検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. MFi認証とは何か? iPhoneやApple Watchのケーブル、充電器で見るアレ

MFi認証とは何か? iPhoneやApple Watchのケーブル、充電器で見るアレ

NEWS

2023.07.14

iPhoneのケーブルや充電器類、Apple Watchの充電器類を見ていると、「この製品はMFi認証を受けています」なんていうロゴを多く見かけます。

何となく「Appleも公認的な意味なのかな?」と思っている人は多いと思いますが、正確なことは知らない人も多いでしょう。

そこで本記事ではMFi認証について解説します。

MFiとは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略称

まずMFiとは何の略なのかというと、”Made For iPhone/iPad/iPod”。

今の時代にiPodて!と思うかもしれませんが、iPodが流通していた時代からあった言葉で、簡単にいえば「この製品はApple社がiPhone/iPad/iPodに使える性能があると認めますよー」と認証した証のようなものです

つまりMFi認証のある製品は「Apple社に認定された製品」ということで、安全に利用できることを意味しています。

Apple公式サイトのヘルプページに掲載されている、本物のマークは以下のようなものです。

なお、少し古いバージョンだと、以下のようなマークの可能性もあるとのこと。

この2パターンが正式なマークということですね。

Apple Watchの場合も「MFi」認証?

いま上でMFiは”Made For iPhone/iPad/iPod”の略称という話をしましたが、ここにApple Watchは入っていませんよね。

ではApple Watchにはどのような認証があるのかというと、下記のようなロゴでMFiと同様の認証がされています。

こちらにも別のバージョンがあるようで、下記のようなマークの可能性もあります。

こちらはApple公式サイトでも販売実績のあるBelkinの製品に付いていたロゴになります。

また、Appleの公式サイトでは下記のようなマークも見かけました。

こちらではiPhoneやiPadとApple Watchが同列に並んでいますね。

なお、Made for Apple Watchなら略称は「MFA」じゃないのか……という疑問がありますが、慣例的にApple Watchの上記の認証も「MFi認証」と呼ばれることが多いようです。

いずれにせよ、このマークがあったら安心というわけですね。

MFi認証のない製品のリスクとは?

一方で、MFi認証のないアクセサリの使用には様々なリスクがあります。

具体的に挙げると以下のようなものです。

・まともに使えない(充電ができない)

・「このアクセサリは使用できません」などのエラーメッセージが出てしまう

・充電できても充電速度が遅い

・ケーブルの場合、データの転送ができない・遅い

・接続することでiPhone、iPad、iPodが故障する

・接続することでそのアクセサリーが故障する

・発火やショートが起こる

……といっても、そこそこ有名なブランドの製品でも、MFi認証がないこともあるので、全ての製品で必ず上記のような事態が起きるわけではありません。

ただ、認証のない製品では、こうしたリスクが上がることは理解しておいたほうがいいでしょう。

MFi認証の調べ方とは?

MFi認証の有無を確認する方法として、以下の2つがあります。

・製品の本体やパッケージにMFi認証のロゴや刻印がないか確認する

・Appleの公式サイトで製品名を検索する

2つめの方法については、Accessory Search – MFi Licensee Appというウェブサイトがあるので、そこで「Model」(型番)「Brand」(ブランド名)「UPC/EAN」(JANコード)などから検索する事が可能です。

気になる人はチェックをしてみましょう!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。You Tubeでも各種レビューを行っています!

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示