメージ……とでもいえばいいでしょうか。

またApple Watchは搭載している物理ボタンはディスプレイ右側面の2つだけですが、上のボタンの「デジタルクラウン」は回転の操作により「画面のスクロール」「画面の拡大・縮小」が可能。

少ないボタンとスマホに比べたら小さめのディスプレイにも関わらず、ストレスのない操作が可能になっています。

替えバンド等のアクセサリーの種類が豊富

圧倒的な知名度と人気を誇り、市場シェアも高いApple Watchは、替えバンド等のアクセサリーの種類も非常に豊富。

新品を購入する時点でも、ケースのカラー×バンドの素材・カラーを自由自在に組み合わせられて、自分好みにカスタマイズできる点が魅力ですが、購入後のカスタマイズも楽しいのです。

耐衝撃性に優れたケース一体型のバンドをつければG-SHOCKのような雰囲気にもなりますし(上の写真はG-SHOCK風にカスタムしたApple Watchで、詳細は下記の関連記事参照)、Apple Watchを高級時計のような雰囲気に変えられるケースも最近は登場しています。

こちらはゴールデンコンセプトというブランドのApple Watchケース「SP44 Silver White」

一方で1本あたり300円程度の超格安な替えバンドもあり、選択肢の幅がとにかく広いのが魅力です。

他ブランドの製品では、替えバンドも高価な純正品以外はほとんどバリエーションがない製品もあるので、その点は大きな魅力でしょう。

なおiPhoneではシリーズが変わるたびに本体の大きさも変わり、そのたびにケースを買い換えなければ行けないのがストレスだったりしますが、Apple Watchはシリーズが変わってもバンドに互換性があることが多いです。

たとえばseries4の38mmケースの用のバンドをseries6の40mmケースにも問題なく着けられたりするので、買い替えによって揃えてきたバンドが一切使えなくなる……というリスクも少なめです。

【あわせて読みたい】

Apple WatchをG-SHOCK風にカスタムする方法を解説! 実践者が使うアプリやケース一体型バンドも紹介!
https://www.smartwatchlife.jp/24495/

高級Apple Watchケース「ゴールデンコンセプト」の魅力を徹底解説!ネイマール、朝倉未来、森泉も愛用中 | スマートウォッチライフ
https://www.smartwatchlife.jp/24273/

豊富なアプリやで自由に拡張可能

Apple Watchは「睡眠計測機能が弱い」とよく言われます。実際に純正のアプリではあまり細かなデータを確認できません。

「ランニングとか登山とかのスポーツ・アウトドアには向いていない」というイメージもあるでしょう。そのとおりの部分もあり、そうした機能はGarmin、SUUNTO、Polarといったブランドのスマートウォッチのほうが強かったりします。

ただ、Apple WatchはiPhoneと同様に多種多様なアプリをダウンロード可能。

純正のアプリでは機能が弱い部分を、追加したアプリで補うことが可能です。

睡眠計測機能については、数百円のアプリを追加するだけで細かな指標まで確認が可能になりますし、登山に関しては「ヤマレコ」のアプリを追加すれば山のなかでも大活躍します。

睡眠アプリ「AutoSleep Watch」で表示した睡眠のデータ

バッテリーの持ちの良さなどでは、スポーツ・アウトドア向けのスマートウォッチには敵わない部分もあり、「冬山の縦走でスマートウォッチを使いたい」なんていう人には専門性の高い製品をオススメしますが、「広く浅くいろんなアクティビティを楽しみたい」という人にはApple Watchで十分。

やはりApple Watchは万人にオススメできるスマートウォッチなのです。

【あわせて読みたい】

ヤマレコの中の人が解説!登山用スマートウォッチのススメ
https://www.smartwatchlife.jp/20260/

Apple Watchの超名作・睡眠アプリ「AutoSleep Watch」。睡眠の質や時間がひと目で分かる!
https://www.smartwatchlife.jp/20828/

唯一無二のブランド感と安心感がある

Series7で新登場するApple Watch Hermèsのグルメット・ドゥブルトゥール。しなやかなヴォー・バレニアにリンクが流れるように編み込まれ、1930年代のHermèsの首輪への敬意を表している。

これは言うまでもないことですが、Apple Watchにはスマートウォッチの世界で突出したブランド感があります。

誰もが知っているブランドですし、着けはじめれば「あ、Apple Watch買ったんだ!」と反応してくれる人も多いでしょう。

なおTAG HeuerやHUBLOT、LOUIS VUITTONなどの超高級なスマートウォッチにはブランド感では敵わない面もありますが、Apple WatchにはNIKEやHERMESとのコラボモデルもあります。

Series7で刷新されたNikeスポーツループには3つのカラーが用意。バンドの生地にはNike Swooshとロゴテキストが編み込まれており、Nikeバウンス文字盤とスマートに組み合わせることができます。

ブランド感を求めてスマートウォッチを購入する人にも確かな満足感を与えてくれるでしょう。

そして世界を代表するブランドの製品であり、使用しているユーザーも多いことは、使用するうえでの安心感にもつながります。

便利な使い方からオススメのアプリ、替えバンドの情報まで、ネットに出回る情報も非常に多く、「使い方が分からない!」というときも、Googleで検索すれば大抵のことは解決します。

無名ブランドの製品だと、検索しても何の情報も出てこず、使い方が分からなくなった時点で終了……なんてこともありますので、Apple Watchのブランド感と知名度、人気の高さは、ユーザーのたしかな安心感につながっているといえるでしょう。

なお、Apple Watchにできることをより詳しく知りたい方は、下記の関連記事もご一読を!

あわせて読みたい

Apple Watch Series7の進化ポイントまとめ。画面の大型化、ケースに新色登場、AppleWatchHermèsのバンドに新作も!
https://www.smartwatchlife.jp/26843/

Apple Watchにできること7選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!
https://www.smartwatchlife.jp/25891/

Apple Watchの色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介
https://www.smartwatchlife.jp/4422/

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. 純正製品をも凌駕する信頼性。MFi認証を受けたApple Watch充電用強靭ケーブルを試してみた。

  2. 充電サイクルが短いApple Watchをスタイリッシュに充電したい!卓上Apple Watch充電スタンド使用レビュー。

  3. Wear OS スマートウォッチでのGoogle Payの利用が可能に!

  4. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  5. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  6. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  7. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  8. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  9. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  10. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

TAG

タグをさらに表示